横浜流星「あなたの番です」以来の“帰還”「どうなっていくのかは自分たちにも分からない」<シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。>

2020年1月期日曜ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(1月12日スタート 毎週日曜22:30~/読売テレビ・日本テレビ系)でW主演を務める横浜流星と清野菜名がこのほどクランクイン。横浜が報道陣の囲み取材に応じた。
横浜流星 (画像提供:読売テレビ)
横浜流星 (画像提供:読売テレビ)

横浜流星「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」を語る

驚異的な身体能力を持つ謎の女「ミスパンダ」の顔を持つ囲碁棋士・川田レン(清野)と、ミスパンダを操る「飼育員さん」であり、大学で精神医学を学ぶ一方「メンタリストN」としてメディアにも出演する森島直輝(横浜)が“最凶バディ”を組んで、警察やマスコミが触れない“隠れた真相”を暴く同作。

初日の撮影を終えた横浜は、作品について「今はSNSだったりで噂がすごく回る時代です。今の時代だからこそ共感できるし、作れる作品だなと感じました。あとは、グレーな人たちにシロクロを付けるということが、僕もシロクロをはっきりさせたいタイプなので、台本を読んでいて、スカッとしました」と感想を言葉に。「先が気になる展開といいますか、色々な謎が随所にあったりしますので、台本が早く読めましたし、続きが気になります。オリジナル作品なので、自分もまだこれからどうなって行くのかが分からないです。プロデューサーいわく、“自分(=横浜)が演じていてそれを見て変わって行く”ということも聞きました。みんなでゼロから作り上げて行く感じがして、楽しみです」と声を弾ませた。

横浜流星 (画像提供:読売テレビ)
横浜流星 (画像提供:読売テレビ)

「あなたの番です」以来の日曜ドラマ

さらに、「あなたの番です」に出演されて以来の日曜ドラマで、しかも初主演ということについて「こんなにも早く帰ってこられるとは思っていませんでした(笑)」とニッコリ。「日曜ドラマは挑戦的な作品の印象があります。今回も、オリジナルですごく挑戦的な作品です。どうなっていくのかは自分たちにも分からないので、そこを楽しみながら、清野さんと一緒に楽しい空気感で撮影していけたらと思っています」と期待に胸を躍らせた。

清野菜名、横浜流星 (画像提供:読売テレビ)
清野菜名、横浜流星 (画像提供:読売テレビ)

横浜流星、キックボクシングに興味

そして、ドラマがスタートする2020年に挑戦したいことの話題では、「先日、クランクアップしたのですが、映画でキックボクシングをやりました。そのときに、キックボクシングがすごく楽しくて、プライベートでもやりたいなと思うようになりました」と、最近キックボクシングに興味が沸き起こってきたことを告白。

横浜は、極真空手を特技とすることで知られているが「(空手とは)ぜんぜん違います。重心もそうですし、体の使い方もまったく違うので。作品でキックボクシングをやったときに、改めて、体を動かすことだったり、格闘技が好きなのだなと実感しました。挑戦できる機会や時間があったらまた、やりたいなと思っています」と笑顔。作品の中で横浜のアクションシーンがあるのかについては、「僕は操る側なので、どうなのですかね」といい、「きっと、清野さんのアクションがすごいと思いますので、そこは必見です。楽しみにしていてください」と見どころを紹介した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 横浜流星「あなたの番です」以来の“帰還”「どうなっていくのかは自分たちにも分からない」<シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。>
今読んだ記事

横浜流星「あなたの番です」以来の“帰還”「どうなっていくのか…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事