<ジャニーズJr.主演「恋の病と野郎組」取材全文>8人が男子高生に!個性的な役作り&意気込みを語る

BS日テレで7月20日よりジャニーズJr.が主演を務める新連続ドラマ「恋の病と野郎組」(毎週土曜よる11時30分~深夜0時 全10話)がスタートすることが決定。このほど行われた取材会で、意気込みを語った。ここでは全文をお届け!
(前列左から)織山尚大、岩崎大昇、高橋優斗、佐藤龍我(後列左から)中村嶺亜、正門良規、猪狩蒼弥、作間龍斗、濱田崇裕(C)モデルプレス
(前列左から)織山尚大、岩崎大昇、高橋優斗、佐藤龍我(後列左から)中村嶺亜、正門良規、猪狩蒼弥、作間龍斗、濱田崇裕(C)モデルプレス
主人公は、同じクラス8人の男子高生。彼らは共学の高校に通っているが、男女比の都合で男子しかいないクラス、通称「野郎組」にいる。異性と触れ合うことができない魔のクラスである。同作は、そんな冴えない日々を送る8人の男子生徒、そして担任の熱血天然教師の、毎回主人公が変わる一話完結のオムニバスコメディ。BSでジャニーズJr.主演の連続ドラマを放送するのは初となる。

今回主演を務めるのは、HiHi Jets高橋優斗(※「高」は正式には「はしごだか」)、猪狩蒼弥作間龍斗美 少年岩崎大昇(※「崎」は正式には「たつさき」)、佐藤龍我7 MEN 侍中村嶺亜少年忍者織山尚大Aぇ! group/関西ジャニーズJr.の正門良規。そして教師役でジャニーズWEST濱田崇裕(※「濱」は正式には異体字)が出演することが決定し、取材会に出席した。

ジャニーズJr.8人が男子高生に!意気込みを語る

(前列左から)織山尚大、岩崎大昇、高橋優斗、佐藤龍我(後列左から)中村嶺亜、正門良規、猪狩蒼弥、作間龍斗、濱田崇裕(C)モデルプレス
(前列左から)織山尚大、岩崎大昇、高橋優斗、佐藤龍我(後列左から)中村嶺亜、正門良規、猪狩蒼弥、作間龍斗、濱田崇裕(C)モデルプレス
― 皆様の役名と意気込みをお願いします。

高橋:皆さん、本日はお忙しい中お集まりいただきありがとうございます。一条大地役をやらせていただきます、HiHi Jets高橋優斗です。一条くんは野郎組の中ではわりと中心人物でして、ある意味ムードメーカーでもあるんですけど、クラスの誰とでも分け隔てなく仲良く接することができるのがポイントだと思います。皆さんに「こういう生徒になりたい!」と思ってもらえるように演じたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

佐藤:二葉桜太郎役の佐藤龍我です。よろしくお願いします。二葉はとても天然でバカっぽくて可愛いキャラなんですけど、それを僕が頑張って演じていきたいと思います。楽しく全力で力を入れていきたいと思います。お願いします。

中村:三村蓮役の中村嶺亜です。三村はとても毒舌で、僕もプライベートで毒舌と言われることがあるので、それを活かせたらいいなと思っています。僕はドラマのお仕事が初めてなので、精一杯やりたいと思っています。お願いします。

織山:四谷翼の織山尚大です。今回、大先輩の…えーっと……えー…何だっけ、(思い出して)濱田くん。

全員:(爆笑)

織山:濱田くん(笑)。大先輩の濱田くん…いや、今のはなかったことにしてください。

濱田:なかったことには、僕はできないかもしれない…。

織山:裏でちゃんと謝ります。濱田くんの背中を見て、今回ちょっと個性的なオタク役を演じていきますので、よろしくお願いします。

濱田:ありがとう!

猪狩:五島律役の、HiHi Jets猪狩蒼弥です。よろしくお願いします。五島はちょっと変わったナルシストという、結構素の僕に近い感じがあると思うので、五島律という役ではもちろんあるんですけど、そこに僕の気持ちもグンと入れたりして、ものすごくおもしろい役柄にしていけたらいいなと思います。僕もドラマは初めてで、まさかこのメンツに僕が入るとは思っていなかったので超ビックリしてるんですけど、めちゃめちゃ頑張ります!よろしくお願いします。

岩崎:六反田陽汰役の、美 少年岩崎大昇です。お願いします。六反田はすごく常識人で、とても真面目な、そして物静かな役柄なので、普段仲間といる時は僕は結構うるさめなんですけど、真面目な部分を引き出して、精一杯やらせていただきます。よろしくお願いします。

