乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」 “おしおき”したいメンバー・着替えシーンの裏側・見どころ…<会見全文>

参照回数:102,716

【セーラームーン・乃木坂46/モデルプレス=6月8日】乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」が6月8日に東京・天王洲 銀河劇場にて開幕。7日には開幕に先駆け、公開ゲネプロが行われた。ここではゲネプロ前の会見の様子をお届けする。
山下美月(C)モデルプレス
山下美月(C)モデルプレス
2017年から始動している、武内直子氏原作の少女漫画「美少女戦士セーラームーン」25周年プロジェクトの一環である3大ステージコンテンツのうちの1つである今作。乃木坂46から選抜された10名が「Team MOON」「Team STAR」の2チームに分かれ、Wキャストでセーラー5戦士を演じる。

ゲネプロ前の会見には、「Team MOON」の山下美月伊藤理々杏高山一実能條愛未樋口日奈、「Team STAR」の井上小百合渡辺みり愛寺田蘭世梅澤美波中田花奈、タキシード仮面役(地場衛)の石井美絵子が出席。話題の2.5次元ミュージカルをはじめ様々な舞台で、映像や音楽と融合した演出手法が絶賛されている、気鋭の劇作家・演出家ウォーリー木下氏も登壇した。

ゲネプロの写真を一気に見る!


山下美月、キスシーンに熱いハグ…



乃木坂46メンバーが語る見どころをチェック

(後列左から)梅澤美波、渡辺みり愛、井上小百合、寺田蘭世、中田花奈(前列左から)能條愛未、伊藤理々杏、山下美月、高山一実、樋口日奈(C)モデルプレス<br>
(後列左から)梅澤美波、渡辺みり愛、井上小百合、寺田蘭世、中田花奈(前列左から)能條愛未、伊藤理々杏、山下美月、高山一実、樋口日奈(C)モデルプレス
【Team MOON】

能條:Team MOON、セーラージュピター・木野まこと役を演じさせていただきます能條愛未です。見どころは、アニメでの変身シーンがこのミュージカルで、どう表現されているか、というところ。是非注目してほしいです。私だったら雷なんですけど、それぞれがそれぞれのトレードマーク的なのをモチーフに、派手な変身シーンになってると思うので、そこは注目してほしいなと思います。

伊藤:Team MOON、セーラーマーキュリー・水野亜美役の伊藤理々杏です。今回見どころは、それぞれ5人の戦士の個性や、観ていてワクワクドキドキしちゃったり、ハラハラしちゃったりするようなすごく高揚感が味わえるシーン、それに感動的なシーンも沢山あります。ぜひ見ている方にジェットコースターに乗ってるような感覚で観ていただけたら嬉しいなと思います。

山下:Team MOON、セーラームーン・月野うさぎ役の山下美月です。見どころは本当全部って言いたいくらい最初から最後までずーっとキラキラしていて。愛とか夢とか友情とか…。本当沢山のことが詰まった作品になっています。特に私がみなさんに観ていただきたいなって思うのは、それぞれの5戦士の変身シーンがとても凄いことになってるのでそこを注目していただけたらって思ってます。

高山:Team MOON、セーラーマーズ・火野レイ役の高山一実です。私はセーラームーンが凄く好きで、舞台に出演させていただくにあたって、改めて向き合わさせていただいたんですけど、演技をしていくうちに月野うさぎちゃんという人物がどれだけ沢山の人に愛されているか、どれだけ凄い力を持っているかということに気づかされました。だからみなさんにはそういう所に注目して頂きたいなと思います。

樋口:Team MOON、セーラーヴィーナス・愛野美奈子役の樋口日奈です。Team MOONとTeam STARとで、本当に同じストーリーをやっているのに、全く印象が違うものが出来上がっていて、それぞれ感じることもまた違ってくるのが凄く面白いなって思うので、そこにも今回注目していただきたいです。それに同じメンバーの白石麻衣ちゃんも出演してくださってるということで、それがどういう形でみんなと一緒に舞台の上で動いているのかというのも注目していただきたいなって思います。個人的にヴィーナスがどんな状況に陥っても、1番先に声を上げて前向きに進んでいく姿がカッコいいなって思うので、そこにも是非注目して欲しいなと思います。よろしくお願いします。

