「万引き家族」の美少年・城桧吏、地上波ドラマ初出演 山崎賢人の印象明かす<グッド・ドクター>

参照回数:124,937

【城桧吏/モデルプレス=8月2日】映画「万引き家族」(2018年6月8日公開)に出演した俳優の城桧吏が、山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)主演フジテレビ系木曜ドラマ「グッド・ドクター」(毎週木曜よる10時)の第5話に出演することが分かった。
城桧吏(C)フジテレビ
城桧吏(C)フジテレビ

映画「万引き家族」で、その名を世界に知らしめた城桧吏

城は、第71回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを獲得した「万引き家族」に、生活費を補うために万引きをする一家の長男役として出演。唯一無二のみずみずしい存在感、名優たちと渡り合う演技力、そして見る者の胸を深々と突き刺すそのまなざしが、国内外で喝采と感動の渦を巻き起こし、一躍その名を世界に知らしめた。

<プロフィール詳細>“第二の柳楽優弥”と呼ばれる城桧吏とは?


城桧吏(C)フジテレビ
城桧吏(C)フジテレビ

城桧吏、地上波ドラマ初出演

そんな中、城は地上波ドラマ初出演。「撮影に入るときは少し緊張してしまったのですが、とてもにぎやかな現場で、撮影スタッフの方が緊張をほぐそうとしてくださって、一緒に歌ってくれたりして、撮影はすごく楽しいです」と紹介した。

「グッド・ドクター」城桧吏の役どころは?

同ドラマは、山崎演じる自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年・新堂湊が、小児外科のレジデントとして、子どもたちの命のために闘い、心に寄り添い、そしてともに成長していく姿を感情豊かに描いた作品。

城が演じるのは天才ボーイソプラノ歌手・羽山響(はやま・ひびき)。難病を抱えていることが判明するものの、父親は高音の声を出せなくなる可能性がある手術は受けられないと猛反発する。

所属する7人組小学生ユニット「スタメンKiDS」で歌とダンスの経験はあるが、オペラは初めての城。撮影前にはオペラ歌手から発声、口の広げ方、姿勢、動作の指導を受け、何日も練習を重ねた上で難役に挑んだ。

初共演の山崎賢人について明かす城桧吏

城は、山崎と初共演について、「テレビで見ていて、かっこいいな、と思っていたのですが、実際にお会いすると、もっとかっこよかったです(笑)」と回顧。「湊先生はしゃべり方に特徴があるので、とても難しい役だと思うのですが、カメラが回ると、すぐに役に入って、とても自然に演じられていたので、すごいなと思いました」と振り返った。(modelpress編集部)

城桧吏コメント

― 初の地上波ドラマ出演に関して

TVドラマは初めてなので、出られることはとてもうれしいです。撮影に入るときは少し緊張してしまったのですが、とてもにぎやかな現場で、撮影スタッフの方が緊張をほぐそうとしてくださって、一緒に歌ってくれたりして、撮影はすごく楽しいです。

― 響という役に関して

響は歌が上手な役なので、とにかく歌を練習して頑張らなくちゃ、と思います。心の部分は話が進むにつれて徐々に明らかになっていくのですが、僕が1番好きなシーンが台本の最後の方にあって、そのシーンがたくさんの人にステキだな、と思ってもらえるように響をしっかり演じていきたいです。

― 初共演の山崎さんに関して

テレビで見ていて、かっこいいな、と思っていたのですが、実際にお会いすると、もっとかっこよかったです(笑)。あと、湊先生はしゃべり方に特徴があるので、とても難しい役だと思うのですが、カメラが回ると、すぐに役に入って、とても自然に演じられていたので、すごいなと思いました。

― 期待している視聴者へ向けて見どころなど、メッセージをお願いします

1話からグッとくるところがたくさんあるドラマですが、この5話もグッとくるのではないかと思います。響がどんなことを考えていて、本当はどんな人なのか、というところに注目して、ぜひたくさんの方に見てもらえたらうれしいです。

城桧吏(じょう・かいり)プロフィール

生年月日:2006年9月6日
出身地:東京都
身長:147cm
趣味:ゲーム
特技:短距離走、ダンス

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「万引き家族」の美少年・城桧吏、地上波ドラマ初出演 山崎賢人の印象明かす<グッド・ドクター>
今読んだ記事

「万引き家族」の美少年・城桧吏、地上波ドラマ初出演 山崎賢…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事