作間:七瀬誠役を演じさせていただきます、HiHi Jets作間龍斗です。七瀬は一条と近い存在にあって、でも一条よりはバカではないです。野郎組ということで、男臭い学生感を全力で演じさせていただきますので、よろしくお願いします。

正門:八代凛太朗役の、関西Jr.Aぇ! group正門良規です。八代という人は、ちょっといかつくて、ちょっとヤンキーっぽくて、とっつきにくい人なのかなと思ったら、ちょっと優しいところがあったりとか、そういうギャップのあるキャラクターなので、僕らしく表現できたらいいなと思っています。僕も初めてドラマに出させていただいて、関西Jr.から1人来れたので、これをきっかけにもっと関西Jr.に興味を持っていただけたらいいなと思いますので、皆さんよろしくお願いします。

濱田:はい。五十嵐…すみません、間違えました。

全員:(笑)

濱田:花岡役を演じます、濱田崇裕です。よろしくお願いいたします。ちょっと一瞬パニックになりました、すみません。今回、教師役が初めてなんですけど、こんなにバカな僕が教師をやれるという機会を設けていただけたのもすごく嬉しいですし、このドラマは普段見れないみんなを役の中で見れるので僕も楽しみです。みんなの良いスパイスになればいいかなと思って、教師役を頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

個性的なキャラクター 役作りは?

― 今回の役柄はそれぞれ個性的ですが、どのような役作りをしていますか?

高橋:一条はとにかくクラスの中心人物で明るくて、いろいろなものに一生懸命になる、ひとつのものに必死になる感じ。自分の中にプライドがあるのも、意外と素の僕に近いんじゃないかなと感じる時があります。なので今回は役作りというか、普段の僕だったらどうするかなと考えたり、知らない人を見るというよりかは似たようなキャラクターがいるドラマや漫画を見ましたけど、そこまで作り込むということはなかったです。

佐藤:僕は二葉と自分が結構似ているなと思っていて、何も考えてないというか結構ポカーンとしてる。自分で言うのもなんなんですけど、二葉と似てるなって。二葉だったらこう言うけど、僕はこう思うなぁ~って思う時はあるんですけど、でも結構似てます。僕と二葉は。はい。似てまーす!

濱田:似てますか!

佐藤:似てますね。

中村:三村は先程も言いましたが毒舌なので、多分考える前に思ったことをズバっとストレートに言う。僕は普段、もし三村だったらこういうことを言うな、と考えながら生活するようにしています。人がミスしちゃった時も、人のことを考えずにこういうことを言うんだろうな、と考えたりしています。

織山:四谷くんはものすごい陰キャで、野郎組の中では影が薄いほうなんですけど、アニメの話になるとすっごいテンションが上がってはっちゃけた全然違うキャラになるので、そういうところが今回の見どころです!よろしくお願いします。

濱田:役作りは…

織山:え、役作り?

猪狩:何を聞いてたんだ!?

織山:役作り…あ、役作りは、自分には似てないですね。結構、僕は陽キャなんですよ。自分で言うのもあれなんですけど…。今回陰キャをやらせていただくんですけど、四谷くんもたまにちょっと明るくなる部分があるので、自分の出せるものをいっぱい出していこうと思います。よろしくお願いします。

猪狩:五島はナルシストということなので、ちょっと普段より多めに鏡を見るとか、お風呂を入念に入るとか、そういう細かい意識みたいなものをするようになりました。あとはパーマをかけたり、できるだけ自分がナルシストに見えるように努力しています。自分を最初から好きなので、そのポテンシャルを最大限に引き出して頑張っていこうと思います。よろしくお願いします。

岩崎:六反田は真面目で全うで生徒会にも入っているという優秀な役なんですけど、僕も決して不真面目ではないので、自分の真面目な場所を引き出しつつ、より真面目に、よこしまな心を捨てて生きていこうかなと思っています。

作間:七瀬はこの中で言うと、結構周りを見て行動できる人なのかなと思っています。役とは関係ないんですけど、今現役高校生なので、クラスで周りが見える子を必死に探して、その子を真似しようと頑張っています。

正門:標準語からちょっと苦戦していまして…。標準語のイントネーションであったり、単語のニュアンスつけるところとか、普段は関西弁でバーッと喋っていたので改めて意識したことがなく、そこから入っていきました。八代という人の、グループの中で毛色が違う人たちに見える優しさが立つように、普段もっとオラオラしてみようとか、そのメリハリを意識してお芝居しているつもりですので、もっとカタチにしていきたいなと思っています。

