女子高生モデル仲俣由菜、富山県警“交通安全きらめき大使”就任「とても光栄に思います」

女子高生モデルの仲俣由菜が、7日に行われた任命式で富山県警“交通安全きらめき大使”に就任。仲俣がコメントを寄せた。
仲俣由菜(提供写真)
仲俣由菜(提供写真)

仲俣由菜“交通安全きらめき大使”抜てき

“交通安全きらめき大使”とは、横断歩道における歩行者優先の徹底や反射材の着用を呼び掛けることにより、交通安全意識の高揚と交通事故防止を図ることを目的としたもの。

今回任命式では交通部長が任命書を読み上げ、仲俣に交付。そしてタスキが手渡された。

仲俣は富山県出身。今回の抜てきについて「このような富山県のお仕事に関わることができてとても光栄に思います」とコメント。

さらに「注意1つで守れる命もたくさんあると思います。思いやりの心、譲り合いの気持ちを大切にしたいです。悲しい事故が起きないように、交通安全きらめき大使として交通安全をしっかり県民の皆さんに呼びかけていきたいです」と抱負を語った。

今後仲俣は、歩行者優先の徹底や反射材の着用などを広く県民に呼びかけていく。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 女子高生モデル仲俣由菜、富山県警“交通安全きらめき大使”就任「とても光栄に思います」
今読んだ記事

女子高生モデル仲俣由菜、富山県警“交通安全きらめき大使”就任…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事