矢沢心「精神的なダメージが大きかった」夫・魔娑斗と4年の不妊治療を回顧

参照回数:249,623

【魔娑斗・矢沢心/モデルプレス=2月12日】元格闘家の魔裟斗とタレントの矢沢心が12日、都内で著書「夫婦で歩んだ不妊治療」(日経BP社)出版記念イベントを開催。長期間に渡る不妊治療についてトークを行った。
魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
2人は20007年2月に結婚。12年6月に第1子となる長女、14年9月に次女を授かっているが、妊娠・出産までに4年間の不妊治療を経験した。

もともと生理不順であり「多嚢胞性卵巣症候群」という病気を抱えていた矢沢。「2人でも楽しい老後も過ごせたと思う」と話すも「その中で主人の遺伝子を残したいと思った。名前を途絶えさせたくない」と我が子を抱くために妊娠に向けて治療を開始した。

魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
不妊治療は「注射を打つ、病院に行く、卵がどのくらい育っているのか確認したり、時間かかる」といい、「毎月きてしまう生理にがっかりしてしまう。また一から通わないといけない。体は我慢できるんですけど、精神的なダメージが大きかった。毎回つらいんですよ、ダメージが大きい。救いの手がなかったくらいトンネルを彷徨っていた」と当時の胸中を振り返った。

2人の愛娘が誕生 現在の子育てを語る

矢沢心 (C)モデルプレス
矢沢心 (C)モデルプレス
魔娑斗 (C)モデルプレス
魔娑斗 (C)モデルプレス
様々な苦労を乗り越え、2人の愛娘が誕生した。現在は5歳と3歳で「毎日てんやわんや慌ただしくて楽しい時間を過ごしている」と矢沢。魔娑斗も「子供といる時間は本当に楽しい。いろんな大変なことあるけど、それ以上に楽しいことが多すぎて。公園に行く時間、一緒に寝る時間、旅行に行く時間とか思い出を作る時間が大変なことの100倍くらい楽しい」と目を細めた。

矢沢が不妊治療を開始した時は「妊活」という言葉もなかった時代。「不妊治療と言えば試験管ベイビーと言われていた。公表することが怖かった」が、「不妊治療が受けやすい国になって欲しい」と公表・書籍出版するに至った。

魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス

娘の将来は…?

魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
魔娑斗・矢沢心 (C)モデルプレス
囲み取材では、愛娘の将来についての質問が飛んだ。「格闘家にしたい?」と聞かれると矢沢は「絶対ないです!」と即答。魔娑斗も「僕の親もそうでしたが、子供が殴られている姿を見たくない。ましてや女の子ですし」と答えた。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 矢沢心「精神的なダメージが大きかった」夫・魔娑斗と4年の不妊治療を回顧
今読んだ記事

矢沢心「精神的なダメージが大きかった」夫・魔娑斗と4年の不妊…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事