白石麻衣が特別映像で出演 (C)モデルプレス
白石麻衣が特別映像で出演 (C)モデルプレス
石井:タキシード仮面・地場衛役の石井美絵子です。ダブルキャストなんですけど、さっき日奈ちゃんが言った通り、同じストーリー同じ役をみんなやっているんですけど、こんなに変わる?ってくらい本当に全く違うものになっています。もちろんダブルキャストということなので、どちらも私は凄く観ていただきたいですし、あとは本当にウォーリーさんの演出が面白い。最新の技術を使っているものと、意外とアナログで人間だから出来るよねっていうものが組み合わさって、とても面白い1つのエンターテインメントの世界を作り上げています。その世界観の中で彼女たちが汗を流しながら一生懸命、沢山声を出して頑張っている姿が重なって、本当に新しいセーラームーンの世界を2018年に見ることが出来る、凄く貴重な場だなと思っています。私は彼女たちが一生懸命頑張れる、戦える場を、私は作っていきたい、守っていきたいって凄く思っているので、彼女たちが輝きますようにどうぞ応援よろしくお願いします。

一同:かっこいー…!

伊藤理々杏、山下美月、高山一実(C)モデルプレス
伊藤理々杏、山下美月、高山一実(C)モデルプレス
【Team STAR】

梅澤:Team STAR、セーラージュピター・木野まこと役の梅澤美波です。私も凄く小さい頃からセーラームーンが大好きだったんですけど、今回、改めて作品と向き合いました。アクションは、それぞれみんな頑張ったので、アクションシーンや戦うシーンを凄く注目してほしいなって思っています。あとは、1人1人のキャラクターが誰かの為に色んなものを背負って戦っている姿が凄くカッコいいので、それぞれのキャラクター同士の関係性に注目しながら、そこを観ていただけたら嬉しいなと思います。

渡辺:Team STAR、セーラーマーキュリー・水野亜美役の渡辺みり愛です。今回の見どころはそれぞれ5人の登場シーンだと思っています。Team MOONとTeam STARでは、登場シーンにも違いがあって。キャラクターは同じなのに出てくる感じとか喋り方とか、みんな個性が出ていてやっぱり違うので、そこでどう自分の役を演じられるかが鍵かなと思っています。よろしくお願いします。

井上:Team STAR、セーラームーン・月野うさぎ役の井上小百合です。原作好きな方には原作のまんまだ!ってところとか、アニメ好きな方にはアニメのまんまだ!っていうシーンもあると思いますが、それ以上に、2次元を3次元化する上で、ただの体現じゃなくて、それ以上に色んな感情があるので、そこを是非、お客さんに体感してほしいです。あとは、個人的にうさぎちゃんの成長ぶりに期待してほしいな、と思っています。うさぎちゃんが色んな運命の人と出会って、強くなっていくっていうのが、個人的には凄く見どころだなと思っていて。メンバーに出会えたことや、ファンの人に会えたこと、このカンパニーに会えたことなど、乃木坂46である自分と物語が重なる部分があったり。リアリティあるセリフを言っている部分もあるので、そういうことも感じ取って楽しんでいただけたらいいなって思ってます。よろしくお願いします。

寺田:Team STAR、セーラーマーズ・火野レイ役の寺田蘭世です。今回の見どころは、演出のすばらしさはもちろんのことなんですけど、チーム・スターTeam STARは1ヶ月近く一緒に稽古をやらせていただきました。その中で、性格が本当に元々のキャラクターに合っているこが凄く多くて!井上さんが稽古場で凄くおふざけとかドジっ子したりとかしてて、それをマーキュリー役の渡辺みり愛がまとめたり、ヴィーナスとジュピター役の2人がそっと支えてくれたり。私がふざけてるうざぎちゃんに「もっとしっかりしなさい」と本物のうさぎちゃんとレイちゃんみたいなやりとりとすることも多くて(笑)。それはやっぱり本番にも生きると思ったので、そういう関係性も両チーム観ていただけたらなって思います。よろしくお願いしたします。

