高岡早紀、小池徹平&大谷亮平がターゲット“狂気のストーカー”に<リカ>

女優の高岡早紀、俳優の小池徹平大谷亮平が、10月5日スタートのオトナの土ドラ「リカ」(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜よる11時40分~)に出演することがわかった。
(左から)小池徹平、高岡早紀、大谷亮平(画像提供:東海テレビ)
(左から)小池徹平、高岡早紀、大谷亮平(画像提供:東海テレビ)
今作は、純愛を貫くがゆえに狂気と化してしまう主人公・リカの、愛情への渇望を描くサイコスリラー。五十嵐貴久氏の「リカ」シリーズより「リハーサル」「リカ」の2冊を原作に、常軌を逸した女・リカが周囲を破滅に追い込んでいく戦慄のエピソードを2部構成でドラマ化する。

高岡早紀「救いようのない嫌われる女性」

主人公で狂気のストーカー、純愛モンスター・リカを演じるのは高岡。同局系主演は「真実一路」(2009年、東海テレビ制作)以来、16年ぶりとなる。

「女は28歳で結婚し、家庭に入るのが一番幸せ」と永遠の28歳、乙女のような純粋さを持ちながら、愛を求め恐るべき犯罪を遂行するリカ。

高岡は、自身の役どころについて「台本を読み、これは相当大変な役だと思いました。嫌われる女性を演じたことは過去にたくさんありましたが、ここまで救いようがなく、嫌われる要素しかない女性を演じた経験はありません」と率直な心境を吐露。「台本を読んでいてもうまく読み進められていないという現状で、単純に恐ろしい女に出会ってしまったと思っています」と打ち明けた。

小池徹平、高岡早紀のターゲットに

また、第1部でリカのターゲットになる外科医・大矢昌史役には小池。婚約者もいて順風満帆な人生を送るも、リカの登場で全てが狂ってしまう男性に扮する。

「台本を読み、リカのストーカー度が進む過程が鮮烈に印象に残りました。この作品はホラー的なジャンルになると思いますが、リカ自身がただ怖いストーカーというだけではなく、彼女の家庭環境のせいでこうなってしまったと想像させるような部分もしっかり描かれているというのが凄いと思いました」と今作の感想を述べた小池。

そのうえで「『リカ』は、結構過激な内容だと思います。そしてとても奇妙でありながら、瞬間的に驚くというよりは、じわじわと来る恐怖系なので、観ていてゾクゾクする感覚のドラマだと思います。クセになるようなホラーな感じを楽しみにしていてください」と視聴者へ呼びかけた。

大谷亮平「現実に起きてもおかしくない」

そして、第2部でリカのターゲットになるのは、映画製作プロデューサー・本間隆雄役の大谷。妻と別居中、仕事のリサーチでマッチングアプリを通じてリカと出会い、破滅の道をひた走っていく。

大谷は今作に関して「リカはかなり強烈なキャラクターではありますが、現実に起きてもおかしくないストーリーだと思いました。ストーカーに迫られる役ということもあり、いろいろと考えてしまったというのが正直な感想です」とコメントを寄せた。(modelpress編集部)

高岡早紀コメント

台本を読み、これは相当大変な役だと思いました。嫌われる女性を演じたことは過去にたくさんありましたが、ここまで救いようがなく、嫌われる要素しかない女性を演じた経験はありません。台本を読んでいてもうまく読み進められていないという現状で、単純に恐ろしい女に出会ってしまったと思っています。

今までホラー要素の強い作品に携わった経験もないので、不安はたくさんあります。ただ、リカはサイコな女性ではありますが、役をやる上でその部分を強く意識することはないです。もちろん楽しみな部分もありますので、ちょっとした未知の世界に踏み入れる感覚です。

