家入レオ、可愛すぎる幼少期の写真公開 溢れる思いにファン感動「涙出ました」

【家入レオ/モデルプレス=12月14日】12月13日に23歳の誕生日を迎えた歌手の家入レオが、同日ブログにて幼少期の写真を公開し、思いを綴った。
幼少期の家入レオ/家入レオオフィシャルブログ(Ameba)より
幼少期の家入レオ/家入レオオフィシャルブログ(Ameba)より

幼少期の写真を公開

家入は、満面の笑みを浮かべながら、パフェのようなスイーツを食べる無邪気な女の子の写真を投稿。「今日で、23歳になりました。立派な大人です。そして、まだまだ立派な子供のままでもあります」と切り出し、「少しずつだけど、わたしはわたしだからって、自分を許せるようになってきた、気がします。躓いたとき、嬉しいとき、あのね、って言える場所があること、とても幸せです。いつも、ありがとう」と感謝を綴った。

誕生日迎え思い綴る

家入レオ (C)モデルプレス
家入レオ (C)モデルプレス
続けて家入は「大きな出来事たくさん、経験させて貰った。そしてね、思った、の。小さい頃から見ていたあの音楽番組に自分の名前があることが、嬉しくて。憧れていた武道館のステージに立てたことも、嬉しくて。感謝しかない。でもね、その瞬間が終わればいつもと同じ家に帰っていつもと同じように、同じベッドで眠る。やっぱり世界はそんなに簡単に変わらない、し、笑わないんだなぁって」と思いを吐露。「だけど、レオちゃんほんと変わったねって言われる。自分でもそう思う。それは大きなステージに立ったとか、大きな何かを掴めたとか、そんなことじゃないんよ、本当に。応援してくれるみんながくれる笑顔とかね、言葉がね、ただただ嬉しいの。わたしの真ん中を震わせる」と綴り、「そして、ライブ現場、取材、TV、ラジオ、関わってくれているスタッフの皆さん、本当に出会えてよかったなっていつも思う。今、近くにいる人も、近くにいてくれた人も、みんなありがとう。」と感謝した。

家入レオ (C)モデルプレス
家入レオ (C)モデルプレス
さらに「わたしの世界を変えてくれたのは、いつもそこにある日常なの。特別だけど、特別じゃない、日常」と明かし、「いっぱい、欲しくて、でも何が欲しいか分からない日々はもうおしまい。本当に大事だと思うものを、大事に育てていくんだ。わたしは信じてるから、もう願わない。みんないつもありがとう。だいすきだよ」と締めくくった。

ファンから反響「可愛すぎる」「感動しました」

ファンからは「ちっちゃい頃のレオちゃん可愛すぎる」「キュートすぎるよ~~」「超かわいい!好き!」「感動しました。涙出ました。これからもずっと大好き!」「誕生日おめでとう。胸が熱くなりました。応援してます!!」「素直でかっこいいレオちゃんが大好きです!」「いつも素敵な歌をありがとう」など、多くの反響が寄せられた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 家入レオ、可愛すぎる幼少期の写真公開 溢れる思いにファン感動「涙出ました」
今読んだ記事

家入レオ、可愛すぎる幼少期の写真公開 溢れる思いにファン感…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事