溝端淳平、高校時代の黒歴史明かす「姉の下着を借りて…」<仮面同窓会>

俳優の溝端淳平と女優の瀧本美織が22日、都内にて、オトナの土ドラ「仮面同窓会」(東海テレビ・フジテレビ系/6月1日スタート/毎週土曜よる11時40分~)の取材会に出席した。
溝端淳平 (C)モデルプレス
溝端淳平 (C)モデルプレス
同作は、出来心から始まったちょっとしたいたずらが男たちの人生を狂わせていくクライムサスペンス。溝端は、高校卒業後に故郷を離れたものの人事異動で東京に戻ることになった新谷洋輔を、瀧本は新谷が偶然再会した当時憧れのクラスメイト・竹中美郷を演じる。

同作には、先日、女優の川栄李奈と結婚することと年内に出産予定であることを発表した俳優の廣瀬智紀が出演しているが、溝端は、「(発表後、廣瀬には)まだお会いしていないので、次にお会いしたときは、『おめでとう』と言いたいなと思っています」とコメント。

溝端淳平、高校時代の黒歴史明かす

溝端淳平、瀧本美織 (C)モデルプレス
溝端淳平、瀧本美織 (C)モデルプレス
作品の内容にちなんで、高校時代の思い出が話題にあがると、溝端は「文化祭で女装して(笑)」と語り始めた。「姉がいるのですが、姉の下着を借りて、付けて、踊ったのは、ちょっと黒歴史として消したいです(笑)」と苦笑い。なお、下着は「上だけ」とのこと。

溝端淳平 (C)モデルプレス
溝端淳平 (C)モデルプレス
溝端淳平 (C)モデルプレス
溝端淳平 (C)モデルプレス
そんな溝端は、6月に30歳の誕生日を迎えるが、「実感が沸かないですね。30歳って、もっと遠いものだったし、もっと自分もしっかりしているなと想像していたのですが…。本当に二十歳を過ぎてからの10年はあっという間でした」としみじみ。「まだ30歳でこんなことを言うのもアレかもしれませんが、凄く虚無感に襲われるときがあります。年数が経つのが早くなってくると」などと実感を込めて心境を明かした。

瀧本美織、制服姿が話題

瀧本美織 (C)モデルプレス
瀧本美織 (C)モデルプレス
瀧本は、高校時代の回想シーンも制服を身に着けて自身で演じている。制服姿が話題を呼んでいることを突っ込まれると、「本当に、失礼しています(笑)」と照れ笑い。「現役(高校生)から10年が経っていると、やはり、恥ずかしいものですね」とはにかみつつ、「でも、『年齢は関係ないぞ!』という気持ちで(笑)」と声を弾ませ、「前向きな気持ちをもらった気がしています、この役から。なので、どんな役でもやっていこうと思います」と拳を握った。

溝端淳平、瀧本美織 (C)モデルプレス
溝端淳平、瀧本美織 (C)モデルプレス
瀧本について、溝端は、「ひと言で場を和ませてくれるといいますか、存在自体がオアシスといいますか」と絶賛。さらに、同作のプロデューサーが瀧本を「女神のような存在」と表現していたエピソードが紹介されると、溝端は、「役者陣だけではなく、スタッフさん、プロデューサーさん、APさん、ADさんも瀧本さんのファンですよね」と現場の様子を紹介した。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 溝端淳平、高校時代の黒歴史明かす「姉の下着を借りて…」<仮面同窓会>
今読んだ記事

溝端淳平、高校時代の黒歴史明かす「姉の下着を借りて…」<仮面…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事