西野七瀬「不安はいっぱい」 田中みな実らが見守る

参照回数:99,098

【西野七瀬・グータンヌーボ2/モデルプレス=1月11日】約7年ぶりに復活するガールズトークバラエティー『グータンヌーボ2(※2は正しくは2乗と書き、読み方はグータンヌーボヌーボ)』(1月15日スタート/カンテレ※関西ローカル、毎週火曜深夜0時25分~)のMC囲み取材が11日、都内スタジオで行われ、初回スタジオ収録後に番組MCの長谷川京子田中みな実滝沢カレン西野七瀬が出席した。
西野七瀬 (写真提供:カンテレ)
西野七瀬 (写真提供:カンテレ)
同番組は女性タレントたちが恋愛・仕事・生き方などを赤裸々に語る、ガールズトークバラエティーで、台本がなく、据え置きカメラのみというまるでプライベートのような環境で、MC陣の中から1名が、女性ゲストとガールズトークをし、ゲストたちの本音を引き出す。

滝沢カレン、西野七瀬、長谷川京子、田中みな実 (写真提供:カンテレ)
滝沢カレン、西野七瀬、長谷川京子、田中みな実 (写真提供:カンテレ)

初回は西野七瀬がまわし役

初回スタジオ収録を終えた感想を聞かれると、田中は「まわし役が回によって変わるということで、初回がまさかの西野七瀬ちゃんで、今まで乃木坂の中でもそういう役割を担っていないタイプの子なので、一生懸命頑張りながらもまわそうとしている姿にキュンとしてしまいました」と目を細め、「助けてあげたいんだけど、助けないほうが(西野のためになって)いいのかなって」と吐露すると、長谷川も「ちょっと困っているところがプロデューサーの方とか見ている皆さんの方はたまらないのかなと思って、私もそっとしておきました」と同調。

長谷川京子 (写真提供:カンテレ)
長谷川京子 (写真提供:カンテレ)
続けて田中は、収録が始まる直前に長谷川から西野へ「第一声が1番大事だから」とプレッシャーをかけていたことを明かし、西野が「どうですか?結構(声を)張ったんですが…」と投げかけると、長谷川は「大丈夫!頑張った、頑張った!」とねぎらったが、田中は「若干(コメントに)心がなかったけどね(笑)」と指摘して笑いを誘った。そして改めてまわし役を務めた感想を聞かれた西野は「第一声はなんとか大きい声を出しましたが緊張しました。なんで私が1回目なんだろうって思いました(笑)」と笑った。

田中みな実 (写真提供:カンテレ)
田中みな実 (写真提供:カンテレ)

西野七瀬・滝沢カレンがゲストに迎えたい人

また、今後ゲストとして出演してもらい、話を聞いてみたい人を尋ねられると、長谷川は「どうしても若い子の恋愛(話)に収まっちゃうじゃないですか。じゃなくて、私、今40(歳)なんですけど、40代からの恋愛の話を聞ける人と話したいですね。自分がこれからの人生を歩んでいく中で、まだこういう恋愛があるよということを聞きたいです」と願望を明かし、田中から「乃木坂46のメンバーに来てほしい?」と投げかけられた西野は「現役の子は(恋愛話ができないから)…。ほかのアイドルでも卒業されている方だったら同じ職業の話もできそうだし、今どういう状況なのか聞けるなって思います」とコメント。

西野七瀬、長谷川京子 (写真提供:カンテレ)
西野七瀬、長谷川京子 (写真提供:カンテレ)
そんな流れで長谷川から「みな実ちゃんはフリーになったアナウンサーの人はどう?」と話を振られた田中は「他局の方となかなかお話しする機会がないので、確かに他局のアナウンサーでフリーになった方の話はちょっと聞いてみたい気がしますね。でもアナウンサー3人ってなると、みんなまわそうとしちゃうので、ちょっと特殊な回になりそうですね」と想像し、滝沢は「女芸人さんの恋愛を絶対に知りたくて、(女)芸人さんって恋愛したら女になっちゃってダメっていうので、そういうのも聞きたいですし、まさかの黒柳徹子さん。どんな生活をしているんだろうとか、今までの恋愛を、いつも(『徹子の部屋』で)聞かれてばかりなので、聞く側になりたいですね。和田アキ子さんも気になります」と答えた。

