AKB48渡辺麻友、涙浮かべ「お別れするのは寂しい気持ち」

参照回数:99,584

【渡辺麻友/モデルプレス=7月1日】AKB48渡辺麻友が、主演ドラマ「サヨナラ、えなりくん」(7月2日0:40~最終回)のクランクアップを迎えた。
「サヨナラ、えなりくん」クランクアップを迎えた渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)
「サヨナラ、えなりくん」クランクアップを迎えた渡辺麻友(画像提供:テレビ朝日)
渡辺が自身の清純派アイドルのイメージと異なる恋多き女・桐山さおりを熱演した同作。撮影開始前、渡辺は「アイドル・渡辺麻友のイメージを壊したい」「自分の殻を破りたい」と意気込みを語っていたが、その言葉どおりアイドルらしからぬ振り切った演技を披露して注目を集めた。

また、人間ではない異色の役柄に挑んだえなりかずきも“地中海風”、“幼稚園児”、“ランボー”、“スティーブ・ジョブズ風”など毎回、趣向を凝らして出現して話題に。第9話ではさおり(渡辺)の恋の相手となる警察官・斉藤役としても登場していた。

渡辺麻友「私も頑張っていきます!」

渡辺麻友/「サヨナラ、えなりくん」最終話より(画像提供:テレビ朝日)
渡辺麻友/「サヨナラ、えなりくん」最終話より(画像提供:テレビ朝日)
クランクアップ当日、ロケ先で撮影を終えた渡辺は「オールアップでーす!」というスタッフの声を聞いて、感激の面持ち。監督から大きな花束を贈られ、「とても充実した時間でした!支えてくださった皆さんとお別れするのは寂しい気持ちでいっぱいですが、またお仕事をご一緒できる日まで、私も頑張っていきます!」と目にうっすら涙を浮かべながらスタッフに挨拶した。

さらに、作品を振り返って「えなりさんは、次はどんな画作りを仕掛けてくるのだろうと楽しみで、楽しみで…!毎回、予想をはるかに上回るクオリティーで、個人的には第2話の“マザコンえなりくん”がかわいくてツボでした(笑)」と告白。「この作品を通して、また一歩、成長することができたと思っています。貴重な経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです!」と万感の思いを語った。

「サヨナラ、えなりくん」最終回は?

最終回では、自分を見つめ直す旅の中で小説家の万丈寺(松尾諭)と出会い、ついに“本物の恋”とめぐり合ったことを確信したたさおり(渡辺)。謎のキャラも降臨し、予想外のラストを迎える。(modelpress編集部)

渡辺麻友コメント

中身の濃い、本当に充実した撮影期間でした。あっという間でしたが、思い返してみるとさまざまな出会いがあって、思い出は尽きません!

えなりかずきさんも池田成志さんも経験豊富な大先輩で、あらゆる場面で助けていただき、感謝してもしきれないくらいです。えなりさんは毎回違ったキャラクターで登場してきたので、今度はどんな画作りを仕掛けてくるのだろうと、楽しみで、楽しみで…! 毎回、予想をはるかに上回るクオリティーで、とても勉強になりましたし、第9話では警察官の斉藤さん役としてもお芝居をさせていただき、たくさん学ばせていただきました。“えなりくん”はどの回も傑作で強く印象に残っているのですが、個人的には…第2話の“マザコンえなりくん”が、かわいくてツボでした(笑)。あとは、“ランボーえなりくん”も最高でした!

成志さんとは2人の掛け合いのシーンがたくさんありましたが、いろいろアドバイスを下さって…成志さんがいたからこの作品ができたといっても過言ではないぐらい、助けていただきました!しかも、毎回まったく違ったアドリブを入れて来られるので、頑張ってそれに対応しようと演技することで、とても鍛えられました!

この作品を通して、自分もまた一歩、成長することができたと思っています。貴重な経験をさせていただき、感謝の気持ちでいっぱいです!

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - AKB48渡辺麻友、涙浮かべ「お別れするのは寂しい気持ち」
今読んだ記事

AKB48渡辺麻友、涙浮かべ「お別れするのは寂しい気持ち」

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事