後藤萌咲「PRODUCE48」脱落で正直な思い 世界中からエール殺到

【後藤萌咲/モデルプレス=8月28日】AKB48グループと韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」がタッグを組んだグローバルガールズグループ誕生プロジェクト「PRODUCE48」(BS スカパー!・Mnet/毎週金曜午後11時)に出演していた後藤萌咲が、24日放送の第11話の順位発表会にて上位20位以内に残れず脱落。27日、後藤はTwitterで思いをつづった。

後藤萌咲 (C)モデルプレス
後藤萌咲 (C)モデルプレス

目次

  1. グローバルガールズグループ誕生プロジェクト「PRODUCE48」
  2. 後藤萌咲、正直な思いで「PRODUCE48」に感謝
  3. 世界中のファンからエール
  4. 後藤萌咲、豊かな表現力で注目集める

グローバルガールズグループ誕生プロジェクト「PRODUCE48」

「PRODUCE48」は“会いにいけるアイドル”をコンセプトに専用劇場で毎日ライブを行なう「AKB48」のシステムと、“国民自らがアイドルデビューメンバーを選抜する”韓国の人気オーディション番組「PRODUCE101」のシステムがコラボしたプロジェクト。

日本で活発に活動しているAKB48の人気メンバー39人を含め、歌手の夢を叶えるために所属事務所でトレーニングを受けてきた韓国の練習生をあわせた96人が最終ステージまで生き残り、12人のデビューグループの一員になれるのかを描く。

3度目となる順位発表式では、30人の練習生から10人が脱落し、20人に。後藤は惜しくも24位で脱落となった。

後藤萌咲、正直な思いで「PRODUCE48」に感謝

後藤萌咲 (C)モデルプレス
後藤萌咲 (C)モデルプレス
「実力のない私を、ここまで応援して下さって、少しでもデビューできるという夢を見させてくれて、本当にありがとうございました」と謙遜しつつも感謝をつづった後藤。

一番最初の評価課題の際、花粉症で声が出ずに最も下のクラスに振り分けられてしまうという逆境からスタートした後藤。「最初、声がでないところからスタートして…」と振り返り、その後TWICEや少女時代の楽曲をパフォーマンスしたことを回顧。

「初めて外の世界に出てみて、大好きな韓国という国で、この大きなプロジェクトに参加させて頂くことができて、本当に幸せでした。正直私の事嫌いな方、苦手な方、たくさんいらっしゃったとおもいます。それでも後藤萌咲という存在を、知っていただけたことでも大きかなと思っています」と思いをつづった。

後藤萌咲 (C)モデルプレス
後藤萌咲 (C)モデルプレス
また「暖かく出迎えてくださったスタッフの皆さん、一緒にたくさん教えてくれて戦ってきた練習生のみんな、色んなことを教えてくださった先生方、ありがとうございました」と周囲の支えにも感謝し、今後について「これからもAKB48で頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」と決意を表明。「最後に24位という順位をたくさんの投票をして頂き、ありがとうございました!」と締めくくった。

世界中のファンからエール

後藤萌咲 (C)モデルプレス
後藤萌咲 (C)モデルプレス
後藤のこのツイートには、世界中のファンから様々な言語でエールが送られている。日本のファンからは「K-POPを全然知らなかったけど、萌咲ちゃんのおかげで興味がわきました!」との声も。「本当にお疲れ様。韓国で輝く萌咲ちゃんの一面が見られて幸せでした」「頑張ってるのが誰よりも伝わってきたよ」「もっと応援していたかったのに、デビューさせて上げられなくてごめんね」「萌咲ちゃんちゃんに出会えてよかった。どこにいても応援し続けます」など、様々なエールが送られている。

後藤萌咲、豊かな表現力で注目集める

後藤は声が出なかった最初のパフォーマンスでも、他の練習生と一線を画す表現力がトレーナー陣の目に止まり、下のクラスからスタートとなったものの慣れない地でひたむきに自分らしく努力する姿で注目を集めていた。(modelpress編集部)

「PRODUCE48」これまでの反響・あらすじ



情報:BSスカパー!

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 後藤萌咲「PRODUCE48」脱落で正直な思い 世界中からエール殺到
今読んだ記事

後藤萌咲「PRODUCE48」脱落で正直な思い 世界中からエール殺到

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事