「海月姫」現場に芳根京子が“手作り”差し入れ 瀬戸康史&“尼~ず”感激

参照回数:360,620

【芳根京子/モデルプレス=2月12日】女優の芳根京子が12日、主演を務めるフジテレビ系ドラマ「海月姫」(月曜よる9時~※12日は15分拡大)撮影現場に手作りのバレンタインチョコを差し入れ。共演者らはそれぞれSNSにて喜びをつづった。
芳根はTwitterにて「海月姫の現場に一足早いバレンタイン。チョコのフロランタン作りました!良い色に焼けましたー」と、大量に作られた美味しそうな焼き菓子の写真とともに報告。「皆さんニコニコ食べてくださって嬉しい!」と喜んだ。

瀬戸康史&“尼~ず”喜び

芳根京子、瀬戸康史(C)モデルプレス<br>
芳根京子、瀬戸康史(C)モデルプレス
同作で共演する俳優の瀬戸康史はこの投稿を引用し「美味しかったです!ありがとうございました!!!!!」と感謝。

松井玲奈内田理央らもそれぞれInstagramのストーリーにて、お菓子を渡す芳根の笑顔全開ショットや内田・松井・富山えり子が貰ったお菓子を手にはしゃぐ動画を公開し、喜びを表現した。また木南晴夏も「#ちょこいいだろぅ」とハッシュタグを添え、お菓子のショットを投稿。劇中の“尼~ず”さながら、現場の楽しげな様子をうかがわせた。

月9ドラマ「海月姫」

原作は、日本テレビ系でドラマ化された「東京タラレバ娘」の東村アキコ氏が描く同名作品。“オタク女子”が自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、複雑な三角関係に巻き込まれながら新しい自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”となっている。

クラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”・倉下月海役を芳根、“女装美男子”・鯉淵蔵之介役を瀬戸、“童貞エリート”・鯉淵修役を工藤阿須加が演じる。

月海役の芳根にとって初の月9主演で、瀬戸が女装姿を披露することでも話題を集めている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 「海月姫」現場に芳根京子が“手作り”差し入れ 瀬戸康史&“尼~ず”感激
今読んだ記事

「海月姫」現場に芳根京子が“手作り”差し入れ 瀬戸康史&“尼~…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事