中田:Team STAR役…すみません!間違えちゃった!もう1回お願いします(照れ笑い)。Team STAR、セーラーヴィーナス・愛野美奈子役をやらせていただきます中田花奈です。今、めちゃめち最初から間違えてしまったんですけど、セーラーヴィーナスはリーダーっていう役割なんです。でも私は普段、こんな感じなので、リーダーというのはどういう役割なのかっていうのを考えて、いつもの自分と違ってしっかりしなきゃという所に挑戦したので、個人的にはそこを見て欲しいです。あと今回は乃木坂46版「美少女戦士セーラームーン」ということで…。セーラームーンさんと乃木坂がコラボするのは難しいことで1番課題ではあったのですが、そこを頑張ったので観ていただきたいなと思います。

(後列左から)梅澤美波、渡辺みり愛、井上小百合、寺田蘭世、中田花奈(前列左から)能條愛未、伊藤理々杏、山下美月、高山一実、樋口日奈(C)モデルプレス
(後列左から)梅澤美波、渡辺みり愛、井上小百合、寺田蘭世、中田花奈(前列左から)能條愛未、伊藤理々杏、山下美月、高山一実、樋口日奈(C)モデルプレス
― では演出家のウォーリー木下さんにお伺いしたいです。乃木坂とのお仕事は初めてですけど、メンバーの印象はどうでしたか?

一同:知りたーい!

ウォーリー木下:事前情報で「暗い子たちがやってくる」と聞いていたんですけど、全然そんなことはなくて、ホッとしましたね(笑)。あとは、なかなか本気出さないなってずっと思っていて。でもやっぱり最後は、凄いんですよ。今回、本当に色々と準備が大変な中で作っていて、みんなも初めての作り方に戸惑いながらやっていたんですけど、ある日突然「そうだ!この作品はこうすればいいんだ!」みたいな感じがみんなの中で出来て。その日から凄い瞬間的にめちゃくちゃ面白くなってきたんです。やっぱりその辺の頭の良さなのか勘の良さなのか、演技をやってきたノウハウなのかは分からないですけど、そういう野生の鋭さみたいなのがこの舞台に出ています。ただの漫画原作を超えた、もっと大きなミュージカルの作品になったと思います。

― 稽古で苦労した点はありましたか?

高山:やっぱ着替え…。

ウォーリー木下:着替え(笑)。着替えだね。

高山:でもそうですよね。結構最後の最後までやってたのは…

ウォーリー木下&能條:着替え(笑)

能條:早替えがね。早着替えが多い。

高山:1回ステージに立ったら、後ろに捌けてゆっくりしてる暇はない。ずっと動き回ってる感じなんです。

ウォーリー:着替えでは、プロジェクションマッピングや照明、音響、歌…とまぁ合わせるものもすごく多くて。でも多分それがパチッと合えばとても素晴らしいものになるんじゃないかなと。本当その辺は、0.1秒の世界なので、そこは頑張っていただいております。

井上:あと髪型が大変。うさぎちゃんは本当に色んなパーツが頭についてて、3トンくらいあるんじゃないかってくらい(笑)。最初にこのかつらを被った時は首が座んなかったです。ヘアメイクの方も今までのセラミュの方とはまた別の方々が携わってくださっていて、新たに色んな方が色んなことをがんばってくださって、この姿になってるので、その辺の苦労も感じ取っていただけたら。

高山一実(C)モデルプレス
高山一実(C)モデルプレス
― 高山さんどれくらいはどのくらいセーラームーンがお好きなんですか?

高山:これだけ沢山の方がいてくださってる中で言いづらいんですけど…。一時期、本当に破産するかって思うくらいセーラームーングッズを買わせていただきました。稽古場に小道具として置いてある、うさぎちゃんの変身グッズですとか、配布していただいたTシャツとか、既に持っているものがたくさんあって…(笑)。うーん。どのくらい好きかと言われると、本当にどれくらいかっていうと、これくらい好きです!ばーってくらい!(手を大きく広げて愛を表現)。ムーンスティックやロッドとか。あと私は、ずっとマーキュリー推しなのでマーキュリーの2人には、家にあるTシャツ3枚のうち、着てなかった2枚を「よかったら着てください」って渡させてもらいました。あとはまぁでもフィギュアも全部とりあえずありますし、数えきれない。(グッズは)段ボール5箱分くらいあります。

― それは乃木坂の活動費用で…?

