乃木坂46中元日芽香「アイドルでいられることが私は何より幸せでした」 “ひめたん”最後のライブ&握手会が終了

乃木坂46中元日芽香が10日、自身のブログを更新。最後の個別握手会とライブ出演を終えて、思いをつづった。
中元日芽香(C)モデルプレス
中元日芽香(C)モデルプレス
4日に京都パルスプラザにて行われた乃木坂46 18thシングル「逃げ水」発売記念個別握手会、8日に乃木坂46初の東京ドーム単独公演となる「真夏の全国ツアー2017 FINAL!」に参加した中元。まずは「最後の個別握手会、最後のライブ、終わりました。ありがとうございました!!」と感謝をつづった。

握手会にて「受験や転職や入院、大変な時も ひめたんに元気をもらってました!って沢山言っていただけて」とファンに声をかけてもらったことを明かし、「色んな方の人生の一部に私が刻まれているんだと思いました アイドルって凄いお仕事なんですね」とアイドルの凄さを改めて痛感。

卒業を控える中元のもとには「幸せになってね」という言葉が一番多く届いたようだが、「もちろんこれからも幸せ探しますが アイドルでいられることが私は何より幸せでしたよ」と感慨。さらに、東京ドーム公演で見ることができた一面ピンク色の絶景に「背中を押された気がします」と前向きになったことも明かし、「人に愛されて成り立つお仕事、アイドル。素敵だなと思いました」と在籍した6年間のアイドル人生に誇りを持っていた。

“ひめたん”に労い&応援メッセージ殺到

中元日芽香(C)モデルプレス
中元日芽香(C)モデルプレス
最後まで“アイドル・ひめたん”で居続ける中元に、ファンからは「ひめたんお疲れ様でした!」「素敵なドーム公演でした。本当にありがとう」「乃木坂46としてのひめたんが最後に見れてよかった!」「ひめたん6年間ありがとう。これからもずっと大好きだよ」「ひめたんがいたから乃木坂46のファンになりました。たくさんの幸せをありがとう」「ずっとずっと応援していくよ!」など労いの言葉や応援メッセージが殺到している。(modelpress編集部)

伊藤万理華・中元日芽香とメンバーの最後のシーンが胸熱 涙なしでは見られない<乃木坂46初の東京ドーム公演>



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 乃木坂46中元日芽香「アイドルでいられることが私は何より幸せでした」 “ひめたん”最後のライブ&握手会が終了
今読んだ記事

乃木坂46中元日芽香「アイドルでいられることが私は何より幸せ…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事