「男子高生ミスターコン2020」関西エリアの代表者が決定<日本一のイケメン高校生/SNS審査結果>

“日本一のイケメン高校生”を決めるコンテスト「男子高生ミスターコン2020」は25日、SNS審査を通過した関西エリアの代表者(セミファイナリスト)を発表した。
「男子高生ミスターコン2020」関西エリア都道府県代表
「男子高生ミスターコン2020」関西エリア都道府県代表

「男子高生ミスターコン2020」関西エリア通過者

※SNS審査は、8月15日から24日にわたって「投票サイト powered by モデルプレス」にて実施。

大阪府代表:糸満敦くん
京都府代表:早川隆勢くん
奈良県代表:黒川広登くん
滋賀県代表:岩城槙乃介くん
兵庫県代表:上田涼翔くん
和歌山県代表:川崎奨馬くん

Twitter投票数1位:立花優志くん
モデルプレスアプリ投票数1位:秋山聖愛くん
モデルプレスアプリ投票数2位:流稜太くん
ページ閲覧数1位:木原悠登くん
リツイート数1位:宮崎響くん
LINE LIVEポイント数1位:笹岡尚瑛くん
TikTokいいね数1位:折田愁くん
mystaポイント数1位:三輪涼太くん
総合ポイント数1位:今村伯空くん

関西エリアは、以上15人の代表者(セミファイナリスト)が決定した。

「男子高生ミスターコン2020」6エリアでSNS審査を実施

今年度も「北海道・東北」「関東」「中部」「関西」「中国・四国」「九州・沖縄」の6エリアでSNS審査を実施。エリアごとに設けられた投票サイトにて候補者たちが競い合った。

「北海道・東北」投票サイト/候補者写真


「関東」投票サイト/候補者写真


「中部」投票サイト/候補者写真


「関西」投票サイト/候補者写真


「中国・四国」投票サイト/候補者写真


「九州・沖縄」投票サイト/候補者写真


このSNS審査によって「SNS代表」50人と「都道府県代表」44人、シードを勝ち取った3人が選び出され、6エリア合わせて97人が次の審査へと駒を進めた。

※「男子高生ミスターコン2020」の問い合わせ
下記「男子高生ミスターコン」運営メールアドレスまで。
support@dkmrcon.jp

「男子高生ミスターコン2020」今後のスケジュール

昨年度男子高生ミスターコングランプリ・西岡将汰
昨年度男子高生ミスターコングランプリ・西岡将汰
続く審査ではさらにセミファイナリスト(ベスト100)から10名を選出し、敗者復活戦の勝者から2名を加えた計12名がファイナリストに決定。ファイナル投票へと駒を進め、12月20日に行われる本戦でグランプリを発表予定。グランプリ受賞者は、大手芸能事務所に所属できる権利を付与されるほか、「男子高生ミスターコン」をTV・雑誌等で広く宣伝するPR大使に任命される。

8月15日~8月24日:SNS審査 by モデルプレス
8月25日:セミファイナリスト(ベスト100)発表
9月21日:ファイナリスト発表
10月28日~12月18日:ファイナル投票
12月20日:グランプリ発表

※スケジュールは予告なしに変更する可能性あり

「男子高生ミスターコン」とは

昨年度の受賞者(C)モデルプレス
昨年度の受賞者(C)モデルプレス
「男子高生ミスターコン」は「みんなで選ぶ、日本一かっこいい男子高生」をコンセプトに掲げ、今年で6回目を迎える、全国規模の男子高校生限定のコンテスト。

2016年度は本田響矢がグランプリを獲得し、準グランプリには「Popteen」メンズモデルとしても活躍中の那須泰斗、2017年度は『仮面ライダーゼロワン』(テレビ朝日系)の主演に抜てきされ話題を集める高橋文哉がグランプリを受賞した。

そして2018年度は新原泰佑がグランプリを獲得し、準グランプリにはテレビ朝日系スーパー戦隊シリーズ「魔進戦隊キラメイジャー」で主演を務める小宮璃央。昨年度グランプリは「高一ミスターコン」との史上初2冠を達成した西岡将汰など、次世代のエンタメ界を担う人材を輩出し続けるコンテストである。

「女子高生ミスコン2020」も開催

47都道府県別“一番かわいい女子高生”決定


「女子高生ミスコン2020」も開催中
「女子高生ミスコン2020」も開催中
また“日本一かわいい女子高生を決める「女子高生ミスコン2020」も、 「投票サイト powered by モデルプレス」にてSNS審査を実施。約100人のセミファイナリストが出揃った。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「男子高生ミスターコン2020」関西エリアの代表者が決定<日本一のイケメン高校生/SNS審査結果>
今読んだ記事

「男子高生ミスターコン2020」関西エリアの代表者が決定<日本…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事