嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第9話視聴率発表

二宮和也が主演を務めるTBS系日曜劇場『ブラックペアン』(日曜よる9時~)の第9話が17日に放送され、平均視聴率が発表された。
『ブラックペアン』に出演する竹内涼真、葵わかな(C)モデルプレス
『ブラックペアン』に出演する竹内涼真、葵わかな(C)モデルプレス
第9話の平均視聴率は16.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。初回は13.7%、第2話は12.4%、第3話は12.1%、第4話は13.1%、第5話は13.4%、第6話は13.0%、第7話は13.0%、第8話は16.6%と、好調をキープしている。

二宮和也主演、日曜劇場「ブラックペアン」

内野聖陽(C)モデルプレス
内野聖陽(C)モデルプレス
原作は、「チーム・バチスタの栄光」などで知られる海堂尊氏の小説「ブラックペアン1988」。大学病院を舞台に、二宮演じる手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医・渡海征司郎が、巨大な組織に真っ向から立ち向かっていく痛快な医療エンターテインメントドラマとなっている。

東城大学医学部付属病院の研修医一年目の世良雅志役を竹内涼真、手術室看護師・花房美和役を葵わかなが演じるほか、倍賞美津子、市川猿之助、小泉孝太郎、内野聖陽らが出演する。

「ブラックペアン」第9話あらすじ

小泉孝太郎(C)モデルプレス
小泉孝太郎(C)モデルプレス
佐伯教授(内野聖陽)が倒れた。検査の結果、心臓部に疾患が見つかる。早急に対応が必要だが、この難しいオペができるのは東城大では渡海(二宮和也)しかいない。

そのころ、渡海はある患者を探して、さくら病院に乗り込んでいた。しかし目当ての患者はおらず、そのカギを握るのは佐伯のみ。渡海は佐伯を助けたあとに真の目的を達成する、と世良(竹内涼真)に宣言する。ところが、佐伯は渡海の執刀を拒み、国産の手術支援ロボット・カエサルでの手術を提案する。

しかし帝華大の西崎教授(市川猿之助)の指示で、これまで蓄積されていたカエサルのデータはすべて持ち去られており、黒崎(橋本さとし)をはじめとする東城大のスタッフたちは暗中模索の日々を送ることに…という展開だった。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第9話視聴率発表
今読んだ記事

嵐・二宮和也主演「ブラックペアン」第9話視聴率発表

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事