柏木由紀「西郷どん」で大河初出演 起用理由は?

参照回数:123,425

【西郷どん・柏木由紀/モデルプレス=6月13日】俳優の鈴木亮平が主演を務める2018年NHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(毎週日曜よる8時~)の新キャストが13日、東京・渋谷の同局で行われた会見にて発表され、AKB48NGT48柏木由紀が出演することがわかった。
柏木由紀 (C)モデルプレス
柏木由紀 (C)モデルプレス

鹿児島出身・柏木由紀、初大河「支える妻でありたい」

大河ドラマ初出演となる柏木。鹿児島出身ということで、「人生初めての大河で、とても緊張していますが、ゆかりのある鹿児島ということで大変光栄に思っています」と出演の喜びを語り笑顔いっぱい。西郷吉二郎(渡部豪太)の妻・西郷園を演じることとなるが、「後ろから支える女性だなって思うので意識しています。支える妻でありたいなと思います」と役柄への意気込みを語った。

柏木由紀 (C)モデルプレス
柏木由紀 (C)モデルプレス
柏木の起用理由について制作統括の櫻井賢氏は、「いるだけで貧しい西郷家がパッと明るくなるような、非常にほっこりとした雰囲気の方で、鹿児島の女性にぴったりだと思いました。園は吉二郎を1歩、2歩下がって支える妻なので、ほっこりした感じがいいなと。そして薩摩おごじょ(鹿児島の女性)の要素も持っているということで決めさせていただきました」と説明した。柏木の出演は8月第1週の第29回からとなる。

柏木由紀 (C)モデルプレス
柏木由紀 (C)モデルプレス
柏木のほか、坂本龍馬(小栗旬)の妻・お龍役に水川あさみ、佐賀藩士・江藤新平役に迫田孝也、薩摩藩士・中原尚雄役に田上晃吉、薩摩藩士・中岡慎太郎役に山口翔悟【初】、伊藤俊輔(博文)役に浜野謙太【初】、長州藩の藩医・大村益次郎役に林家正蔵【初】、山岡鉄舟役に藤本隆宏、松平容保役に柏原収史【初】、西郷小兵衛役に上川周作、川路利良役に泉澤祐希が決定(※【初】は大河ドラマ初出演)。会見には水川、柏木、迫田、田上と鈴木、黒木華、小栗旬が出席した。

小栗旬“坂本龍馬”姿をお披露目 妻役は水川あさみ


第57作大河ドラマ「西郷どん」

迫田孝也、水川あさみ、小栗旬、鈴木亮平、黒木華、柏木由紀、田上晃吉(C)モデルプレス
迫田孝也、水川あさみ、小栗旬、鈴木亮平、黒木華、柏木由紀、田上晃吉(C)モデルプレス
同作は、林真理子氏 の「西郷どん!」が原作。男にも女にも“日本史上最もモテた男”で、明治維新のヒーロー・西郷隆盛を描く。主人公の西郷隆盛を鈴木が演じ、脚本は連続テレビ小説「花子とアン」などを手掛けた中園ミホ氏が担当。

現在第22回まで放送済み、17日に第23回が放送される。7月より二度の島流しを経験した主人公・西郷吉之助が革命家となっていく姿を描く。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 柏木由紀「西郷どん」で大河初出演 起用理由は?
今読んだ記事

柏木由紀「西郷どん」で大河初出演 起用理由は?

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事