栗山千明、“0.2秒”で嘘を見破る女刑事に<サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻>

女優の栗山千明が、10月6日スタートのBSテレ東の土曜ドラマ9『サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻』で主演を務めることがわかった。
栗山千明(提供写真)
栗山千明(提供写真)
原作は、2010年に『このミステリーがすごい!大賞』の優秀賞を受賞し、作家デビューを飾った新鋭ミステリー作家・佐藤青南の同名小説「行動心理捜査官・楯岡絵麻」シリーズ(宝島社)の『サイレント・ヴォイス』。映像化は今回が初めてとなる。

栗山が演じるのは、人が嘘をつく瞬間に0.2秒間だけ現れる、その人固有の“マイクロジェスチャー”を読み取り「被疑者の嘘を見破る」女性刑事・楯岡絵麻。彼女の前では嘘は通じない。彼女に狙われたら最後、事件の被疑者は100%自供に追い込まれる。取調室という密室を舞台に、被疑者の習慣や仕草、行動パターンから“嘘”を見破る行動心理捜査官・楯岡絵麻が鮮やかに事件を解決する“超・心理サスペンス”となっている。(modelpress編集部)

栗山千明 コメント

― 嘘を見破る女性刑事役でのご出演ですが、主演のお話をお聞きになった時のお気持ちは。

絵麻のような役をいただけたことに意外でした。私自身はとても信じやすい人間なので。

― 台本を読んだ感想を教えてください。

もともと心理学に興味があったので、絵麻の行動心理学を使って犯人を追いつめていくストーリーが面白いと思いました。

― 絵麻はどのような人物だと思いますか?また、ご自身との共通点はありますか?

一見、刑事らしからぬ取り調べをする、言動が読めない不思議ちゃん。どこまでが計算なのか、どの顔が本音なのかわからない。共通点は今のところ見つかりません(笑)

― 絵麻を演じるにあたり、役作りで意識されたことや心掛けていることは?

原作のファンの方々を裏切らない作品になれば、と思っています。視聴者の皆さんが翻弄されてしまうような絵麻を演じることができればいいな、と思っています。

― 撮影するにあたって楽しみにしていることは?

「こんなニュアンスの台詞言ったことがない!!!」と感じるような今までに無い役どころなので、自分でもどうなるかわかりません。そこが緊張でもあり、楽しみです!

― ドラマの見どころ、視聴者の皆さんに楽しんでもらいたいポイントは?

絵麻の突拍子もない言動から紐解いていく姿が痛快です!私もそうでしたが、「言動からこんなことがわかってしまうのぉぉぉ~~?」と驚きの連続でした。事件ものではありますが、クスっと笑えるようなやり取りもありますので、お楽しみに!!!!

プロデューサー:森田昇氏(BSテレ東制作局)コメント

2017年10月に始まったゴールデンタイムの連続ドラマ枠は、“人情あふれるギャグ”や“命を問うシリアスストーリー”、“謎と艶っぽさの悪女もの”、そして“究極グルメドラマ”と1年間様々なジャンルの作品に挑戦してきました。そして今回取り組むのは、連続ドラマでは鉄板中の鉄板の“刑事もの”です。しかしながら、この作品はあまたある“刑事・警察もの”とは違い、刑事捜査行動に主眼を置いていません。全く刑事っぽくない女性刑事が取調室の中のみで犯人を追い詰めていく心理戦を中心とした異色の犯罪解決ストーリーです。

しかも、冒頭に登場する被疑者が犯人という倒叙形式です。これは「刑事コロンボ」や「古畑任三郎」のように犯人割れスタイルによる、登場人物同士によるヒリヒリするやり取りのサスペンスストーリーです。主人公は行動心理学という特殊な技術を使い相手の嘘を見抜き、表面からは読み取れない隠された真実を見抜いていきます。この刑事に一度狙われたら、誰もが丸裸にされどんな犯罪者も100%自供に追い込まれるという恐ろしい女なのです。

主演は栗山千明さん。シリアスからコメディーまでその美貌と芝居で見せきってしまう女優さんです。あの美しい目で見つめられると全てを見抜かれてしまったようにドキドキします。

取調室という密室での1対1のガチンコ勝負、隠しても隠しても見抜かれてしまう刑事と被疑者の心理戦を通し、謎が謎を呼ぶサスペンス・エンターテインメントです。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 栗山千明、“0.2秒”で嘘を見破る女刑事に<サイレント・ヴォイス 行動心理捜査官・楯岡絵麻>
今読んだ記事

栗山千明、“0.2秒”で嘘を見破る女刑事に<サイレント・ヴォイス…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事