ROLAND(ローランド)、挫折と苦悩…見せたことない“熱狂的”な姿

現代ホスト界の帝王・ROLAND(ローランド)が、4日放送のテレビ東京系「FOOT×BRAIN」(深夜0時20分)に出演する。
ROLAND(ローランド)(C)テレビ東京
ROLAND(ローランド)(C)テレビ東京

ROLAND(ローランド)、挫折と苦悩…見せたことない“熱狂的”な姿とは

“様々な「知」を愉しみながら、サッカー界の可能性を広げる”というテーマのもと昨年8月にリニュー
アル&パワーアップした同番組。あらゆるジャンルのゲストをスタジオに招き、その哲学をこれまでにない切り口から“わかりやすく”引き出している。

4日放送「FOOT×BRAIN」より(C)テレビ東京
4日放送「FOOT×BRAIN」より(C)テレビ東京
「令和」最初の放送を迎える今回は、歌舞伎町で“伝説のホスト”といわれるローランドがスタジオに初登場。メディアに引っ張りだこ、ビックマウスで、いつもサービス精神を忘れない彼が、今までに見せたことのない熱狂的サッカーファンとしての顔を見せる。

柏レイソルのジュニアユース出身で、サッカー漬けの学生時代…そこで感じた挫折と苦悩…サッカーを語る彼の顔は真剣そのもの。さらに、世界的スーパースターとの華麗なる交流録や、サッカー界への斬新すぎる提言など、見どころ満載となる。

ROLAND(ローランド)「サッカー業界もホスト業界も実力主義の世界」

収録を終えたローランドは「純粋にサッカーが好きだったので、今回番組に呼んでいただき、たくさんサッカーについて語らせていただいてすごく楽しかったです!」と楽しんだ様子。

「サッカー業界もホスト業界も実力主義の世界だと僕は思っているので、通じるものが多いと思います。アピールする力だったり、自分しか頼れる者がいなかったり。似ていないところは個人プレーかチームプレーかっていうとこだけですね。僕自身も10年間サッカーをやっていたので、自分を売り込む力というのは、サッカーを通して培ったものが多いです!」とコメントしている。(modelpress編集部)

ROLAND(ローランド)コメント

純粋にサッカーが好きだったので、今回番組に呼んでいただき、たくさんサッカーについて語らせていただいてすごく楽しかったです!

今回、サッカー界の名言を特集していましたが、個人的にはヨハン・クライフの「美しく敗れることを恥と思うな、無様に勝つことを恥と思え」やフランツ・ベッケンバウアーの「強いものが勝つのではない。勝ったものが強いのだ」という言葉は印象に残っています。クライフ氏の「サッカーとは、魅了的、攻撃的にプレーすべき。スペクタクルであるべきだ」という言葉も、僕の仕事をする上でのモットーに近いです(笑)。

サッカー業界もホスト業界も実力主義の世界だと僕は思っているので、通じるものが多いと思います。アピールする力だったり、自分しか頼れる者がいなかったり。似ていないところは個人プレーかチームプレーかっていうとこだけですね。僕自身も10年間サッカーをやっていたので、自分を売り込む力というのは、サッカーを通して培ったものが多いです!

サッカーの話をする場所がなかったので、今まで火山のマグマのように気持ちが溜まりまくってました(笑)。ぜひ、この番組で一気に爆発した僕のサッカートークを見てください!


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - ROLAND(ローランド)、挫折と苦悩…見せたことない“熱狂的”な姿
今読んだ記事

ROLAND(ローランド)、挫折と苦悩…見せたことない“熱狂的”な姿

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事