吉岡里帆「こんなにも苦しく感じたのは初めてです」

参照回数:141,407

【吉岡里帆/モデルプレス=9月26日】26日、吉岡が自身のInstagramにて、自身がヒロインを務めたTBS系ドラマ「ごめん、愛してる」への思いを綴った。
吉岡里帆「ごめん、愛してる」から1週間以上 “今日実感が湧いてきた” (C)モデルプレス
吉岡里帆「ごめん、愛してる」から1週間以上 “今日実感が湧いてきた” (C)モデルプレス

「ごめん、愛してる」

今作は、2004年に韓国KBSテレビで制作され「冬のソナタ」(2002年)をしのぐ最高視聴率を記録、その年の韓国ドラマ界の各賞を総なめにした究極のラブストーリー。幼いころ母親に捨てられ不遇な環境で過ごしてきた長瀬智也演じる主人公・岡崎律が、吉岡演じる、愛情深い女性、“ボケチン”こと三田凜華と出会い、運命が変わっていく様を描いた。

「ごめん、愛してる」律(長瀬智也)の結末に反響 切なすぎるラストに涙が止まらない



ようやく終了を実感 思い綴る

「撮影が終わった次の日には違う役と向き合う。それがこんなにも苦しく感じたのは初めてです」と、凜華を演じ終えた感想を綴った吉岡。

「4ヶ月、この作品の事ばかり考え過ぎたせいか終わったのに終わった感じがずっとしませんでした」と語り、「今日じわじわと実感が湧いてきました」と、ようやく終了した実感が湧いてきた明かした。

最後には、「大事な事、沢山教わりました。改めてお礼を言わせて下さい。『ごめん、愛してる』を愛して下さって、ありがとうございました。本当に。ボケちんより」と、感謝を綴っている。

ファンから反響続々

吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡里帆 (C)モデルプレス
吉岡は、浜辺での撮影のオフショットや、セットに飾られた、大竹しのぶ演じた元ピアニストで律の実の母親である麗子や、坂口健太郎演じた麗子の愛息子で天才ピアニスト・サトルのレコードの写真なども投稿。

ファンからは「素敵なドラマをありがとう。お疲れ様でした」「里帆ちゃんのひとつひとつの表情や表現が胸に刺さりました」「毎週家族で観てました。終わってしまって寂しいです」「これからもいいお仕事に恵まれ輝いていて下さい」など、多くのコメントが寄せられている。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 吉岡里帆「こんなにも苦しく感じたのは初めてです」
今読んだ記事

吉岡里帆「こんなにも苦しく感じたのは初めてです」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事