仲間由紀恵、産休から「MUSIC FAIR」司会復帰 “代役”加藤綾子は卒業

0
0
東京オリンピック開催の年、1964年8月31日に放送を開始し、55年にわたる歴史を誇るフジテレビ系音楽番組『MUSIC FAIR』(毎週土曜日18時~18時30分)。このたび、2016年4月2日からフジテレビ軽部真一アナウンサーと共に司会を務め、2018年4月28日の放送をもって産休に入った仲間由紀恵が、3月2日放送回より司会に復帰することが決定した。仲間の産休中の間、代役として司会を務めていたフリーアナウンサーの加藤綾子は2月23日放送回が最後となる。
軽部真一、仲間由紀恵、加藤綾子 (C)フジテレビ
軽部真一、仲間由紀恵、加藤綾子 (C)フジテレビ

仲間由紀恵「MUSIC FAIR」復帰

軽部真一、仲間由紀恵 (C)フジテレビ
軽部真一、仲間由紀恵 (C)フジテレビ
2月初旬に行われた収録にて、加藤から仲間へバトンタッチのセレモニーが収録された。およそ10カ月ぶりにスタジオに入った仲間は、「いち視聴者として客観的に拝見していたので、自分がまたこの場に戻ってくるかと思うと、緊張します」とコメント。この様子は、松田聖子特集となる2月23日放送回にてOAされ、3月2日からは仲間の司会としての放送がスタートする。

昨年6月下旬に一卵性の双子の男児を出産した仲間は、『相棒 season17』(テレビ朝日、1月1日放送)で女優として復帰を果たし、休み明けとは思えない磨きのかかった演技と美貌で話題を集めたが、このたび『MUSIC FAIR』の司会としてレギュラー番組復帰を果たし、本格的に仕事と子育ての両立生活をスタートさせる。

仕事と家庭の両立については「正直、やってみないとわからないところもありますが、子育ての時間は子育てに集中し、『MUSIC FAIR』の収録など、お仕事の時には切り替えて仕事に集中して頑張りたいと思っています」と心境を明かし、母親になってからの変化を「やはり今まで体験したことの無い毎日を過ごしているので、例えばトーク中に今までの自分には無かったような目線や切り口でお話が聞けたりするのではないかな、と自分の中で期待していますね」と語った。

なお、2月をもって『MUSIC FAIR』を去ることになった加藤は、4月スタートの報道新番組のキャスターを務めることが決定している。(modelpress編集部)

仲間由紀恵コメント

仲間由紀恵 (C)フジテレビ
仲間由紀恵 (C)フジテレビ
Q.MC復帰にあたっての今のお気持ちは?

この10カ月、いち視聴者としてオンエアを見て楽しませていただいていたので、自分がまたこの場に戻ってくるかと思うと、とても緊張します。お休みさせていただいた間に新しいアーティストさんも続々と出演されていましたし、新しい演出、例えば加山雄三さんの船“光進丸”の中を見立てたセットで歌やトークをするなど、どんどん面白いアイデアにチャレンジされているなぁ、と思って拝見しておりました。『MUSIC FAIR』チームの新たなチャレンジに私も力添えできるよう頑張っていきたいです。久しぶりに軽部さんとトークができるというのも楽しみですね。アーティストさんたちにお話を聞いていく中で、視聴者の皆さんが見たことの無い一面を引き出せるようにできたらいいな、と思っています。

Q.仕事と家庭の両立について

正直、やってみないとわからないところもありますが、子育ての時間は子育てに集中し、『MUSIC FAIR』の収録など、お仕事の時には切り替えて仕事に集中して頑張りたいと思っています。

Q.母親になられて変化があると思いますか?

やはり今まで体験したことの無い毎日を過ごしているので、例えばトーク中に今までの自分には無かったような目線や切り口でお話が聞けたりするのではないかな、と自分の中で期待していますね。

Q.視聴者の方へのメッセージをお願いします。

歴史のある番組なので、きっと何十年もご視聴いただいた方々もいると思いますが、そんな皆さんの期待を裏切らないよう、気持ちを新たに品格のある司会を志しながら、アーティストさんたちの意外な一面が見られるような、楽しくてちょっと柔らかい雰囲気の『MUSIC FAIR』を作っていけたらいいな、と思います。

加藤綾子コメント

加藤綾子 (C)フジテレビ
加藤綾子 (C)フジテレビ
Q.ご卒業される今のお気持ちは?