高山:そうですね(笑)乃木坂のお給料で買いました(笑)。

― 井上さんと山下さんに質問です。「月に代わって、おしおきよ!」というセリフがあると思うんですけど、メンバーの中でお仕置きしたいメンバーは?

(一同ざわつく)

山下:隣にいる理々杏は私たちTeam MOONの中で愛され末っ子役というか、ベイビー、赤ちゃんって言われてて(笑)。なんか本当に叩きたくなるくらい可愛い。本当に可愛くて…お仕置き…本当にそれくらい可愛くて(笑)。いっつもみんなで愛でてます。。

高山:お仕置き(笑)。

山下:可愛すぎて。

伊藤:ありがとうございます(笑)

― 井上さんは?

井上:うーん…。うーん…。うーーーーーん…。難しい。でも自分に1番お仕置きしたいけど…!

高山:私、自分って言うと思た。自分です!って(笑)

井上:自分です…!(笑)

― ちなみに高山さんどなたかおられますか?

高山:うわあああ!このタイミングで来ると思わなかった!考えてなかったー。お仕置きしたい人?そうだなぁ…私は炎を使うことが出来るマーズの役なので、冬場の井上小百合ちゃんに炎を使ってお仕置きで温めてあげたいなって思います。

井上:優しい!

乃木坂46(C)武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
乃木坂46(C)武内直子・PNP/乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」製作委員会
― 今回は乃木坂版ということで、今回のここが乃木坂らしい、という所を教えて下さい。

樋口:乃木坂で活動してきて、雰囲気や絆といった部分は、5戦士につながるし重なると思います。物語中にふと目があったりするところとか、そこもぜひ見て欲しいなって思います。でもきっと観に来てくださる乃木坂のファンは初め誰が誰だか分かんないんじゃないかなと思いますね。変身しすぎてるので…。どうなんだろう。乃木坂知らない人は美絵子さんの事も乃木坂だと思うかも!

石井:ありがとうございます。ウォーリーさんが稽古初日くらいに言ってくださったんですけど、この期間中はこのカンパニー全員が乃木坂46だよって。私たち今3.5期生やってるんです。ありがとうございます。

― 2つのチームそれぞれのアピールポイントを教えて下さい。

高山:私はセーラームーン大好きって言ったんですけど、正直演技は経験が少なかったので出来なくて。そこは、1人で色んな舞台に出ている能條愛未樋口日奈ちゃんにすごく教わりました。Team MOONで2人は後輩なんですけど、まとめてくれて…。誰かが気になったことがあれば、みんなで改良する、という感じで、みんなで歩幅を揃えて頑張ろうと言うよりも、最初からスタート地点が前にある人に頑張って合わせようというイメージを持って私自身はさせていただきました。みんなが高いところを常に目指していたと思います。それが舞台の迫力に繋がっていると思います。

井上:Team MOONと比べたらどちらかというとTeam STARは冷静な人間が多くて。でも凄く団結力があると思います。おふざけするときはおふざけするし、でも真剣なシーンはシリアスに出来るし、そういう違いがはっきり生まれるチームだなと思っています。あとは楽屋でもみんな仲良しで、良いチームです。

(modelpress編集部)

ゲネプロの写真を一気に見る!


山下美月、キスシーンに熱いハグ…



キャスト

セーラームーン/月野うさぎ:山下美月井上小百合
セーラーマーキュリー/水野亜美:伊藤理々杏渡辺みり愛
セーラーマーズ/火野レイ:高山一実寺田蘭世
セーラージュピター/木野まこと:能條愛未梅澤美波
セーラーヴィーナス/愛野美奈子:樋口日奈中田花奈

公演日程

6月公演:2018年6月8日(金)~6月24日(日) 天王州 銀河劇場
9月公演:2018年9月21日(金)~9月30日(日) TBS 赤坂ACT シアター

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」 “おしおき”したいメンバー・着替えシーンの裏側・見どころ…<会見全文>
今読んだ記事

乃木坂46版ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」 “おしお…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事