芦名星、男性の気を引くテク明かす 共演者も「ドキッとしちゃった」<W県警の悲劇>

0
BSテレ東の土曜ドラマ9「W県警の悲劇」(7月27日より毎週土曜よる9:00~)の記者会見が9日、都内で行われ、主演の芦名星、共演の佐藤仁美、佐津川愛美、谷村美月、優希美青、戸田菜穂、鈴木砂羽、床嶋佳子、伊藤かずえが出席した。
芦名星(C)モデルプレス
芦名星(C)モデルプレス

芦名星主演ドラマ「W県警の悲劇」

本作は、事件解決のミステリーであり、主人公・松永菜穂子(芦名)が毎回強力な女性警察官を対峙する“女同士のバトル”が見どころの謎解きエンターテイメントとして展開。BSテレ東とホリプログループが強力タッグを組み、実力派女優たちがゲストとして毎回登場する。

芦名星、男性の気を引くテクを伝授

第6話では、気になる男性にアプローチする女性が描かれていることにちなみ、『男性の気を引くために有効な手段』を尋ねられると、芦名は“笑う”と答え「わからないから笑っておこうかなって感じです。やっぱり明るいほうがいいと思うので、そこを心掛ける…かな」と照れ笑いを浮かべ、床嶋から「撮影中に彼女がニコってするシーンがったんですけど、めちゃくちゃかわいくて、私本当にドキッとしちゃったんです。すごく笑顔がかわいい」と絶賛の声が飛ぶと、芦名は「ちょっと待ってください…(笑)」と照れ笑いを浮かべた。

芦名星、許せないタイプとは?

芦名星 (C)モデルプレス
芦名星 (C)モデルプレス
会見では、各話のテーマに基づいた質問に答えるという企画が行われ、自分の理想を追い求める完璧主義の女性の話が描かれている第1話にちなみ、『自身にとって許せない女性(男性でも可)とはどんなタイプ?』と質問されると、芦名は“車の運転のマナー”と解答。「車線変更するときに、十分なスペースが空いているところに入ったり、入れたりするときに、それ(スペース)を詰めてくる行為を見ると、グッとテンションが下がってしまいますね」と答え、MCから「1人で運転してる時は『入れろや!』って言ってますよね」と投げかけられると、芦名は「そういう風に思われがちなんですけど、私は安全運転です」と否定した。

谷村美月、友人に不倫を相談された過去明かす

谷村美月 (C)モデルプレス
谷村美月 (C)モデルプレス
また、不倫で悩む女性の話が描かれている第3話にちなみ、『もし自分のマネージャーが不倫をしていることに気付いたらどうする?』との問いに、谷村は友人に相談されたことがあることを明かし「やっぱりそれって私もなんとも言えなくて、好きだからしょうがないんだろうなと思って、相手方の男性の話を聞いていても、男性も男性だなって思ったんですけど(笑)、そこは第3者からは言えないと思いました」と吐露し、「聞いてあげるに徹しました」と経験談を打ち明けた。

優希美青の“恋愛の高い壁“

優希美青 (C)モデルプレス
優希美青 (C)モデルプレス
さらに、立場の違いが恋愛の壁になるエピソードが描かれている第4話にちなみ、『自身にとって恋愛の高い壁とは?』と聞かれると、優希は“魚の骨を取ってくれる人”とずばり。キャストらが首をひねると「一緒にデートとかでご飯に行ったときに、『魚貸して』みたいな(笑)。それで骨をきれいに取ってくれて、スマートに返してほしいです」と、まずその壁を超えないと恋愛には発展しないと説明して笑いを誘い、MCから「『だったら魚を頼まなかったらいいじゃん』って言われたら?」と声を掛けられると、「ちょっとうーん…ってなります。取ってほしい。不器用なので甘やかしてほしいです。全部やってほしい」とコメント。魚は好きなのか追求されると「好きじゃないです」と即答して驚かせた。

優希美青の譲れないルールとは?

芦名星 (C)モデルプレス
芦名星 (C)モデルプレス
また、自分のルールを破ってしまう女性の話が描かれている第7話にちなみ、『自身にとってこれだけは譲れないルールは何?』と質問されると、優希は“外出するときはひざ下まで隠れる服を着る”といい「脚を出したくなくて、たまに風が強い日とか、この間、台風に近いときに、前からくる女性のスカートがフワッとなって“見ちゃった!”と思って、そういうのに自分がなったら恥ずかしいなあと思うし、脚がムチムチしているので、隠したいなと思って」と乙女心を吐露し、MCから「(スカートのみで)パンツ(ズボン)は穿かない?」と聞かれると、「パンツ(下着)は穿きます」と真顔で答えて笑わせた。

キャスト陣の“この人怖いな”と感じたエピソード

「W県警の悲劇」記者会見の様子 (C)モデルプレス
「W県警の悲劇」記者会見の様子 (C)モデルプレス
さらに、ドラマ撮影中に“この人怖いな”と感じたエピソードを聞かれると、佐津川は「私は高校生のときに痴漢に遭うという女の子の役だったんですけど、痴漢されるシーンを撮っていたときに、すごくリアルで(笑)、私も高校生にときに痴漢に遭ったりしていたので、役柄の気持ちもわかるなというのもあって、私が痴漢された経験をその方(痴漢をする役の人)に話したら、まさに上手くて(笑)、触り方がリアルで、高校生のときに怖かった思いをリアルに思い出しました」と打ち解けた。

同じ質問に、谷村は「作品の内容はすごく怖いんですけど、現場はご一緒したことのあるスタッフさんが多くて、芦名さんも雰囲気よくしてくださったので、怖いと思ったのは台本のページ数くらいです(笑)」と明かして会場を沸かせ、「私も小さいころから(芸能活動を)させてもらっていますけど、あんなページ数の台本を初めて見たので、入る前は恐怖しかなかったです」とコメント。優希は「私も怖い人はいなかったですね。芦名さんはすごくいい匂いだし、ガムくださったし、むくんでいる脚を心配してくださったし、すごくいい人しかいなかったです」と声を弾ませた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 芦名星、男性の気を引くテク明かす 共演者も「ドキッとしちゃった」<W県警の悲劇>
今読んだ記事

芦名星、男性の気を引くテク明かす 共演者も「ドキッとしちゃ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事