佐伯大地、矢柴俊博/日本テレビ系ドラマ「愛してたって、秘密はある。」より(画像提供:所属事務所)

「愛してたって、秘密はある。」で唯一秘密なし?“超単純”刑事役・佐伯大地に脚光 ミュージカル「刀剣乱舞」新作にも出演<プロフィール/コメント>

2017.08.06 23:30
0
0

俳優の福士蒼汰が主演を務め、女優の川口春奈がヒロインを演じる日本テレビ系ドラマ『愛してたって、秘密はある。』(毎週日曜よる10:30~)。予測の出来ないラブミステリーの同作で、“唯一秘密がない”刑事の井上大吾役を演じているのが俳優の佐伯大地だ。

「愛してたって、秘密はある。」とは

同作は、AKBグループ関連作を除くと『着信アリ』(2005年)以来、約12年ぶりにテレビドラマを手がける秋元康氏企画原案による、人を殺した、という「秘密」を抱えながら、恋人との結婚を目前に何者かに追い詰められていく“自問自答ラブミステリー”。

(左から)佐伯大地、矢柴俊博、福士蒼汰、鈴木保奈美/日本テレビ系ドラマ「愛してたって、秘密はある。」より(画像提供:所属事務所)
(左から)佐伯大地、矢柴俊博、福士蒼汰、鈴木保奈美/日本テレビ系ドラマ「愛してたって、秘密はある。」より(画像提供:所属事務所)
井上は港南警察署・刑事課の刑事。矢柴俊博演じる一ノ瀬義男刑事の部下で、体育会系で超単純。顔面偏差値は高いが、宝の持ち腐れという役どころ。

誰が犯人か分からない…と手に汗握るシリアスな展開のストーリーで、唯一の秘密がなさそうな、能天気なキャラクターで存在感を放っている。

「刀剣乱舞」でも注目<プロフィール>

佐伯大地/撮影:撫井健一(画像提供:所属事務所)
佐伯大地/撮影:撫井健一(画像提供:所属事務所)
佐伯は1990年7月19日生まれ、東京都出身。

人気ミュージカル『刀剣乱舞』にも岩融役で出演しており、2017秋の新作公演にも出演予定。映画『アヤメくんののんびり肉食日誌』(10月7日)にも鈴木仁英役として出演する。

ドラマの中で“唯一秘密がない”キャラクター?

矢柴俊博、佐伯大地/日本テレビ系ドラマ「愛してたって、秘密はある。」より(画像提供:所属事務所)
矢柴俊博、佐伯大地/日本テレビ系ドラマ「愛してたって、秘密はある。」より(画像提供:所属事務所)
モデルプレスにコメントを寄せた佐伯は、役柄の見どころについて、「今回のドラマ自体のテイストがかなりシリアスで重厚感があるので、僕の演じる井上大吾という刑事は、まっすぐなおバカなキャラクターだと思うので視聴者の方にとって少し箸休め的なシーンになればと思っています」とコメント。

回が増すにつれて一ノ瀬と井上は、福士演じる主人公・奥森黎を追及していくが、「事件の真相に迫る大事な場面ではありますが、少しクスッとしていただけたらなと尽力しております!彼自身はドラマの中である意味唯一秘密がないと思うのでそこが見どころかな?」とアピールした。

反響は実感してる?

矢柴俊博、佐伯大地(画像提供:所属事務所)
矢柴俊博、佐伯大地(画像提供:所属事務所)
実際に放送が始まり、反響は大きく実感しているといい、「ファンの方たちからは、可愛い!とかチャラいですね!!とか(笑)」。「キャラクターが面白いという感想もいただいたので、全体的にはどんどんシリアスなお話になっていくと思うのですが、僕の部分はもっと面白い!と感じていただけるようキャラクターを大事に演じていきたいですね!」と意気込み。

矢柴との掛け合いも魅力の1つだが、「刑事といえば名コンビ!僕も矢柴さんに引っ張っていただき、名コンビならぬ迷コンビ目指して演じていきます!笑」と語ってくれた。

福士蒼汰とは「美咲ナンバーワン!!」以来の共演

(左から)矢柴俊博、佐伯大地、福士蒼汰、鈴木保奈美(画像提供:所属事務所)
(左から)矢柴俊博、佐伯大地、福士蒼汰、鈴木保奈美(画像提供:所属事務所)
ドラマのSNSでは、佐伯の誕生日をキャスト陣でお祝いするなど和気あいあいとした現場の様子を伝えているが、佐伯は「とても和やかな現場ですね。監督もスタッフさんもすごく優しくてあたたかく素敵な方ばかりで、キャストの皆さんも本当に素敵な方ばかりで、これ以上ない環境でお仕事させていただいているなと思っています」とコメント。

福士蒼汰、佐伯大地(画像提供:所属事務所)
福士蒼汰、佐伯大地(画像提供:所属事務所)
福士とは同局系『美咲ナンバーワン!!』(2011年)と連続ドラマデビュー作が一緒。「今回久しぶりの共演なので、会うまでは僕のことおぼえてるかなぁ?と思っていたのですが、撮影初日に話しかけたら当時のまま変わらない雰囲気だったので、久しぶりの連ドラで緊張していたのですが、蒼汰君のおかげでかなり安心できたのが印象的です」とエピソードを披露。

矢柴俊博、佐伯大地(画像提供:所属事務所)
矢柴俊博、佐伯大地(画像提供:所属事務所)
矢柴には、「撮影開始後すぐに呑みに連れって行って頂いて、焼き鳥を食べながら芝居のアドバイスをいただきました!矢柴さんが僕の心の支えです(笑)。これからはおんぶにだっこにならないよう、井上刑事自身の存在感並びに意義を追求して行こうと思います!」と思い入れを明かしている。

視聴者にメッセージ

佐伯大地(画像提供:所属事務所)
佐伯大地(画像提供:所属事務所)
俳優として現在の夢や目標を聞いてみると、「今も昔も変わらないのは、誰もが知ってる存在になりたいということですね!たくさんの人から愛されるような人を目指してこのお仕事をやっています。職業は違いますが、僕の家族は皆そういう環境で育ったので、人に優しく、思いやりを持ってが僕のテーマです!そのためには、たくさんの経験を重ねること、そして、これからの自分の頑張り次第だと思います」と回答。具体的には「日本のしっかりとした時代劇に出演したいです!」と明かした。

最後に、視聴者に向けてメッセージ。

「最近は舞台の出演も多いのですが、これから、多方面で皆様の目に届くような俳優を目指して邁進して行きたいと思いますので何卒応援のほど宜しくお願い致します!そして、『愛してたって、秘密はある。』がたくさんの方に見ていただける作品になるよう微力ながら頑張りますので応援よろしくお願い致します!」。

先の読めないドラマの展開とともに佐伯演じる井上刑事のコミカルなシーンにも注目だ。(modelpress編集部)

(左から)矢柴俊博、佐伯大地、福士蒼汰、鈴木保奈美(画像提供:所属事務所)
佐伯大地(画像提供:所属事務所)
【Not Sponsored 記事】

この記事へのコメント(0)

  • この記事に最初のコメントをしよう!

関連記事

  1. モデルプレス
  2. モデルプレス
  3. モデルプレス
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. モデルプレス
  7. エイベックス通信放送株式会社

「ニュース」カテゴリーの最新記事

  1. モデルプレス
  2. しらべぇ
  3. しらべぇ
  4. モデルプレス
  5. モデルプレス
  6. ザテレビジョン
  7. モデルプレス
  8. ザテレビジョン