NMB48渋谷凪咲、SNSでも人気の愛猫・メイの片足切断を告白

NMB48渋谷凪咲が6日、テレビ番組「トコトン掘り下げ隊!生き物にサンキュー!!」(TBS系)に出演し、SNSに頻繁に登場してファンの間でも人気の愛猫・メイの片足切断について明かした。

渋谷凪咲の“行ってらっしゃいなぎちゃん”に登場する猫

渋谷家のメイは、渋谷が毎朝SNSで更新中の“#行ってらっしゃいなぎちゃん”シリーズにも頻繁に登場。全力で愛情を注ぐ渋谷に対して噛み付く、逃げる、そっぽを向くなど“ツンツン具合”が話題を呼んでいる。

いってらっしゃいなぎちゃんとは?



これまでの投稿では至って元気なメイの姿が公開されてきたが、この日の放送では、メイが過去に“足に血が溜まって血が通わなくなる”という血栓症のために片足を切断していたことを報告。

メイは現在21歳の渋谷が9歳のころから飼っているネコ。渋谷がNMB48に加入したて(※2012年)だったある日、メイはよく転ぶようになったといい、後ろ足に異変が起きたという。病院での診断の結果は血栓症とされ、左足をやむを得ず切断。

渋谷凪咲(C)モデルプレス
渋谷凪咲(C)モデルプレス
当時東京で仕事をすることが多かったという渋谷はメイを心配し「ホテルで泣いていた」と振り返っていた。

しかし現在は片足をガーゼで固定しながら歩行も可能で、ジャンプもできるくらい元気にすごしており、渋谷のSNSでもかわいらしい姿が度々投稿されている。

ツンツンではなくツンデレだった

ツンツンがお馴染みのメイだが、放送ではメイが渋谷にしっぽの先を当てつける癖を紹介。その行為は猫にとって好意を持っているサインだったことが判明した。

そんな“ツンデレメイ”は渋谷の癒やしとしてアイドル活動を今日まで支え続けている。(modelpress編集部)



【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - NMB48渋谷凪咲、SNSでも人気の愛猫・メイの片足切断を告白
今読んだ記事

NMB48渋谷凪咲、SNSでも人気の愛猫・メイの片足切断を告白

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事