KAT-TUN亀梨和也が骨折 ドラマ撮影中に<FINAL CUT>

【亀梨和也/モデルプレス=12月3日】KAT-TUN亀梨和也が、骨折したことが分かった。主演を務めるカンテレ・フジテレビ系連続ドラマ『FINAL CUT』(2018年1月スタート/毎週火曜よる9時~)の撮影中に左手を負傷したことを3日、関西テレビが発表した。

目次

  1. 1. 左手を負傷 撮影にはすでに復帰
  2. 2. 亀梨和也、初の復讐劇
  3. 3. 関西テレビ放送コメント

左手を負傷 撮影にはすでに復帰

同局の発表によると、「12月1日(金)午前11時30分頃、東京都内の公園で、アクロバチックなシーンの撮影中、亀梨氏が左手を負傷されました。撮影を中断し、病院で受診したところ、骨折と診断されました」とのこと。

「その後、病院から『激しい動きはさけ、十分安全に配慮するように』とのアドバイスを受けて、当日午後6時の撮影から復帰し、その後も予定通り撮影を行っております」と撮影にはすでに復帰。「亀梨氏の一刻も早いご快癒を願うとともに、改めて番組制作の管理指導を徹底し、視聴者の皆様にも安心して番組を見ていただけるよう、より一層の安全対策強化を目指して、再発防止に取り組む所存です」としている。

亀梨和也、初の復讐劇

同作は、高校生の頃、ある女児殺害事件で母親を犯人扱いされ、自殺に追い込まれた過去を持つ主人公・中村慶介(なかむらけいすけ)が、それから12年の時を経て、事件の真犯人を探し出し、母を追い詰めた者たちへの復讐を果たすため動き始める…というストーリー。亀梨は今作のためにトレーニング重ね、“パルクール”(※フランス発祥のスポーツで、道具を使わずに、高低差や障害物を越えて移動していくアクロバチックな動きが特徴)に挑戦。パルクールの動きを取り入れた、しなやかな動きが見どころとなる。

ヒロインは、姉妹役で栗山千明と橋本環奈。ほかに藤木直人、水野美紀、林遣都、高木雄也(Hey! Say! JUMP)などが出演する。(modelpress編集部)

亀梨和也、アクションシーンへの本人コメント


栗山千明、亀梨和也&橋本環奈と“禁断の三角関係”に


関西テレビ放送コメント

ドラマ収録における亀梨和也氏 けがの件

このたび、幣社の連続ドラマ「FINAL CUT」(2018年1月スタート)の撮影中、主演の亀梨和也氏(ジャニーズ事務所所属)が、けがをされました。 ご本人及び関係者の皆様に深くお詫びいたします。

12月1日(金)午前11時30分頃、東京都内の公園で、アクロバチックなシーンの撮影中、亀梨氏が左手を負傷されました。撮影を中断し、病院で受診したところ、骨折と診断されました。その後、病院から「激しい動きはさけ、十分安全に配慮するように」とのアドバイスを受けて、当日午後6時の撮影から復帰し、その後も予定通り撮影を行っております。

亀梨氏ならびに関係者の皆様には、ご迷惑をおかけすることとなり、心よりお詫び申し上げます。

亀梨氏の一刻も早いご快癒を願うとともに、改めて番組制作の管理指導を徹底し、視聴者の皆様にも安心して番組を見ていただけるよう、より一層の安全対策強化を目指して、再発防止に取り組む所存です。


【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - KAT-TUN亀梨和也が骨折 ドラマ撮影中に<FINAL CUT>
今読んだ記事

KAT-TUN亀梨和也が骨折 ドラマ撮影中に<FINAL CUT>

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事