西野七瀬、主演スピンオフドラマ配信発表にファン歓喜<アンサング・シンデレラ>

女優の西野七瀬が、石原さとみ主演のフジテレビ系木曜劇場「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜22時~)のスピンオフドラマ『アンサング・シンデレラ ANOTHER STORY ~新人薬剤師 相原くるみ~』で主演を務めることが決定した。ネット上では喜びの声が上がっている。
西野七瀬(C)フジテレビ
西野七瀬(C)フジテレビ

石原さとみ主演「アンサング・シンデレラ」

「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」は、連続ドラマ史上初となる病院薬剤師が主人公の医療ドラマ。石原演じる萬津総合病院薬剤部の病院薬剤師・葵みどりが、新人薬剤師の相原くるみ(西野)、副部長の瀬野章吾(田中圭)ら薬剤部メンバーと共に、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描いていく。

第1話(7月16日放送)は平均世帯視聴率10.2%、個人全体視聴率5.4%といずれも高視聴率をマーク。8月6日放送の第4話では世帯視聴率10.6%、個人全体視聴率5.6%をマークし、番組最高視聴率を更新した(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。また、見逃し配信も好調で、第1話は165万再生と、フジテレビ歴代1位となる過去最高の再生回数を記録。第2話、3話の再生回数も好調に推移している(再生数はFOD、TVerの合計値)。

西野七瀬主演でスピンオフドラマ配信

西野七瀬(C)フジテレビ
西野七瀬(C)フジテレビ
地上波にとどまらず、配信サービスでも大きな注目を集めている今作だが、このたび、西野演じる相原くるみを主人公に描くスピンオフドラマがFODにて独占配信されることが決定。8月27日22時54分より5週にわたり全5話でお届けする。

くるみのほか、地上波ドラマのレギュラーメンバーであり同じ薬剤部の刈谷奈緒子(桜井ユキ)、羽倉龍之介(井之脇海)、工藤虹子(金澤美穂)も出演予定。くるみの葛藤と成長を描く今作の主演を務める西野は、「くるみの成長と一緒に、わたし自身も成長していけたらいいなぁと思っています」と意気込みを語る。

一ノ瀬颯&出口夏希、出演決定

一ノ瀬颯、出口夏希(C)フジテレビ
一ノ瀬颯、出口夏希(C)フジテレビ
そして、今作のメーンキャラクターであり、入院中の高校生・織原未輝斗を一ノ瀬颯が、同じく入院中の女子高生・長谷川愛里を出口夏希が演じることが決定した。

一ノ瀬はスーパー戦隊シリーズ『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(2019年、テレビ朝日系)がデビュー作ながら、主演に抜てきされたシンデレラボーイ。現役大学生である一ノ瀬は、学業と俳優業を両立させながら着実に活躍の場を広げている。今作への出演にあたり、「オーディションの時から、“この役を演じてみたい!”と切に願っていたので大変光栄です」と喜びのコメントを寄せる。一ノ瀬演じる織原未輝斗は、急性骨髄性白血病で入院中の高校生。萬津総合病院で治療を続けながらドナーが現れるのを待っている。

一方、出口はデビュー直後から“美少女すぎる17歳”と話題沸騰になり、ファッション雑誌『Seventeen』の専属モデルに。第30回ヤングシナリオ大賞ドラマ『ココア』(2019年)で南沙良、永瀬莉子とともにトリプル主演を務め、以降テレビドラマ、WEBドラマへ立て続けに出演。今後の活躍が楽しみな若手注目女優だ。今作への出演にあたり、「愛里のもつ優しさや強さをどうしたら表現できるか、とても難しかったですが一生懸命頑張りました」とメッセージを寄せる。出口演じる長谷川愛里は、バッドキアリ症候群で入院中の高校生。未輝斗と同じくドナー待ちであり、同じ境遇の二人は次第に心を通わせていく。

西野七瀬、薬剤師としての成長を描く

一ノ瀬颯、西野七瀬(C)フジテレビ
一ノ瀬颯、西野七瀬(C)フジテレビ
このスピンオフドラマは入院中の高校生男女との交流を通じて、くるみが薬剤師として成長していく様を描くストーリー。萬津総合病院に着任した当初こそ「向いてなかったら辞めようと思ってます」ときっぱり言い切るくるみだったが、先輩のみどりの背中を追いかけるうちに、病院薬剤師の仕事にやりがいを感じるようになっていく。そんなある日、重い病を抱え入院中の高校生、未輝斗(一ノ瀬)と愛里(出口)と出会う。二人には、ある願い事があって…。その願いを叶えてあげようと、くるみは、薬剤師の立場を越えて向き合っていく。

