千葉雄大、ミュシャ展覧会・音声ガイド担当「感情を込めた」

俳優の千葉雄大が12日、東京・Bunkamuraザ・ミュージアムで行われた、自身がオフィシャルサポーターを務める展覧会「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」の内覧イベントに来場した。
千葉雄大 (C)モデルプレス
千葉雄大 (C)モデルプレス

千葉雄大、音声ガイドでは「感情を込めた」

山田五郎氏、千葉雄大 (C)モデルプレス
山田五郎氏、千葉雄大 (C)モデルプレス
本展は、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャが手掛けた作品をはじめ、彼に影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵やグラフィック ・ アート、そして日本の漫画など約250点を展示。作品を通じてミュシャの秘密をひも解く展覧会となっている。

音声ガイドで担当したミュシャ役に話が及ぶと「自分自身、出来上がりをまだ聞いていない」としたうえで「監督の仰ることに、忠実にお答えできるようにって取り組みましたし、そこまで声色を変えてはいないんですけど、その時のミュシャの流れだったり、晩年だったり、そういうところは感情を込めたり。繊細なところは意識して取り組みました」と振り返っていた。

千葉雄大、ミュシャ作品に感激

千葉雄大 (C)モデルプレス
千葉雄大 (C)モデルプレス
千葉雄大 (C)モデルプレス
千葉雄大 (C)モデルプレス
千葉は憧れのミュシャ作品が並ぶ展覧会を一足先に見学。その感想を問われると「すごくシンプルな、見やすい流れになっていますし、緻密な作品がより近くで見れる」と言い「ミュシャに影響を受けたアーティストの方の作品もあるので、ミュシャのファンの方だけでなく、その作品のファンの方も、より楽しい見方ができるんじゃないかなと思いました」とも。

千葉雄大 (C)モデルプレス
千葉雄大 (C)モデルプレス
ミュシャの作品を生で見るのは初めてだったそうで「思ったより繊細な印象は受けましたね。色遣いもそうですし、線の感じとか」と印象を明かし、気になっていたという作品『椿姫』の感想を聞かれると「淡い紫の感じと、手の繊細さだったり。そういうところは生で見ないとより伝わらないものだと思うので、見る価値があるのではないかと、改めて思いました」と頬を緩めていた。

なお内覧イベントには、同じくオフィシャルサポーターを務める編集者・評論家の山田五郎氏も出席した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 千葉雄大、ミュシャ展覧会・音声ガイド担当「感情を込めた」
今読んだ記事

千葉雄大、ミュシャ展覧会・音声ガイド担当「感情を込めた」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事