King & Princeの本音「周りの重圧に耐えられるか…」「アイドルに向いてない」平野紫耀が「死ぬなよ」と言い続ける理由とは

King & Princeが出演するフジテレビ系ドキュメンタリー番組『RIDE ON TIME(ライドオンタイム)』(毎週金曜25時25分~25時55分/初回は25時35分~26時05分)が10月5日よりスタートする。
King & Prince(C)フジテレビ
King & Prince(C)フジテレビ
同番組はエンターテインメントのバックステージを描く新しいドキュメンタリー番組。一つのテーマに長期密着取材し、4週にわたって放送し、テーマを深く掘り下げていく。

10月は「King & Prince~衝撃のデビュー発表から8か月~」を放送。第1回となる10月5日の放送は「知られざる想い」と題し、King & Prince平野紫耀永瀬廉高橋海人(※「高」は正式には「はしごだか」)、岸優太神宮寺勇太岩橋玄樹)の1月のデビュー発表から8カ月にわたり密着した映像をお届け。19歳から23歳の6人が、アイドルとしてデビューした責任感と若者ならではの迷いの挾間で揺れる心境を、長期にわたり密着した映像から紡ぎ出す。

King & Princeの本音とは?

華々しいデビューの陰で、高橋は「自分に自信がない人なんで…ずっと考えてたら自然と涙が出てくるんですよ。周りの重圧に耐えられるかが不安で」と、心境を告白。また、平野は「俺、全然王道じゃないし、どうしよう」「本当に俺、アイドルに向いてないんですよ…歌ったり踊ったりするのは楽しくて好きですけど、やっぱりアイドルってそれだけじゃダメじゃないですか」と、長期密着しているからこそ見せる素顔にドキッとする。

続いて、“この仕事に就いてなかったら何になりたかったのか?”という問いかけに対して平野は、なりたかった職業をあげつつも、でも今なぜアイドルであるかについて語り始める。さらには、コンサートの最後にファンに向けて“死ぬなよ”と言い続けている理由について内に秘めていた思いを明かす。

続く第2回「苦い記憶」(10月12日放送)では、岸、永瀬、神宮寺の撮影現場に密着した映像や、大の野球好きな岩橋の投球シーンを披露する。

風間俊介がナレーション

風間俊介(C)フジテレビ
風間俊介(C)フジテレビ
さらに、同番組のナレーションを風間俊介が務める。俳優としての評価の高さは言うまでもなく、最近では情報番組のパーソナリティーやバラエティー番組など、活躍の場を大きく広げる風間が、ナレーターとしての資質も同番組で発揮する。

山下達郎(C)フジテレビ
山下達郎(C)フジテレビ
同番組のテーマ曲は、番組タイトルにもなっている山下達郎の「RIDE ON TIME」。1980年のリリース以来、時代を超えて愛される永遠の名曲だが、この度、山下が同番組に提供するために新たにボーカルパートのレコーディングを行い、「RIDE ON TIME(2018 NEW VOCAL VERSION)」が完成した。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - King & Princeの本音「周りの重圧に耐えられるか…」「アイドルに向いてない」平野紫耀が「死ぬなよ」と言い続ける理由とは
今読んだ記事

King & Princeの本音「周りの重圧に耐えられるか…」「アイドル…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事