綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」最終回視聴率を発表 自己最高で有終の美

女優の綾瀬はるかが主演を務めるTBS系火曜ドラマ『義母と娘のブルース』(毎週火曜よる10時~)の最終話が18日に放送され、19日、平均視聴率が発表された。
綾瀬はるか (C)モデルプレス
綾瀬はるか (C)モデルプレス
最終回の平均視聴率は、19.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第1話11.5%と好調なスタートを切り、第2話は11.3%、第3話は12.4%、第4話は12.2%、第5話は13.1%、第6話は13.9%、第7話は15.1%、第8話は15.5%、第9話は17.3%と右肩上がりで推移していた中、今回、自己最高記録を更新し、有終の美を飾った。

ドラマ「義母と娘のブルース」

麻生祐未、竹野内豊、横溝菜帆、綾瀬はるか、佐藤健 (C)モデルプレス
麻生祐未、竹野内豊、横溝菜帆、綾瀬はるか、佐藤健 (C)モデルプレス
同作は、桜沢鈴氏による同名4コマ漫画が原作。キャリアウーマンの主人公・岩木亜希子(綾瀬はるか)が、娘を持つ男性・宮本良一(竹野内豊)からプロポーズをされ結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に奔走、家族と過ごす日々を描いた10年間のハートフルストーリー。ほか佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、麻生祐未らが出演している。

ベーカリー麦田の店主・麦田(佐藤健)からのプロポーズを亜希子(綾瀬はるか)は、亡き夫・良一(竹野内豊)のことが忘れられないという理由で断る。そんななか、良一のかつての上司・笠原(浅野和之)から勢いのある企業への引き抜き話を受けた亜希子。興味を示したが勤務地が大阪になると聞き、みゆきのことを考え断る…というストーリーが展開された。(modelpress編集部)

「義母と娘のブルース」最終回の結末は?亜希子(綾瀬はるか)、みゆき(上白石萌歌)を育てた理由告白で「号泣」の声殺到



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」最終回視聴率を発表 自己最高で有終の美
今読んだ記事

綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」最終回視聴率を発表 自…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事