AKB48、次期センターが岡田奈々の理由 “真面目すぎる”キャラ・ショートカットが転機に<略歴>

参照回数:595,034

【岡田奈々/モデルプレス=1月26日】AKB48が渡辺麻友卒業後初シングルとして3月14日に発売する51stシングル「タイトル未定」のセンターを務めるのが岡田奈々。ここでは岡田のプロフィールとセンターに選ばれた理由を分析する。
ソロ曲「コイントス」を歌唱する岡田奈々「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」 (C)モデルプレス
ソロ曲「コイントス」を歌唱する岡田奈々「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」 (C)モデルプレス

岡田奈々、AKB48での略歴

岡田は、1997年11月07日生まれ、20歳、神奈川県出身。愛称は“なぁちゃん”。現在はAKB48のチーム4とSTU48キャプテンを兼任している。

2012年にAKB48第14期生オーディションに合格し、デビュー。同期の小嶋真子、西野未姫とともに“三銃士”と呼ばれる期待のホープとして注目を集め、派生ユニット「てんとうむChu!」のメンバーにも選ばれる。

36th「ラブラドール・レトリバー」でシングル表題曲初選抜。2014年第6回選抜総選挙で51位に初ランクイン、チーム4副キャプテンに就任した翌年の第7回で第29位のアンダーガールズに選出される。

2016年5月に一時休養したが、第8回総選挙で第14位にランクインし初の選抜入り。壇上のスピーチで休養理由を機能性低血糖症と公表した。

2017年2月にその統率力を期待されSTU48キャプテンに就任。第9回選抜総選挙で9位とステップアップし、2年連続選抜入りを果たした。

そして2018年、1月24日に発売されたばかりの新アルバム「僕たちは、あの日の夜明けを知っている」のビジュアルでセンターに抜擢された勢いのまま、今回のタイトル曲初センターとなった。

“真面目すぎる”キャラクター

“三銃士”として注目を集めた時代から“真面目すぎる”キャラクターとして知られ、AKB48の冠番組「AKBINGO!」(日本テレビ系、毎週火曜0時59分)でも「徹底検証! 岡田奈々はどこまでマジメなのか!?」というドッキリ企画が放送されたほど。

岡田奈々「AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう!話はそれからだ~」 (C)モデルプレス
岡田奈々「AKB48 49thシングル選抜総選挙~まずは戦おう!話はそれからだ~」 (C)モデルプレス
元NMB48須藤凜々花がスピーチ中に結婚することを電撃発表したあの伝説の第9回選抜総選挙では、「自分は真面目にやっていてもいつか必ずAKB48のてっぺんをとれると思っています。真っ直ぐに頑張っている人が報われるように、グループを変えていきたいです」とスピーチで持論を展開しながら熱く決意表明。「48グループの風紀委員長を目指して、これからも全力疾走していきたいと思います!」と後輩のお手本になるようなアイドルになることを宣言した。

同じく結婚宣言について「胸が痛い」と訴えた高橋朱里のスピーチとともに岡田のスピーチは多くのファンにとって救いとなり、横山由依の後を継ぐ“次期総監督”の筆頭候補としてあげられることが多い2人の発言がファンの心に刻まれた。

そういった背景があったため、ファンにとっても王道アイドルとしてAKB48を牽引した渡辺卒業後の初シングルでの岡田のセンター抜擢は納得の人選という声が多く、「厳格から厳格へ受け継がれていくのはいいね」「なぁちゃんの努力が報われて嬉しい」と祝福されている。

センターに選ばれて戸惑う岡田奈々「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」 (C)モデルプレス
センターに選ばれて戸惑う岡田奈々「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」 (C)モデルプレス
発表された20日に開催された「AKB48グループリクエストアワー セットリストベスト100 2018」の夜公演で岡田は「自分は麻友さんきっかけでAKB48に入ろうと思って今こうしてここに立つことが出来ているので、そんな麻友さんの後のセンターをやらせて頂けるということでAKB48のために全力を尽くして頑張りたい」と強い決意を語った。

AKB48、51stシングルセンター&選抜メンバー発表 初選抜は4人


圧倒的パフォーマンス力も評価

その一方で、“三銃士”として売り出されていたデビュー当初は小嶋がセンターに立っていたため、「あの頃はなぁちゃんがシングルセンターになる日がくるとは思ってなかった」とその出世に驚く声も。

STU48 (C)モデルプレス
STU48 (C)モデルプレス
メンバーから絶大な信頼を寄せられ、キャプテンシーを発揮しているポジションは確かにグループの顔であることは間違いないが、センターとは切り離されておかれることも多かった。STU48では生え抜きのセンターを据え、岡田はキャプテンとして後輩を見守る側にまわっている。

岡田奈々 (C)モデルプレス
岡田奈々 (C)モデルプレス
しかし、そうしてメンバーをまとめる存在にまわりながらも同時にパフォーマンス力も着実に磨いてきた。AKB48グループは、13日から21日の9日間に渡り、TOKYO DOME CITY HALLにて連日イベントを行い、HKT48指原莉乃、AKB48横山由依、NGT48中井りか、そして岡田の4人がソロコンサートを開催。元々圧倒的な歌唱力を武器にパフォーマンスに定評があった岡田だが、そのポテンシャルを改めて見せつけた。

ショートカットが転機?

「第3回AKB48グループドラフト会議」でのパフォーマンス(C)モデルプレス
「第3回AKB48グループドラフト会議」でのパフォーマンス(C)モデルプレス
そういったパフォーマンス力の高さとともに、2016年4月頃にヘアスタイルをショートカットに大胆にイメージチェンジしたのも大きな転機になったのではないか。

岡田奈々 (C)モデルプレス
岡田奈々 (C)モデルプレス
岡田奈々 (C)モデルプレス
岡田奈々 (C)モデルプレス
それまではロングヘアで王道アイドル路線だったが、ショートにしたことで、クールでボーイッシュな魅力が一気に開花。元々の顔立ちの美しさが映えるスタイルで、多くのメンバーがひしめくグループの中でもパッと目を引く存在になったように思う。

「Mステ」にボーカル選抜で出演

26日放送のテレビ朝日系音楽番組「ミュージックステーション」(毎週金曜よる8時~)では、AKB48がアルバム楽曲からボーカル選抜メンバーによるパフォーマンスで「予想外のストーリー」を披露予定。

柏木由紀、白間美瑠、高柳明音、田野優花、峯岸みなみ、山本彩、横山とともに選抜として出演する岡田に注目が集まることが予想される。(modelpress編集部)

3月14日リリース AKB48 51thシングル選抜メンバー 27名

AKB48(14名)岡田奈々<センター>入山杏奈、岡部麟、小栗有以、加藤玲奈、柏木由紀、小嶋真子、倉野尾成美(初)、込山榛香、高橋朱里、馬嘉伶(初)、向井地美音、村山彩希(初)、横山由依
SKE48(3名) 小畑優奈、須田亜香里、松井珠理奈
NMB48(3名) 太田夢莉(初)、白間美瑠、山本彩
HKT48(4名) 指原莉乃、田中美久、松岡はな、宮脇咲良
NGT48(2名) 荻野由佳、中井りか
STU48(1名) 瀧野由美子



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48、次期センターが岡田奈々の理由 “真面目すぎる”キャラ・ショートカットが転機に<略歴>
今読んだ記事

AKB48、次期センターが岡田奈々の理由 “真面目すぎる”キャラ・…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事