佐藤健、上白石萌音に“ベッドでキス”「永遠リピート」「反則レベル」とファン悶絶<恋はつづくよどこまでも>

女優の上白石萌音がGP帯連続ドラマ初主演を務め、佐藤健と共演するTBS系火曜ドラマ『恋はつづくよどこまでも』(毎週火曜よる10時~)の第6話が18日、放送。佐藤と上白石のキスシーンに反響が寄せられた(※ネタバレあり)。
上白石萌音、佐藤健/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
上白石萌音、佐藤健/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS

上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」

上白石萌音/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
上白石萌音/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
原作は、小学館「プチコミック」で連載されていた円城寺マキによる同名漫画。生と死が隣り合わせにある病院を舞台に、超ドSドクターに一目ぼれをしたことでナースとなった主人公の恋と成長を描く、胸キュンラブストーリー。

偶然の出来事で運命の男性となるドクターと出会った主人公の新米ナース・佐倉七瀬を上白石が、そして七瀬が一目ぼれをした超ドSドクター・天堂浬を佐藤が演じる。

「恋はつづくよどこまでも」関連記事をチェック!


天堂(佐藤健)の“ベッドでキス”に視聴者悶絶

上白石萌音、佐藤健/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
上白石萌音、佐藤健/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
第5話でついに恋人同士となった七瀬と天堂。

今回の話では、天堂が大阪出張へ行くことになり、七瀬はこっそりついて行くことに。結局、天堂に尾行はバレてしまい、2人はホテルで一夜を過ごす。

しかしベッドに入ろうとする七瀬をよそに、天堂は眠りについていた。その姿を見た七瀬がキスをしようとするも、できずに「おやすみなさい」とポツリ。

上白石萌音、佐藤健/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
上白石萌音、佐藤健/「恋はつづくよどこまでも」第6話より(C)TBS
すると天堂はゆっくりと目を開け、すでに寝てしまった七瀬を見てフッと笑った後ゆっくりと近づき、キスをした。

寝たフリをしてから優しくキスをした天堂の胸キュンシーンに、ファンからは反響が殺到。「めっちゃキュンってした」「こんなキスしてほしい!」「反則レベル…」「キスシーン永遠リピートしちゃう」「キスのやり方が尊い」などの声があがった。(modelpress編集部)

情報:TBS

上白石萌音主演ドラマ「恋はつづくよどこまでも」第6話あらすじ




【Not Sponsored 記事】

iOS/Androidアプリならもっとたくさんの写真を見ることができます

モデルプレス
モデルプレス - 佐藤健、上白石萌音に“ベッドでキス”「永遠リピート」「反則レベル」とファン悶絶<恋はつづくよどこまでも>
今読んだ記事

佐藤健、上白石萌音に“ベッドでキス”「永遠リピート」「反則レ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事