町田啓太「幸せすぎます」共演者から“かっこいい”の声に照れ<ラストチャンス 再生請負人>

参照回数:81,386

【町田啓太/モデルプレス=7月13日】俳優の町田啓太が13日、都内で行われた7月16日スタートのテレビ東京系新ドラマ『ラストチャンス 再生請負人』(毎週月曜よる10時~)記者会見に、共演者の仲村トオル、椎名桔平、和田正人、大谷亮平、勝村政信、水野美紀、長谷川京子とともに出席した。
町田啓太(C)モデルプレス
町田啓太(C)モデルプレス
作家・江上剛の同名小説が原作。主人公の銀行マン・樫村徹夫が、長年勤めた銀行の合併を機に人生を見つめ直し、飲食フランチャイズ企業のCFO(最高財務責任者)へ転身。異業界で会社債権に奮闘する姿を描く。

(左から)町田啓太、和田正人、水野美紀、椎名桔平、仲村トオル、長谷川京子、勝村政信、大谷亮平(C)モデルプレス
(左から)町田啓太、和田正人、水野美紀、椎名桔平、仲村トオル、長谷川京子、勝村政信、大谷亮平(C)モデルプレス
主演を務めるのは、テレビ東京連続ドラマ初主演となる仲村。町田も同局ドラマ初出演となり、銀行時代の樫村の部下・杉山誠三を演じる。

町田啓太、撮影を振り返る

椎名桔平、仲村トオル(C)モデルプレス
椎名桔平、仲村トオル(C)モデルプレス
撮影シーンは、仲村と勝村の共演が多かったという町田。「大先輩方のところで僕もやらせていただけて本当に嬉しかった」といい、「商談のシーンだったり、きつい空気が漂っていたシーンが多かった。僕も役柄で攻めた言葉を話していたら、勝村さんが冗談で、かなり冷たい視線をいただいたり『あとでみておけよ!』と言ってくれたりしてくれた」と振り返った。

町田啓太(C)モデルプレス
町田啓太(C)モデルプレス
また「現場だけでなく打ち上げの時でも周りを気遣ったスピーチをされていて、心の奥からきている人間力なんだと。僕もそういう先輩たちを見習っていけたらいいなと思いながら現場をやっていました」。主演の仲村がカメラセット中にも現場を離れない姿を見て「僕も見習わないと」と気を引き締めていた。

町田啓太、“かっこいい”の声に「幸せすぎ」

長谷川京子(C)モデルプレス
長谷川京子(C)モデルプレス
記者からの質問で「ドラマのキャラで一緒に働いてみたい人物は?」と聞かれると、町田は「樫村さんです。こんな後輩に向き合ってくれるのは後輩としてついていきたくなる」と語った。

町田啓太、和田正人、水野美紀、椎名桔平(C)モデルプレス
町田啓太、和田正人、水野美紀、椎名桔平(C)モデルプレス
すると樫村の夫人・明子を演じた長谷川が「私は町田さん(が演じる杉山)」と回答。理由は「2シーンくらい一緒だったんですけど、初めて会った時、かっこよくって『ひゃあ!』って言っちゃった。こんなにかっこいい人が銀行の窓口にいたら、すごくないですか?」と明かすと、町田は「幸せすぎます。恐縮です。僕も素敵すぎて全然声をかけられなかった」と照れていた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 町田啓太「幸せすぎます」共演者から“かっこいい”の声に照れ<ラストチャンス 再生請負人>
今読んだ記事

町田啓太「幸せすぎます」共演者から“かっこいい”の声に照れ<…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事