Sexy Zone「24時間テレビ」終了後に報道陣へ見せた“最後の笑顔”<舞台裏エピソード>

Sexy Zoneが26日、メインパーソナリティーを務めた日本テレビ系「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」(8月25日・26日放送)を完走。番組放送終了後、報道陣による囲み取材に応じた後、最後に再び報道陣へ挨拶にやって来てくれた5人の様子をお届け!
会場の様子/「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」 (C)モデルプレス
会場の様子/「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」 (C)モデルプレス
21時10分頃、記者室で約25分間にわたる囲み取材を行ったSexy Zone。その後、資料や栄養ドリンクが散乱する中、記事を作成していた記者たちのもとに、22時30分過ぎ、再びSexy Zoneの5人が爽やかに登場した。

中島健人松島聡佐藤勝利マリウス葉の順番で登場し、「お疲れ様でした!」と24時間以上も走り抜けたとは思えぬ輝かしい笑顔で挨拶。疲れ気味の記者たち1人ずつに目を合わせて、「本当にありがとうございました」と頭を下げながら感謝を述べた。

少し遅れて登場した菊池風磨は「お待たせしてすみません!」と言いながら、記者をぐるりと見渡して「いつもいつも本当にありがとうございます」と感謝。「あの、良い感じに(記事を)書いておいてください!」と少年のような笑顔でアピールし、笑わせる場面も。

すべてを出し尽くした様子の中島は「もう何も言うことはないです(笑)」と話しつつ、同局宣伝部から「中島さんは10月からドラマに出ます」と声がかかると「はい!10月から『ドロ刑 -警視庁捜査三課-』に出るのでよろしくお願いします!」と主演を務める新土曜ドラマをPR。最後には「おやすみなさい」と甘い表情で、その場を後にした。

中島健人主演新土曜ドラマ「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」をチェック!


本編では涙する姿も見せたSexy Zone。しかし最後には達成感と充実感にあふれた笑顔を見せてくれた。「24時間テレビ」初のメインパーソナリティー、そして平成最後のメインパーソナリティーという大役を終えたSexy Zoneの今後の活躍が、ますます楽しみだ。(本当に本当にお疲れ様でした!)

会場の様子/「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」 (C)モデルプレス
会場の様子/「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」 (C)モデルプレス

Sexy Zone「24時間テレビ」放送終了後スピーチ全文


Sexy Zone「24時間テレビ」囲み取材全文


「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」

会場の様子/「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」 (C)モデルプレス
会場の様子/「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」 (C)モデルプレス
今年のテーマは「人生を変えてくれた人」。チャリティーパーソナリティーは女優の木村佳乃、チャリティーランナーはお笑いコンビ・ANZEN漫才のみやぞん、総合司会は羽鳥慎一と水卜麻美同局アナウンサーが務めた。

「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」記事を振り返る


なお、番組終了時点で発表した募金額は、2億6787万5910円。昨年の同時点で発表した金額は1億2902万958円だったことから、約2.1倍となった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - Sexy Zone「24時間テレビ」終了後に報道陣へ見せた“最後の笑顔”<舞台裏エピソード>
今読んだ記事

Sexy Zone「24時間テレビ」終了後に報道陣へ見せた“最後の笑顔”…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事