2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表<受賞語一覧>

0
0
今年流行した新語・流行語を決める「2018ユーキャン新語・流行語大賞」(『現代用語の基礎知識』選)が3日、都内で発表された。
2018年新語・流行語大賞受賞者&選考委員会(C)モデルプレス
2018年新語・流行語大賞受賞者&選考委員会(C)モデルプレス

目次

  1. 2018年新語・流行語大賞は「そだねー」
  2. 「2018ユーキャン新語・流行語大賞」トップテン
  3. 「新語・流行語大賞」

2018年新語・流行語大賞は「そだねー」

本橋麻里(C)モデルプレス
本橋麻里(C)モデルプレス
今年の年間大賞は平昌冬季オリンピックで銅メダルを獲得したカーリング女子日本代表・ロコ・ソラーレ(LS北見)が試合中の会話で使っていた「そだねー」に決定。ロコ・ソラーレの代表理事である本橋麻里選手が受賞者として登壇した。

本橋麻里(C)モデルプレス
本橋麻里(C)モデルプレス
試合中に軽食をとる「もぐもぐタイム」も30語の内にノミネートされていた。

「おっさんずラブ」貴島彩理プロデューサー(C)モデルプレス
「おっさんずラブ」貴島彩理プロデューサー(C)モデルプレス
このほかトップテンには、サラリーマン同士の恋愛を描き大反響を得たドラマ「おっさんずラブ」、サッカー・ワールドカップ・ロシア大会でゴールを決めた大迫勇也選手を称えるセリフから波及した「(大迫)半端ないって」、NHK番組「チコちゃんに叱られる」より「ボーっと生きてんじゃねーよ!」、ほか「eスポーツ」「ご飯論法」「災害級の暑さ」「スーパーボランティア」「奈良判定」「#MeToo」が決定。

表彰式には「eスポーツ」で受賞した一般社団法人日本eスポーツ連合会長・岡村秀樹氏、第18回アジア競技大会デモンストレーション競技eスポーツ日本代表金メダリスト相原翼氏、「おっさんずラブ」で受賞したテレビ朝日「おっさんずラブ」チームより貴島彩理プロデューサー、「ご飯論法」で受賞した上西充子氏(法政大学キャリアデザイン学部教授)と紙屋高雪氏(ブロガー・マンガ評論家/紙屋研究所所長)、「災害級の暑さ」で受賞した榊原茂記氏(気象庁総務部総務課広報室長)、「ボーっと生きてんじゃねーよ!」で受賞したチコちゃんが出席した。

チコちゃん(C)モデルプレス
チコちゃん(C)モデルプレス
「(大迫)半端ないって」と「スーパーボランティア」は受賞者が辞退、「奈良判定」は受賞者なし、「#MeToo」は「私も#MeTooと声を上げた全ての人」が受賞となった。

2018新語・流行語大賞のほかの記事を見る


「2018ユーキャン新語・流行語大賞」トップテン

※五十音順
<トップテン>
・eスポーツ
・(大迫)半端ないって
・おっさんずラブ
・ご飯論法
・災害級の暑さ
・スーパーボランティア
・そだねー
・奈良判定
・ボーっと生きてんじゃねーよ!
・#MeToo

「新語・流行語大賞」

2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表 (C)モデルプレス
2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表 (C)モデルプレス
「新語・流行語大賞」は、今年1年の間に発生した多種多様な「ことば」の中から、軽妙に世相を衝いた表現とニュアンスをもって、広く大衆の目・口・耳をにぎわせた新語・流行語を選ぶとともに、その「ことば」に深くかかわった人物・団体を毎年顕彰するもの。

2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表 (C)モデルプレス
2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表 (C)モデルプレス
1984年に創始され、毎年12月初めに発表。『現代用語の基礎知識』収録の用語をベースに、自由国民社および大賞事務局がノミネート語を選出。選考委員会によってトップテン、年間大賞語が選ばれる。選考委員会は、姜尚中(東京大学名誉教授)、金田一秀穂(杏林大学教授)、辛酸なめ子(漫画家・コラムニスト)、俵万智(歌人)、室井滋(女優・エッセイスト)、やくみつる(漫画家)、清水均(『現代用語の基礎知識』編集部長)で構成される。(modelpress編集部)

2017年の新語・流行語大賞を振り返る



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!
モデルプレス - 2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表<受賞語一覧>
今読んだ記事

2018年新語・流行語大賞決定 トップテンを発表<受賞語一覧>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事