濱田:僕は今日初めてリハーサルをしたんですけど、教室のセットを用意してくださっていて、教壇に初めて立ったんですよ。こんなことなのか!ここから生徒たちを見るのか!という気持ちを初めて体験した時に、「あぁ、ヤバイかも」って思いました。人数はみんなしかいなくて、他の生徒さんたちはいらっしゃらなかったんですけど、すごい緊張感で、先生ってこれを毎日やってるのか、と驚きましたね。

家でできることは、年齢・家族構成…花岡のバックボーンを描いていくことです。花岡は情熱的で格言大好きというイメージなんですけど、みんなをとてつもなく愛で包み込んでいるつもりでいる教師で、ちょっと空回りしてちょっとウザがられているんですけど、それにも気づかず、常に愛を持って接するひたむきなキャラクターなんです。一番大事なのは、バックボーンとか台本にないところ、右利きなのか左利きなのか、そういうところを細かくやっていく作業かなと思います。

自身の役にメッセージ 衝撃のダメ出しも?

― 悩み多き男子高生を演じられますが、それぞれの役にエールやアドバイスなど何か一言声をかけてあげるとしたら、どのような言葉をかけてあげたいですか?濱田さんは高校生たちへのエールの言葉をお願いします。

高橋:「よく確認してから行動しなさい」と言ってあげたいですね、一条くんには。一条くんは本当に見切り発車が多くて、「それもっと先に確認しておけば大丈夫じゃない?」みたいな、そういうことが多いので、さっき自分に似ていると言いましたけど、そこは全然似てないですね。そこは伝えてあげたいと思います。

佐藤:二葉には「勉強して」。結構アホっぽいから、本当に勉強もできないのかなぁと思って、もっと勉強すれば…あとは、物とか、物知り?なんて言うの?

高橋:こいつが知らないですね。

全員:(笑)

佐藤:なんかもっと頭が良くなるんじゃないかなぁと思います。

高橋:あなたの頭が悪いんじゃないの?もしかしたら。

濱田:いや、これが良さやねん!これが可愛いねん。これが可愛い。

佐藤:すみません(照)。(頬を押さえる)

中村:三村蓮くんは、人のことを考えずに発言してしまうことが多々あるので、「一回相手の気持ちになって考えてみよう」って言いたいですね。この中では比較的に頭は悪くない役だと思うので、ちょっと考えればわかると思います。「もう一度相手の気持ちになってみて」と伝えたいです。

織山:僕は「もっと勇気を出して」と言いたいですね。この野郎組の中では陰キャなんですけど、その中でも猪狩くん演じる五島くんにすごく怯えるキャラなんです。なのでとにかく自分に自信を持って、勇気を出して五島くんや八代くんと話したいですね。まぁ、現実でも全然アレなんですけどね…

猪狩:おい、ちょっと待って!「現実でも全然アレなんですけどね」って。

織山:結構圧があって、猪狩くんには全然普通には喋れないんですけど…

全員:(笑)

猪狩:いやちょっと待って、嘘でしょ!?俺の家に来たりとかしてるんですけど…

織山:いやすごい優しいんですけど、ちょっと怖いところもあるので…。でも今回は同級生というていでやるので、これを機に猪狩くんに近い存在になろうかなと思いますので、よろしくお願いします。

猪狩:ちょっと思ってもないところからダメ出しが来て衝撃を受けてるんですけど…(苦笑)。ドラマの期間を通して、もっともっと仲良くなっていこうと思います。

織山:はい。よろしくお願いします。

猪狩:五島には、「部活行け!」と伝えたいですね。一応軽音部に所属しているんですけど、台本を読ませていただいたところまだ1回も行ってないんですよ。ギターも弾けていないとかそういうレベルだと思うので、「あなたは部活に行ってギターを練習しなさい」というふうに声をかけてあげたいです。あとは「周りの野郎組のクラスメイトに思いやりを持て。もう少し優しくなってもいいんじゃないか」と思います。

岩崎:六反田は本当に真面目なので、「逆にもうちょっと楽しんでいいんじゃないか」と。だからと言って、不真面目になれというわけではなく、これから良い大人に成長すると思うんですけど、強いて言うなら、あまり変わることなくもうちょっとみんなといる時とか明るくなったほうがいいんじゃないかな、と思います。

