綾瀬はるかVS青木さやか 北斗晶からの差し入れも<奥様は、取り扱い注意>

【綾瀬はるか・青木さやか/モデルプレス=10月18日】女優の綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜よる10時~)の第3話(18日放送)にお笑いタレントの青木さやかが元プロレスラーの主婦役で登場する。
綾瀬はるか、青木さやか(C)日本テレビ
綾瀬はるか、青木さやか(C)日本テレビ
同作は、史上最高にキュートで危険なヒロインが主婦たちのピンチを救うストーリー。料理も掃除も家事一般はド下手だけど、正義感が超強く、怒らせたら超危険なセレブ専業主婦・伊佐山菜美を綾瀬、友人と共同でIT企業を経営しているセレブで、少し天然な菜美の行動も笑顔で許す優しい旦那・伊佐山勇輝を俳優の西島秀俊が演じる。ほか、菜美が人生で初めて友情を育む主婦友役を女優の広末涼子、本田翼が務める。

青木は、周囲を威圧し意に沿わない主婦をいじめているママ友のボスという役どころで、綾瀬演じるヒロイン菜美と対決することになる。

元プロレスラーというオファーに青木は、役作りのヒントを得ようと北斗晶に相談。女子プロレスでヒール(悪役)として活躍していた北斗から、貴重なアドバイスをもらったという。「見た目は綾瀬さんよりも強そうに見えると思うんですけど本当に運動神経が悪くて(笑)、体力もそんなにないので、形とか動きとか、お友達の北斗さんに教えていただいて。綾瀬さんとの対決の直前に、(レスラーがリング上でするような)首をグルリと回すパフォーマンスをやってみたんですけど…スタッフさんがみんな笑ってて、大丈夫ですかね(笑)」と語った。

北斗晶からの差し入れ

さらに北斗は役作りのアドバイスだけでなく、青木の撮影現場にお手製のお味噌汁といなり寿司の差し入れをもって、夫の佐々木健介と共に陣中見舞いに訪れ「肌寒くなってきたので、これ食べて温まってください」と、青木と綾瀬を激励。心づくしの差し入れに綾瀬も北斗夫婦に「(差し入れも、人柄も)温かいですね」と嬉しそうに感謝の言葉を返していた。(modelpress編集部)

第3話あらすじ

平穏で幸せな生活を送っていた菜美(綾瀬はるか)と勇輝(西島秀俊)。毎日帰りが遅い夫への不信感と、姑の愚痴にストレスを抱える京子(本田翼)。働きに出たいという願いを夫に相談するも反対されてしまった優里(広末涼子)。

そんなある日、菜美のある姿を目撃し彼女がただ者でないことを確信した理沙(小野ゆり子)は、幼稚園のママ友からいじめを受けていることを相談する。元女子プロレスラーのボスママ・貴子(青木さやか)に立ち向かう“強さ”を手に入れるために、ケンカの作法を教わりたいと菜美に頼み込む。

突然の相談に戸惑いつつも、貴子のやり方に反感を抱く菜美は“ケンカをしないこと”を条件に、理沙とトレーニングを開始することになった。「ストレス発散にピッタリ!」と一緒にトレーニングに参加することになった優里と京子のお陰もあって、賑やかさが増した“レッスン”で、いつしか理沙の顔にも笑顔が増えてきた。しかし、理沙が突然の事故に巻き込まれ…!?

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 綾瀬はるかVS青木さやか 北斗晶からの差し入れも<奥様は、取り扱い注意>
今読んだ記事

綾瀬はるかVS青木さやか 北斗晶からの差し入れも<奥様は、取…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事