山崎賢人主演「グッド・ドクター」2週連続拡大放送 フジテレビ34年の歴史で初

俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が主演を務めるフジテレビ系ドラマ『グッド・ドクター』(毎週木曜よる10時~)では、9月6日、13日の放送で15分拡大することが決定した。
山崎賢人主演「グッド・ドクター」2週連続拡大放送決定(C)フジテレビ
山崎賢人主演「グッド・ドクター」2週連続拡大放送決定(C)フジテレビ
同作は、小児外科医の世界を舞台にしたメディカル・ヒューマンドラマ。9月13日放送の最終話のみならず、9月8日放送の第9話から2週連続で、15分拡大で放送することが決定した。最終話へ向けて2週連続で15分拡大をおこなうのは、34年の歴史を持ち、これまで『グッド・ドクター』を含めて133作品を放送してきた木曜劇場では初めてのこととなる。

高視聴率でも話題の『グッド・ドクター』

ドラマは山崎演じる、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊(しんどう・みなと)が主人公。幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、レジデントとして小児外科の世界に飛び込むことに。周りの偏見や反発にさらされながらも、同じ小児外科の、上野樹里演じる瀬戸夏美(せと・なつみ)や藤木直人演じる高山誠司(たかやま・せいじ)らとともに、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく姿を、あふれるほど情感豊かに描いていく。

7月12日の初回は木曜劇場として『営業部長 吉良奈津子』(2016年)以来の2桁となる11.5%を獲得(視聴率はいずれも関東地区 ビデオリサーチ社調べ)し、直近の第7話では13.0%と自己最高を更新するなど、終盤へ向けて一層の盛り上がりを見せている。また、8月9日放送の第5話では総合視聴率(リアルタイム・タイムシフトのいずれかでの視聴を示す指標で2016年より導入)で20.2%を記録。総合視聴率で20%を越えるのは、フジテレビ系ドラマとしては『コード・ブルー~ドクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』以来であり、木曜劇場としては初めてとなる。

歴史ある木曜劇場で初の快挙

『グッド・ドクター』が放送されている木曜劇場は、月9と並ぶフジテレビの看板枠で、『オレゴンから愛』(84年)から放送を開始し、『アナウンサーぷっつん物語』(87年)から始まった月9よりも3年早く、現在まで続いている中では、最もフジテレビで歴史のあるドラマ枠。木曜劇場ではこれまで『愛という名のもとに』(92年)や『眠れる森』(98年)、『電車男』(05年)など数多くのヒット作を送り出してきたが、中でも『Dr.コトー診療所』シリーズや『白い巨塔』(03年~04年)、『医龍-Team Medical Dragon-』シリーズ、『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』のファーストシーズン(08年)を輩出するなど、まさに木曜劇場の歴史は医療ドラマとともにあると言っても過言ではない。

そんな木曜劇場に初出演となる山崎が初の医師役として挑んでいる『グッド・ドクター』は、木曜劇場において医療を題材にしたドラマとしては10タイトル目という節目の作品である中、名実ともに木曜劇場を代表するドラマとなった。そして今回、木曜劇場初となる2週連続15分拡が決定。小児外科廃止へ向かう東郷記念病院、そしてステージ4のガンであることが明らかになった院長の司賀明(柄本明)の容体の行方など、どのようなラストを迎えるのか注目だ。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 山崎賢人主演「グッド・ドクター」2週連続拡大放送 フジテレビ34年の歴史で初
今読んだ記事

山崎賢人主演「グッド・ドクター」2週連続拡大放送 フジテレビ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事