ココリコ、ダウンタウン、月亭方正「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」(C)日本テレビ

ガキ使「笑ってはいけない2020」企画内容発表

2020.11.27 05:00
0
7

毎年大晦日恒例の日本テレビ系「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル」。今年は「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」と題して、12月31日18時30分~24時30分に放送される。

「笑ってはいけない2020」企画意図

昨年の大晦日に放送された“絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時”に引き続き、15年目を迎えた2020年の大晦日は、“絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時”。

今回のテーマは「大貧民GoToラスベガス」。ラスベガスで一攫千金を夢見る「大貧民」に扮したダウンタウン、月亭方正、ココリコの5人が、大物タレントが扮するホテルオーナーとの対面やラスベガスならではのショーやイベントを体験する。これまでの“笑ってはいけないシリーズ”の実績を活かしつつ、新たな面白さ、スケールをパワーアップ。豪華ゲストが扮する刺客たちが仕掛ける、様々な笑いのトラップに挑む。

「笑ってはいけない2020」企画内容

ダウンタウン(C)日本テレビ
ダウンタウン(C)日本テレビ
今回は、5人が一攫千金を夢見る「大貧民」として、ラスベガスを舞台に、様々なイベント・ミッションを行う。何が起こっても絶対に笑ってはいけないという過酷な状況に置かれた5人が、数々の笑いのトラップに対して笑ってしまうと、お仕置きを執行。

ラスベガスという設定で起こり得る、数々のイベントやショーはもちろん、移動中のバスの中で仕掛けられたネタなど、5人の前に“絶対に笑ってはいけない”数々のトラップが待ち受ける。

また、“笑ってはいけない”に加え、様々なブロックを設け、さらに今回は、ラスベガスらしく5人それぞれが手持ちのお金を賭けて財産を増やしていくような仕掛けも用意。バラエティーに富んだ笑いをお茶の間にお届けする。「大貧民」に扮した5人を予想もできない笑いのトラップが襲う。

「笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時」展開例

【大貧民になったメンバーが、ホテルに向かうバスの道中…】
・あの超大物タレントが胸キュンドラマに挑戦!?
・あの人気女優がまさかのネタに挑戦!?

【ホテルに到着すると…】
・超大物女優扮する、ホテルオーナーへ挨拶!

【5人が待機する部屋に仕掛けられる数々の(秘)トラップ!】
・名物、引出しネタの数々!
・番組名物DVDで今年も悲劇が!?
・新アイテムの出現にメンバーが翻弄!?

【凄腕SPからの厳重なボディチェック!】

【伝説のディーラーがギャンブルの極意を伝授!?】

【超大物俳優が魅惑のステージパフォーマンス!】

【爆笑VTRを使った新感覚ゲームで一攫千金を狙う!】

【あの大人気オーディション番組に潜入?!】
・あのVIPがまさかの審査委員長に!
・大物芸能人たちが次々登場!圧巻パフォーマンスを披露!

【オリジナルゲームに国民的アスリートが挑戦!】
・人気若手お笑い芸人とガキメンバーが世代を超えたバトル!

【あのリアルセレブのオークションに密着!】

【ガッデム!恒例!アノ男の強烈ビンタ、今年こそ回避できるのか?!】

など今回も、おなじみの常連ゲストのほか、大晦日に相応しい豪華ゲストが多数出演!?

(modelpress編集部)

出演者コメント

・遠藤章造(ココリコ)

今年はこういうコロナ禍の状況でしたけど、無事できてよかったなと思います。

・田中直樹(ココリコ)

例年に増してお尻がすごく痛くて…ちょっとメンバーに関しても不信感みたいなものが芽生えた部分も…

・月亭方正

僕はもういろんな方が出られて、元気をいただきました。

・浜田雅功(ダウンタウン)

頑張ってやりましたけど、今年はスタジオ収録が無くてオンエア前にお客さんの反応が分からないので、どういうふうに見られるのかなっていうのは楽しみです。

・松本人志(ダウンタウン)

僕は田中とはむしろ逆で、やっとみんなのこと、ちょっとだけ好きになれそうな気がしましたね、少しね。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真をみることができます

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連リンク

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. テレビドガッチ
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. しらべぇ
  2. モデルプレス
  3. クランクイン!
  4. ザテレビジョン
  5. ジェイタメ
  6. モデルプレス
  7. しらべぇ
  8. ザテレビジョン