小林麻央さん四十九日 夫・市川海老蔵が報告

参照回数:690,155

【小林麻央・市川海老蔵/モデルプレス=8月10日】10日、6月22日に乳がんで亡くなったフリーアナウンサーの小林麻央さんの四十九日を迎えたことを、夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵がブログにて報告した。
小林麻央さんの四十九日を報告した市川海老蔵(C)モデルプレス
小林麻央さんの四十九日を報告した市川海老蔵(C)モデルプレス

麻央さんの四十九日を報告

海老蔵は、麻央さんの死から49日が経ち、仏教で重要な「四十九日法要」が行われる日を迎えたことを報告。なお、市川家は神道であるため、翌日の「五十日祭」を重んじるとのこと。

現在、大阪にて舞台『座頭市』に出演中の海老蔵は、「もちろん私は大阪なので、改めてになるので、麻央にはごめんね、少し遅れるけど、キチンとやります」と、改めてしっかりと法要を行うことを綴っている。

小林麻央さん 6月22日に死去

海老蔵と麻央さんは、2010年1月に婚約発表会見を行い、3月3日に婚姻届を提出。2011年7月25日に第1子である麗禾(れいか)ちゃんを、2013年3月22日に第2子である勸玄(かんげん)くんを出産した。

2016年6月9日、海老蔵が行った記者会見において、麻央さん乳がんを患っていることを公表。同年9月、医師からの「癌の陰に隠れないで」という言葉を受けブログを開設し、ステージ4であることを報告した。

家族とともに病と戦い、2017年6月20日までブログも更新していたが、22日の夜、自宅にて家族が見守る中、逝去。享年34。海老蔵は23日の緊急会見にて、最期の言葉は「愛してる」だったことなどを涙を流し伝えた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 小林麻央さん四十九日 夫・市川海老蔵が報告
今読んだ記事

小林麻央さん四十九日 夫・市川海老蔵が報告

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事