Hey! Say! JUMP中島裕翔、舞台初主演決定「大変チャレンジングな経験」<WILD>

2016年にイギリス・ロンドンで上演された英国気鋭の劇作家マイク・バートレットによる社会派戯曲「WILD」が日本で初めて上演されることが決定。主演は、2012年から13年にかけて上演された「JOHNNYS' World」以来約6年ぶりとなる舞台出演で、本作が舞台初主演、初ストレートプレイ挑戦となるHey! Say! JUMP中島裕翔が務める。
中島裕翔(提供写真)
中島裕翔(提供写真)

中島裕翔、舞台初主演「大変チャレンジングな経験」

2013年にアメリカ合衆国政府の個人情報収集の手口を内部告発しロシアに亡命した、アメリカ国家安全保障局(NSA)の元局員エドワード・スノーデンの事件に着想を得て書かれた同作。エドワード・スノーデンの事件が象徴する現代世界がさらされている倫理的・社会的脅威、テクノロジーがプライバシーの概念を侵食する社会に対して、バートレットは軽妙さの中で鋭い警鐘を鳴らしている。

演出は、アメリカ・アクターズスタジオ大学院の演出学科を日本人で初めて卒業したという異色の経歴を持ち、2018年より新国立劇場の新芸術監督に最年少で就任した小川絵梨子氏。2010年に日本で本格的な活動をスタートし、“リアルで緻密”と評される丁寧かつ大胆な演出で、2013年には紀伊國屋演劇賞・個人賞、千田是也賞、読売演劇大賞優秀演出家賞と数多くの賞を受賞し、今日本の演劇界がもっとも信頼をおく翻訳家・演出家として翻訳劇を中心に活躍。本作で東京グローブ座に初登場となる小川が、スリリングかつユーモアのセンスが光る作品として創り上げる。

共演は、舞台・ドラマ・映画でコメディからシリアスまで幅広い作品に出演し、存在感を発揮している太田緑ロランスと、舞台を中心に活躍し、演出を手掛ける小川作品にも多数出演し信頼も厚い斉藤直樹。実力派が顔を揃え、あらゆる情報が交錯する現代社会に鋭く共鳴する濃密な会話劇を繰り広げる。

中島は「普段、コンサートで向き合っているお客さんとの距離よりもずっと近くて、変な言い方をすれば誤魔化しようがなく自分を見透かされそうで、今から緊張します」と心境を明かし、「ただ、これは自分にとって大変チャレンジングな経験になるので、しっかりと自分の役と向き合って、見て頂く皆さんに現代社会への警鐘を鳴らせたらなと思っています」と意気込んでいる。

なお、本作は2019年4月28日~5月25日に東京グローブ座(東京公演)、2019年6月2日~5日にシアター・ドラマシティ(大阪公演)にて上演される。(modelpress編集部)

中島裕翔コメント

舞台の経験はありますが、ストレートプレイはほぼ初めてです。普段、コンサートで向き合っているお客さんとの距離よりもずっと近くて、変な言い方をすれば誤魔化しようがなく自分を見透かされそうで、今から緊張します。ただ、これは自分にとって大変チャレンジングな経験になるので、しっかりと自分の役と向き合って、見て頂く皆さんに現代社会への警鐘を鳴らせたらなと思っています。

今回演出をして下さる小川さんと先日、お会いしました。物腰柔らかく、凛とした方という印象を受けました。その際に、「じっくりゆっくりと作っていきましょう」とお言葉をかけて頂き、ふっと、安心できる空気感を作って下さいました。どんな演出や仕掛けが待っているのか、僕もワクワクします。


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Hey! Say! JUMP中島裕翔、舞台初主演決定「大変チャレンジングな経験」<WILD>
今読んだ記事

Hey! Say! JUMP中島裕翔、舞台初主演決定「大変チャレンジング…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事