氷川きよし「倒れた」デビュー当時の苦労告白

歌手の氷川きよしが28日、第19回「虹の架け橋 まごころ募金コンサート~新しい時代へ!歌い継ぐ日本の名曲~」(10月17日/NHKホール/日本音楽事業者協会主催)の記者発表会に伍代夏子らと登壇した。
氷川きよし(C)モデルプレス
氷川きよし(C)モデルプレス

氷川きよし「倒れた」デビュー当時の苦労告白

氷川きよし(C)モデルプレス
氷川きよし(C)モデルプレス
「虹の架け橋 まごころ募金コンサート」は、2001年より毎年開催されている演歌・歌謡曲によるチャリティーコンサート。氷川は「デビューから毎年出させて頂いて…19回目ではなく、1回だけお仕事がハードでデビュー2年目で倒れたときがあり、そのときだけ参加させて頂いていないのですが、それからずっと毎年出させて頂いています」と長年参加してきた同イベントを1度だけ欠席したというエピソードを告白した。

また、新元号での初めての同イベントに「令和の時代になりまして、それぞれ、1人ひとり個性が表れる方が出られますので、それぞれの華を咲かせて、それぞれの歌をみなさんに届けられると思います」と意気込み。「自分も個性を発揮して、歌でみなさんを励ますことができたらいいなと思っています」と続けた。

氷川きよし、こだわりの生活術に共演者驚き

(前列左から)松川未樹、森山愛子、伍代夏子、氷川きよし、秋元順子(後列左から)二見颯一、みちのく娘!(羽山みずき、工藤あやの)、城南海、門松みゆき、彩青(C)モデルプレス
(前列左から)松川未樹、森山愛子、伍代夏子、氷川きよし、秋元順子(後列左から)二見颯一、みちのく娘!(羽山みずき、工藤あやの)、城南海、門松みゆき、彩青(C)モデルプレス
そして、囲み取材では、環境保全のために日頃から行っていることが話題にあがり、氷川は「食器を洗うときの洗剤は、ヤシノミのやつを使っています。詰め替え用で」と自身が実践している生活術を紹介。

さらに「スーパーにお野菜を買いに行ったりするのですが、マイバッグを持っていって、それに詰め込んでいます」「水をなるべく出しっぱなしにしない。歯を磨くときなども止めて」「天ぷらなどをよくやるのですが、固めるテンプルみたいなもので固めて捨てるようにしています」と次々と環境対策を列挙した。

氷川きよし(C)モデルプレス
氷川きよし(C)モデルプレス
ほかの登壇者たちは興味深そうに耳を傾けていたが、氷川が「あとはお風呂の水も3日間くらい貯めて」と口にしたときは、「え~」と声に出して驚きを表現。すると氷川は「…もったいないじゃん、水!なるべく光熱費も浮かせたいし」とこだわりを口にしていた。

なお、発表会には氷川、伍代のほか、松川未樹、森山愛子、秋元順子、二見颯一、みちのく娘!の羽山みずきと工藤あやの、城南海、門松みゆき、彩青が出席した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 氷川きよし「倒れた」デビュー当時の苦労告白
今読んだ記事

氷川きよし「倒れた」デビュー当時の苦労告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事