高橋ひかる、衝撃のコスプレ姿初公開 石原さとみ主演ドラマを「盛り上げて行きたい」<高嶺の花>

参照回数:299,168

【高橋ひかる/モデルプレス=6月22日】7月11日スタートの日本テレビ系新水曜ドラマ「高嶺の花」(毎週水曜よる10時~※初回10分拡大)に出演する女優の高橋ひかる( ※「高」は正式には「はしごだか」)のコスプレ姿が公開された。
高橋ひかる(C)日本テレビ
高橋ひかる(C)日本テレビ
野島伸司氏が脚本を手がける同作は、石原さとみ演じる華やかな世界に生きる主人公の名門華道家・月島ももと、峯田和伸演じる商店街の自転車店主・風間直人が偶然出会い、まさかの運命の恋に落ちていく様子を描く。

直人の自転車店「風間輪店」の店先にいつもいるのがコスプレ娘・原田秋保。高橋演じる秋保のコスプレ姿が、このたび初公開された。

高橋ひかる(C)日本テレビ
高橋ひかる(C)日本テレビ

高橋ひかるの役どころ

秋保は、直人の同級生で肉屋の店主・原田太郎(吉田ウーロン太)の娘で、直人とはご近所さん、幼い頃からのつき合いである。コミュニケーション障害の気がありコスプレに逃げ込んだ秋保を、父親や他の大人たちとは違って、直人はすんなりと受け入れ、秋保も直人のところが一番居心地がいいので店に入り浸り、ほぼ「店番」の役割を果たしている、不思議な女子高生だ。

高橋ひかる(C)日本テレビ
高橋ひかる(C)日本テレビ
高橋ひかる(C)日本テレビ
高橋ひかる(C)日本テレビ
公開されたのは、ピンクのウィッグに「うさみみ」、魔法のステッキを手にした“魔法少女”風衣装の他、ボブヘアのウィッグに眼帯をつけた“ゴスロリ”風、青いウィッグにピンクのマント、虫眼鏡を持った“美少女探偵”風衣装など。これまでの清楚なイメージと異なる特徴的なコスプレ姿の数々に、高橋は「『なんだこいつは!』と目を引くような存在感のある表現をして、作品を盛り上げて行きたいと思います!」と笑顔でコメントした。(modelpress編集部)

高橋ひかる(C)日本テレビ
高橋ひかる(C)日本テレビ

高橋ひかる コメント

初めての民放ドラマという事で、とても緊張していますが、数々の名作を生み出されている野島伸司さんが書かれる脚本で民放ドラマデビューを飾ることが出来て、とても光栄に思います。

原田秋保はコスプレを趣味としている超現代っ子で、商店街にいる人たちから「変わってるよね、原田さん家の娘さん」と言われるような変わった子です。最初、役作りでは秋保の言動のひとつひとつに込められた真意が分からず理解するのに悩みましたが、見た目とは裏腹にとても真面目で良い子な部分を持っていると感じました。(月島)ももとぷーさん(風間直人)を繋ぐ重要な存在だと思います。野島伸司さんからは「秋保はあっけらかんと思いっきり演じて欲しい」と言っていただきました。

主演の石原さとみさんは、このお仕事を始める前からファンだったので(笑)、お会いできてとても嬉しかったです!誰とも分け隔てなく接して下さる素敵な方という印象です。峯田和伸さんは、初めてお話した時から雰囲気や話し方が役柄のイメージとぴったりで「あ、ぷーさんだ」と感じました(笑)。

毎回のコスプレを含めて、「なんだこいつは!」と目を引くような存在感のある表現をして、作品を盛り上げて行きたいと思います!

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 高橋ひかる、衝撃のコスプレ姿初公開 石原さとみ主演ドラマを「盛り上げて行きたい」<高嶺の花>
今読んだ記事

高橋ひかる、衝撃のコスプレ姿初公開 石原さとみ主演ドラマを…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事