石原さとみ「アンサング・シンデレラ」現場で感じる“緊張感と怖さ” 医療従事者へ「感謝と尊敬を表すことが出来たら」

0
0
新型コロナウイルスの影響で初回放送日が延期になっていた、女優の石原さとみが主演を務めるフジテレビ系ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(毎週木曜22時~※初回15分拡大)が16日から放送スタートする。この度石原が、放送開始への想いを明かした。
西野七瀬、石原さとみ(C)フジテレビ
西野七瀬、石原さとみ(C)フジテレビ
「月刊コミックゼノン」で連載中の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」(荒井ママレ/医療原案:富野浩充)を原作とする同作。日本の連続ドラマ史上初の病院薬剤師を主人公にした医療ドラマとなっている。

石原が演じる萬津総合病院の病院薬剤師・葵みどりが、患者の“当たり前の毎日”を取り戻すために奮闘する姿を描く。“アンサング”とは“称賛されない”という意味。たとえ脚光を浴びなくても、“縁の下の力持ち”として患者を支える病院薬剤師たちの、ヒューマンドラマに仕上がっている。

石原さとみ、ステイホーム期間中の役作りとは

石原さとみ(C)フジテレビ
石原さとみ(C)フジテレビ
石原はステイホーム期間を経ての撮影再開について「自粛中は“いつ撮影を再開できるんだろう”という不安がありました」と告白。そして現在は「撮影再開したその日からは、“もし私自身が油断したらまた撮影が中断して迷惑をかけてしまう”という緊張感、怖さを感じながら撮影に臨んでいます。撮影している時に限らず、プライベートの時間でも気を張っています」と明かした。

またステイホーム期間中の同作への向き合い方については、スペシャル動画の制作を提案したことによって「衣装も着て葵を演じていたので、撮影が再開しても“久しぶり”という感じにはならなかったですね」と回顧。再開後については「今までロケで撮影していたシーンが、スタジオ内で撮影できるようになったのはとてもありがたいです」とスタッフに感謝した。

石原さとみ、医療従事者への感謝を語る

石原さとみ(C)フジテレビ
石原さとみ(C)フジテレビ
また、薬剤師・医療従事者に向けて「目に見えないウイルスと戦うのは、すごく怖くて不安だと思います。そんな中、寝る時間を割いて、そして自分の命を懸けて多くの患者さんを救ってくださっているみなさんには、感謝と尊敬の気持ちでいっぱいになります」と思いを寄せた石原。

「薬剤師のみなさんも防護服を着用されていることと思いますが、着ている間は水も飲めない過酷な現場なのだそうです。検査や治療のAI化も進んではいますが、やっぱり人は人にしか救えないんだと思います」と真摯に語り、「薬剤師の友人は、治癒された患者さんからお礼を言われた時、涙が流れたと話していました。ドラマを通じて、以前にも増して医療従事者のみなさんへの感謝と尊敬を形として表すことが出来たらと思っています」と作品を通じて医療業界への感謝を果たしたいという気持ちもあらわにした。

石原さとみ“薬剤師という仕事の尊さ”伝える

そして「“お待たせしました”という気持ちでいっぱいです。きっとみなさんも薬剤師や医療従事者の方々への思いが、ステイホーム期間を経て変わったのではないかと思います。私自身、今放送することに意味のある作品にしたいという思いで、日々がんばって撮影しています」と紹介。

さらに「薬剤師のみなさんには是非ご覧いただきたいです。今すぐではなくても、お仕事が落ち着いた時で構いません。薬剤師というお仕事は本当に“尊くてかっこいい”ということを伝えたいですし、みなさんを少しでも励ますことができる作品になっていたら良いなと心から思います」と呼びかけた。(modelpress編集部)
【Not Sponsored 記事】

モデルプレスアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 石原さとみ「アンサング・シンデレラ」現場で感じる“緊張感と怖さ” 医療従事者へ「感謝と尊敬を表すことが出来たら」
今読んだ記事

石原さとみ「アンサング・シンデレラ」現場で感じる“緊張感と怖…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事