滝沢カレン (写真提供:カンテレ)
滝沢カレン (写真提供:カンテレ)

西野七瀬、トレーニングに意欲&プライベート告白で驚き

また、最近気になっているトピックを聞かれると、長谷川は「トレーニングが好きで、筋肉の構造とか、こういう運動をしたらここに筋肉が付くとか、やっぱり40歳になったので体を自分で作っていかないといけないから興味があります」といい、筋肉が付きすぎることを避けるため週2日でトレーニングを行なっていることを明かすと、滝沢も「私も週2で!お尻とか(変わってくるので)楽しいです」とニッコリ。西野もトレーニングをしているか尋ねられると「やったことないです。運動はお仕事で踊っていたくらいで、それ以外何もしていなかったので、卒業しちゃったからどんどん鈍っていくんだろうなっていう怖さが今あるので、トレーニングをやりたいなという気持ちはあります」と打ち明けた。

そんな西野は、ゲームを挙げ「毎日必ずゲームをする時間がありますし、ハマっちゃうと寝る時間も惜しんでやったり、現場に持って行ってでもやっちゃいます。(ゲームの)世界観の中に入り込んでやっちゃうので、ストーリーとかに感動して泣いちゃったりします」と告白して3人を驚かせた。

そして滝沢は「私が1番気になっちゃうのは横澤夏子さんなんですけど、新年あけてやっと会えたんですけど“やっぱり好きだ!”って思って、今年は横澤さんと同じ趣味を見つけたくて、横澤さんをもっともっと知りたいなと思います」と語り、横澤の魅力については「私は全部知っているので、テレビ(のイメージだけで)横澤さんを決めないでほしいし、会っただけ好きになるので、もっともっと横澤さんを好きになってほしい。本当に素晴らしい人だと思います」と力説した。

また、赤裸々な恋愛トークも期待できる同番組にちなみ、自身の理想のデートプランを質問されると、西野は「デートではないかもですが、友だちが昔スノボをやっていて、雪山の上で初日の出を見て、その写真を私に送ってくれたんですけど、それが結構前のことなんですけどずっと忘れられなくて、“羨ましいな。いつかやりたいな”ってずっと思っています」と明かし、「スノボはできないんですけど、そういうのを自分の好きな人とデートとして見られたらいいなと思います」と目を輝かせた。

滝沢カレン、西野七瀬、長谷川京子、田中みな実 (写真提供:カンテレ)
滝沢カレン、西野七瀬、長谷川京子、田中みな実 (写真提供:カンテレ)

MC陣の意気込み

同番組での目標を聞かれると、田中は「毎回楽しみで、皆さんパブリックイメージしか存じ上げない方々だから、回を重ねる度に知っていって、だんだん本当に姉妹みたいになったらいいなと思います」と期待を寄せ、長谷川は「(関西ローカルの)臨場感は残しつつ、なかなか前(前シリーズ)を超えられないっていうのはよくあると思うんだけど、超えるくらい楽しい番組にしたいなと思うし、来てくださるゲストの方の魅力的な部分をどれだけ出せるのかなというのは課せられているなと思います」と身を引き締めた。

西野は「この4人で収録するのは少し慣れたんですけど、1人でロケに行くことがめちゃくちゃ不安で、沈黙とか気まずい感じになっちゃうかもしれないんですけど、そういうときにどういう対処をして乗り越えればいいんだろうとか、そういうときはこういう話し方をすればいいんだなというのを学びながら実践していけたらいいのかなという感じですが、とりあえず不安はいっぱいあります」と語り、滝沢は「この番組に出たいって人が山のように現れてほしいです。“この番組本当に楽しい”って思ってもらいたいことが絶対だから、自分が声をかけてもらうのを待つんじゃなくて、自分が声をかけるのが目標」とニッコリ。

この日の収録や囲み取材で、滝沢の独特な発言を数多く耳にした長谷川は、最後にメッセージを求められると「私は滝沢カレンを超えたい!この破壊力と面白さは超えたいなって思いました(笑)」と笑顔で語った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 西野七瀬「不安はいっぱい」 田中みな実らが見守る
今読んだ記事

西野七瀬「不安はいっぱい」 田中みな実らが見守る

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事