作間:七瀬くんには「その調子で頑張ろう!」ですね。今のところ目立って悪いところが見当たっていないんですよ。なので言うのであれば、サッカー部なので「サッカーも頑張ろう!」って感じですかね。

正門:八代は素直な人なんやろな、と僕は捉えています。感情がすぐ出たり怒鳴ったりすることが多いので、「喉のケアだけはちゃんとしておいてね」とアドバイスしたいですね。

濱田:アドバイス…。「恋の病と野郎組」というタイトルなんですけど、恋の病にもいろいろな種類の恋の悩みがあって、みんなが抱えているこの恋の悩みが、中学生や高校生の時に1度は経験がある「わかる!」ということが描かれているので、アドバイスというより気持ちがわかる、という感じなんですよ。だって、みんなが今どういうふうに高校生活を送っているのかわからない。絶対役とは違うと思うんですよ。1話のストーリーと実際と、キャラが全然違う?ということを聞きたかった!

猪狩:逆にですか?なるほど。

全員:(笑)

濱田:そういう感情がわかる?っていう。たとえば女性に話しかけるのがすごく困ったりとか。そういう経験ってあったりします?

正門:みんな1回はね。

濱田:高校生の時、僕はすでにジャニーズに入っていましたけど、友達を作るために話しかけるって結構勇気がいるんですよ。初めて会う人ですし。だからそういうのもわかるし、って。だから、気持ちがわかる!だから「頑張れ!」としか言えない。

猪狩:嘘!?マジっすか!?これだけ喋っておいて「頑張れ!」ですか!?マジで!?

濱田:そう。僕は教師役なんですけど、この子たちの恋の病に助けることがないんですよ。ただ、良いスパイスになればいいなとは思うんですけど、台本やリハを見てると「頑張れ!」ってなっちゃうんですよ。だからこういう気持ちなのかなって。みんなが可愛く見えるし、なおかつ切なくも見える。だから「頑張れ!」。

全員:(笑)

猪狩:「頑張れ!」って(笑)。結局「頑張れ!」。

濱田:そうです!一番「頑張れ!」っていうことが、たぶん見ている人たちもそう思うかもしれません。

(前列左から)織山尚大、岩崎大昇、高橋優斗、佐藤龍我(後列左から)中村嶺亜、正門良規、猪狩蒼弥、作間龍斗、濱田崇裕(C)モデルプレス
(前列左から)織山尚大、岩崎大昇、高橋優斗、佐藤龍我(後列左から)中村嶺亜、正門良規、猪狩蒼弥、作間龍斗、濱田崇裕(C)モデルプレス
(modelpress編集部)

ドラマ「恋の病と野郎組」登場人物

・一条大地(いちじょうだいち)あだ名:ジョー/高橋優斗…野郎組のリーダー的存在。女子にガツガツ行く自信家。

・二葉桜太郎(ふたばおうたろう)あだ名:フタちゃん/佐藤龍我…明るく無邪気なお坊ちゃん。親が厳しくて携帯電話を持っていないが周囲には秘密。

・三村蓮(みむられん)あだ名:ミムりん/中村嶺亜…文系毒舌キャラ。一年次は演劇部に所属、脚本を書いていた。

・四谷翼(よつやつばさ)あだ名:ヨツヤ/織山尚大…大のアニメオタク。普段はおとなしく目立たない性格。

・五島律(ごとうりつ)あだ名:ゴトゥー/猪狩蒼弥…俺様ナルシスト。軽音部に所属している。

・六反田陽汰(ろくたんだひなた)あだ名:ロクちゃん/岩崎大昇…真面目で優しい性格。クラスの優等生で、七瀬とは中学の時からの友人。

・七瀬誠(ななせまこと)あだ名:ナナセ/作間龍斗…サッカー部に所属。飄々として空気が読める男。

・八代凛太朗(やしろりんたろう)あだ名:ヤシロ/正門良規…クラスの強面。剣道部に所属するなんちゃってヤンキー。

・花岡先生(はなおかせんせい)あだ名:花セン/濱田崇裕…野郎組の担任教師。いつも明るい熱血漢。空回りで頓珍漢な言動が目立つため、生徒想いの良い先生ではあるがウザがられている。漫画家の嫁がいるらしい。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - <ジャニーズJr.主演「恋の病と野郎組」取材全文>8人が男子高生に!個性的な役作り&意気込みを語る
今読んだ記事

<ジャニーズJr.主演「恋の病と野郎組」取材全文>8人が男子高…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事