女子役・志尊淳に「完全に負けた」の声 小芝風花とキスシーンも…攻めた初回に反響<女子的生活>

俳優・志尊淳が主演をつとめるNHKドラマ10「女子的生活」(毎週金曜日よる10時~全4回、総合テレビ)の初回が5日、放送された。視聴者から多くの反響が寄せられている。<※以下ネタバレあり>

ドラマ10「女子的生活」

坂木司氏の痛快ガールズストーリー「女子的生活」をドラマ化する今作。志尊は、“かわいい女子的な生活”に憧れ、田舎から都会に出てきたヒロイン・みきを演じている。

ファッション通販会社に働くOLのみきは、トランスジェンダーで、性別は男性なのだが、見た目はスラリとした美人。しかし、男に興味がなく、好きになるのは女性という“複雑”な役どころだ。

志尊淳のトランスジェンダー役に絶賛の声

志尊淳(C)NHK
志尊淳(C)NHK
普段の志尊淳 (C)モデルプレス
普段の志尊淳 (C)モデルプレス
冒頭はみきが起きて出勤するまでを、彼女が会社のアカウントで更新するSNS「女子的生活」とともに描写。

キラキラのネイルがほどこされた指、シリアルの朝食、美脚を惜しげもなく披露したミニスカファッションと、これでもかと女子力が溢れた生活を送っている。

普段はイケメンキャラクターを演じることも多い今をときめく若手イケメン俳優の志尊が、その甘いルックスを活かして完全に女子になりきった姿に視聴者からは反響が殺到。「みきちゃん可愛すぎて女子をやめたくなった」「完全に負けた」「なんて生足がきれいなんだ」「志尊君仕草が本当に女子ですごい」「女子よりも女子」と熱演に絶賛の声が寄せられた。

志尊は、トランスジェンダー指導の西原さつきさんの下、徹底した役作りを実行。放送開始前には「外見の面では表情の作り方、所作、歩き方、体型の維持、肌のケアも入念に行い、女性として生きるということに徹しました。男性として無自覚に生きてきたこれまでの自分にとっては想像以上に困難な作業でした」とコメントで役作りを明かしていた。

志尊淳の役作りについて


小芝風花とキスも<※ネタバレあり>

小芝風花、志尊淳(C)NHK
小芝風花、志尊淳(C)NHK
また、劇中で「女の子になって女の子とカップルになりたいの。つまり心はレズビアン、でも体は男」と自身のセクシャリティーを説明していたみき。同級生だった後藤(町田啓太)と開いた合コンで、出会ったゆい(小芝風花)を気に入り、2人で抜け出した後にホテルで一夜を過ごす。

酔ってゆいとお互いの体を触り合ったりキスをしたりする色っぽいシーンもあり、これに「絡みがエロい」「なんて美しいんだ…」といった声も。

また、トランスジェンダーを真正面から描いた内容に「想像以上に衝撃的だった」「攻めたドラマ」「これをNHKで流すことに意味があるな」と評価する人が多かった。(modelpress編集部)

情報:NHK


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 女子役・志尊淳に「完全に負けた」の声 小芝風花とキスシーンも…攻めた初回に反響<女子的生活>
今読んだ記事

女子役・志尊淳に「完全に負けた」の声 小芝風花とキスシーンも…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事