本当に濃密で楽しくて“もう10カ月もたったんだ”という気持ちです。『MUSIC FAIR』には“チームで作る”アットホームな感じがあり、収録一回一回、自分が向き合える時間もたっぷりあって、良い経験をさていただきました。ご出演いただいたアーティストの中には収録以外の場所でも気軽に話かけていただけるような方もいて、自分もドラマ出演などいろいろなことに挑戦した時期でもあったので、アーティストの方から直接、貴重な意見をいただくなど、個人的にも素晴らしい体験ができました。フリーになってからこの番組に携わらせていただいたこともあり、アナウンサーということでだけではなく“一人の人間として画面に出る”ということを改めて意識し、アーティストの方たちがどのような思いでステージに向かっていくか、その姿勢を少し感じることができた気がします。そのため、お話がより深く響いたり、等身大の自分でトークができるようになったりして、とても楽しかったです。

Q.軽部さんとの司会について

軽部さんとは『めざましテレビ』でも一緒だったので安心感はあったのですが、『MUSIC FAIR』という品格ある番組にも関わらず、例えば“オヤジでしょ”とツッコむなど、『めざまし』ではそこまで言えなかった掛け合いを思う存分できたのは驚きでした。これまで築き上げてきた二人ならではの関係性で、笑いとして掛け合いができたのがうれしかったです。スタッフの皆さんに私なりの色みたいなものを受け入れていただけたので、私なりの『MUSIC FAIR』というものを伸び伸びと楽しませていただきました。また、トークでお話を聞いている中で、アーティストの皆さんにとっても『MUSIC FAIR』は特別な番組であるということがわかりましたし、回を重ねるごとに歴史ある番組の重みを感じました。

Q.仲間さんのMC復帰について

番組にふさわしい品格と、軽部さんを包みこむような優しさをお持ちの仲間さんが復帰されます。お母様になってよりキラキラ輝く仲間さんと軽部さんの掛け合いを楽しんでいただけると思いますし、私も楽しみにしています。

軽部真一(フジテレビアナウンサー)コメント

軽部真一、仲間由紀恵 (C)フジテレビ
軽部真一、仲間由紀恵 (C)フジテレビ
Q.仲間さんのMC復帰について

ついこの間という感じもするし、随分たったなとも思うのですが、仲間さんの復帰をとても楽しみに待っていました。さらに、ママになられてからの復帰ということで、以前の仲間さんともバックボーンが変わってきているので、それも楽しみですね。二年間一緒にやらせていただいて、2700回記念もやりましたが、一年近くお休みとなってここで一度リセットされたと思うので、元々やっていた二人のコンビ復活という部分と、新鮮にリニューアルする部分、その二つの醍醐味を楽しみたいと思います。

Q.加藤さんについて

『めざましテレビ』を一緒にやっていたので、2年ぶりでしたが、やはりとてもやりやすかったですね。僕と彼女の阿吽(あうん)の呼吸もありましたし、時間がたつほどに素の関係性が出るようになって、“おやじ、おばさん”なんて呼び合う回もあったりして、『MUSIC FAIR』の歴史の中でも今までに無い雰囲気を作ることができました。代役ということで難しかったと思いますが、加藤さんはさすがという仕事をして、しっかり爪痕を残していきましたね。情報番組とは違ったフィールドで一緒に仕事ができてうれしかったですし、加藤さんとは“二度目の別れ”みたいな感じで寂しいですね(笑)。

Q.改めて『MUSIC FAIR』の見所は?

生番組とは違って、しっかり作り込むことで、アーティストの素晴らしさをダイレクトに伝える数少ない音楽番組の一つです。本格的音楽番組として55年を迎える伝統の重みを収録の度に感じていますし、一方で新しいアーティストの息吹も伝統の中できちんと伝えていく番組です。おかげさまで、ここ最近もたくさんの方に見ていただけているようで、視聴者の皆さんも土曜の夕方に良い音楽を求めてらっしゃるのだな、というのを改めて実感しますし、このような番組に携われてうれしく思いますね。
【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 仲間由紀恵、産休から「MUSIC FAIR」司会復帰 “代役”加藤綾子は卒業
今読んだ記事

仲間由紀恵、産休から「MUSIC FAIR」司会復帰 “代役”加藤綾子は…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事