彼女のピュアさや、誰かに必要とされたいと思う欲求は、大人になっても誰もが絶対に持っている部分であり、そこに関しては彼女に噓はなく、私自身も共感していけると思っています。まず、自分自身がリカを好きになり、受け入れなくてはいけないので、その要素を台本を読みながら一生懸命拾っているところです。少しでも共感部分を広げることが、このドラマを観たいと思っていただける基盤になると思うので、共感から入って頂いてから、「違う!」とか「怖い!」と感じ、楽しんでいただけたらと思います。

小池徹平くんとは以前、NHK木曜時代劇『ちかえもん』以来2度目の共演で、最初からとてもフレンドリーで、私のことを“早紀ネェ”と呼んでくれていたり、とても軽やかで一緒に話していて楽しい方です。大谷亮平さんとは初共演で、ポスター撮影の時に初めてお会いしたのですが、彼がすでに私のことをリカという先入観で意識されていた様子で、私を見て「怖い」とおっしゃったので、面白い方だなと思いつつ、優しい笑顔を感じとることができました。

この作品がどのように視聴者の方に受け入れられるのかはわかりませんし、もしかしたら受け入れてもらえないかもしれません。でも一緒に恐怖体験をとても面白がっていただけるストーリーだと思います。なので、リカのことを全然受け入れられない方にも、ぜひ観ていただきたいです。

小池徹平コメント

台本を読み、リカのストーカー度が進む過程が鮮烈に印象に残りました。この作品はホラー的なジャンルになると思いますが、リカ自身がただ怖いストーカーというだけではなく、彼女の家庭環境のせいでこうなってしまったと想像させるような部分もしっかり描かれているというのが凄いと思いました。

僕が演じる大矢昌史ですが、実は特にこういう人間だという飛び抜けたものがなく、普通で真面目な青年という印象が強いです。理由もわからぬまま、病院でリカにストーキングをされて巻き込まれる、とてもかわいそうな人です(苦笑)。ただ、普通の人間がストーカーに遭ったとき、どういう思いをしていくのかという感情の流れをしっかり見せていかないと視聴者の皆さんに伝わらないと思っていて、“普通”という役どころは、実はかなり難しいとも思います。

高岡早紀さんとは以前、NHK木曜時代劇『ちかえもん』で共演させていただいていて、長い時間お話しをさせていただきました。とても気さくで、一緒にいてラクな方ですので、また共演できるのをとても楽しみにしています。

『リカ』は、結構、過激な内容だと思います。そしてとても奇妙でありながら、瞬間的に驚くというよりは、じわじわと来る恐怖系なので、観ていてゾクゾクする感覚のドラマだと思います。クセになるようなホラーな感じを楽しみにしていてください。

大谷亮平コメント

台本を読んだ感想としては、リカはかなり強烈なキャラクターではありますが、現実に起きてもおかしくないストーリーだと思いました。ストーカーに迫られる役ということもあり、いろいろと考えてしまったというのが正直な感想です。実際にストーカーの事件も多々ありますし、どういう対処法がベストなのかと、リアルにスリルを感じながら台本を読ませていただきました。

僕が演じる本間隆雄は、いたって普通の常識人です。仕事に一生懸命取り組んだ結果、家族と別居してしまうという部分もありますが、こいつ、なんでこんなことをするんだろう?と思うこともなく、逆に全部共感できます。そういう普通の感覚がリカのキャラクターとの対比になって面白いのではと思っています。

リカ役の高岡早紀さんとは初共演です。大人の女性という印象で、まさにオトナの土ドラの主演にぴったりの方だと思いました。神秘的な部分も感じていて、これからリカとしてどう出てくるのか未知数でとても楽しみです。

このドラマはリカが相当強いキャラクターなので、誰かが被害を受けたり巻き込まれたりという、“リカVS”という構図になると思います。そのようなリカのキャラクターや、彼女がストーカーとして次にどういう手を打ってくるのかということも楽しみつつ、被害を与えて来る主人公に対抗する僕等を応援してくださればと思います。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 高岡早紀、小池徹平&大谷亮平がターゲット“狂気のストーカー”に<リカ>
今読んだ記事

高岡早紀、小池徹平&大谷亮平がターゲット“狂気のストーカー”…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事