“誰かのために”生きることの意味とは?そして、3人を待ち受ける運命の結末とは…?地上波では描かれることのない、感涙必至の切ないドラマとなっている。なお、一ノ瀬と出口は27日放送の地上波ドラマ第7話にも登場する。

SNS上には「なぁちゃん主演とか楽しみすぎる!」「早く観たいなー」「うれしい発表です!!」など歓喜するファンが溢れている。(modelpress編集部)

西野七瀬コメント

「FODで新たに『アンサング・シンデレラ』のお話を作っていただき、くるみの成長物語として参加できることがうれしいです。くるみは自分の中でも少しずつ成長していっているつもりだけど、まだまだうまくいかないことも出てきたり、新たな壁にぶつかったりして、今作ではそれをまた一歩乗り越えていくような姿が描かれています。くるみの成長と一緒に、わたし自身も成長していけたらいいなぁと思っていますので、ぜひご覧いただけたらと思います」

一ノ瀬颯コメント

「オーディションの時から、この役を演じてみたい!と切に願っていたので、今回、織原未輝斗という役をいただけて大変光栄です。自分の境遇に深く悩みながらも、くるみや愛里を始めとした周囲の人たちの愛に触れ、ひと回り、ふた回りも大人へと成長していく未輝斗の姿を通じて、みなさんの心に何か残せたら…と思います!“誰かのために”生きることの意味を強く考えさせられるストーリーは、見てくださる皆さんの感情を揺さぶること間違いないと思います!ぜひご期待ください!」

出口夏希コメント

「このドラマのお話をいただいた時にすごく興味のあるストーリーだったので、とてもうれしかったです!でも、何度も読んでいくうちに愛里のもつ優しさや強さをどうしたら表現できるかとても難しくて…。今でもちゃんとできているか心配ですが、一生懸命頑張りました。この作品を通して、誰かを思う優しさって実は見えない所にもたくさん隠れているのだと私自身も気付く事ができました。それぞれのキャストの方々が、誰かのために向ける優しさや頑張っている姿を見ていただけたらうれしいです!」

プロデュース・宮﨑暖(フジテレビ第一制作室)コメント

西野七瀬さん演じる相原くるみは、可愛い外見の中に、冷めているようにすら思える現実主義と、新人としての未熟さが混在する、人間味あふれる魅力的なキャラクターです。そんなくるみを主人公に『アンサング・シンデレラ』のスピンオフドラマを“今、この時に”制作する意義を考えた際に自ずと浮かんできたのは、 “誰かのために” 頑張っている医療従事者の方々の姿でした。そして、その中にはきっとたくさんの“相原くるみ”もいるんだろう、と想像しました。“くるみなら、今、どう考えるだろう”、“見返りを求めず誰かのために頑張るなんて自分に出来るのだろうか”、“本当の優しさってなんだろう”、と思いを巡らせていくうちに、物語が膨らんでいきました。このドラマは、新人薬剤師・相原くるみが、未輝斗と愛里という若き二人の患者の儚き思いに触れながら、医療従事者と患者の“境界線”に葛藤し、失敗し、そして成長していく物語です。『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』をご覧いただいている方に、一味違うアナザーストーリーとしてもう一つの感動をお届けし、このドラマも誰かのためになれたらいいな、と思います。サスペンスあり、胸キュンあり、涙ありとてんこ盛りな内容ですので、ご期待ください!」

あらすじ

萬津総合病院の中では奇妙な事件が相次いで発生していた。ある日、くるみは怪しい人物を見かけるがもう少しというところで見失ってしまう。そんな中、くるみは入院中の高校生、織原未輝斗(一ノ瀬颯)、長谷川愛里(出口夏希)と出会う。重い病気を患う二人にはどうしても叶えたい願い事があった。二人の思いに触れ、その願いを叶えてあげようと、くるみは、薬剤師の立場を越えて二人と向き合っていくことになるが…。
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 西野七瀬、主演スピンオフドラマ配信発表にファン歓喜<アンサング・シンデレラ>
今読んだ記事

西野七瀬、主演スピンオフドラマ配信発表にファン歓喜<アンサ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事