益若つばさ、ギャルメイク完全再現で渋谷降臨 “おっぱいケーキ”に興味津々

モデルの益若つばさが9日、SHIBUYA109で行われたイベントに出席した。
益若つばさ (C)モデルプレス
益若つばさ (C)モデルプレス
この日10月9日は“109の日”であることにちなみ、カリスマギャルモデルのレジェンドである益若が、ギャル時代を完全再現して登場。ボリューミーなファーのロシア帽、リボンのついたチェック柄のミニワンピ、レースアップブーツという渋谷ギャルファッションを披露した。

p-Grandiイメージモデル発表会に登場した益若つばさ (C)モデルプレス
p-Grandiイメージモデル発表会に登場した益若つばさ (C)モデルプレス
ギャルファッション・メイクは「ほとんど15年ぶり」と打ち明けた益若は、「昨日(メイクを)家で練習しました。こんなに茶色いの塗るんだ…!と思ってびっくりしました。今のメイクよりも何十倍も濃いです」とはにかみつつ「懐かしい」と笑顔に。

益若つばさ、渋谷109入店禁止の過去告白


「初期の自分の気持ちを思い出しました。当時はコンプレックスが沢山あって、バービー人形に憧れていたりして、ギャルってすごくカッコいいイメージで憧れていたんです。コンプレックスを隠しながら、鎧を被ったような状態で109に来ていました。メイクをしながら元気になっていく自分がいて、メイクってすごいなって。そう考えるとギャルってすごいな、最高だなって。今は減ったと思うのですが、ギャルが増えて渋谷が盛り上がったらいいなと思います」とギャル文化への思いを明かした。

益若つばさ (C)モデルプレス
益若つばさ (C)モデルプレス
この日はベース以外完全にセルフメイクだそうで、ウィッグも自前。所要時間は1時間弱だそう。さらに衣装はこの日のためにネットなどで用意したという。益若は「ギャルに戻ることは無いのですが、改めて自分の原点だなと感じました。スタイリストさんとかとも話したのですが、リボンとかワンピースとか、すごいキャッチーな物を着てるなって。今の令和の時代、ファッションのトレンドとか『これが流行ったよね』っていうのがあまりないなと思って、自分でもキャッチーなものを意識してつけて、流行らせたいな、盛り上げたいなと思いました」と平成のギャル文化を振り返った。

益若つばさ (C)モデルプレス
益若つばさ (C)モデルプレス
さらにイベントでは、10月13日に誕生日を迎える益若をサプライズで“おっぱいケーキ”でお祝い。普段からデコケーキ作りをしている益若はケーキの装飾に興味津々だった。(modelpress編集部)

益若つばさ、ガングロギャル時代の写真公開で驚きの声 白肌へチェンジも「シミがひとつもありません」その秘訣は?


おっぱいケーキに興味津々な益若つばさ (C)モデルプレス
おっぱいケーキに興味津々な益若つばさ (C)モデルプレス


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 益若つばさ、ギャルメイク完全再現で渋谷降臨 “おっぱいケーキ”に興味津々
今読んだ記事

益若つばさ、ギャルメイク完全再現で渋谷降臨 “おっぱいケーキ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事