有村藍里が“開き直った”理由 改名は妹・架純に相談せず…決意の裏に「こんな注目のされ方は望んでなかった」と人間不信になった過去

参照回数:286,316

【有村藍里/モデルプレス=6月29日】女優の有村架純の実姉で、タレント・グラビアアイドルとして活動する有村藍里(ありむらあいり)が28日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『良かれと思って!』(毎週水曜よる10時~)に出演。改名した理由や妹への思いを赤裸々に告白した。
同番組は、魔法の言葉とも言える“良かれと思って”を使い、スタジオに迎えたゲストに「愛のある提案」「愛のある指摘」「愛のある改善点」など、いろいろな人からの“愛のあるご意見”として受け入れてもらおうというおせっかいバラエティー。バカリズム、劇団ひとり、ハライチの澤部佑、メイプル超合金のカズレーザーがMCを務める。

「世間の声を伝えさせて頂きます!」と題し、一般の方に集まっていただき、ゲストの最近の芸能活動を多角的に見てもらった上で「良かれと思って言ってあげたいこと」を徹底調査し、ゲストに直接ぶつけていった。

有村架純の姉・有村藍里、修正ソフト「使ってます」発言にスタジオ騒然


有村藍里、改名した理由

有村藍里(写真提供:フジテレビ)
有村藍里(写真提供:フジテレビ)
いまや国民的女優となった有村架純の姉・藍里は、これまで出身の関西を拠点に10年近く“新井ゆうこ”の芸名で活動を続けていたが、今年3月、本名に改名し再始動。発売中の1st写真集『i』でのセクシーショットやバラエティー番組への出演で話題を呼んでいる。

有村架純の姉・有村藍里、フル裸身で決意の限界セクシー


そんな藍里には「妹が有名になったからって改名はがっついていて引く」「架純さんのイメージを崩してますよ、少しは妹さんのことを考えたらいかがですか?」など厳しい意見が寄せられたが、常にエゴサーチしているという藍里は「大体は把握してます」と冷静。

元々、架純が女優デビューする前から芸能活動をしており、「とある日に勝手に新聞に載っちゃって」と姉妹であることが明らかになったことを回顧。「自作自演じゃないよね?」とMC陣に自ら情報提供したのではないか、と追及されると「やってないです」と否定し、「それにするには特に発売情報もなく淡々と」ともし自作自演であったら何かの発売と重ねると説明した。

その後、「世間からバッシングを受けて悔しくて、どうにかしたいなって考えていた」というときに写真集のオファーを受け、発売決定を機に、大阪の事務所から独立。独立の際に母親に相談したところ「本名が好きだから本名で活動して欲しい」と言われたため改名に至ったという経緯を語った。


妹・架純への罪悪感は?

スタジオの様子(写真提供:フジテレビ)
スタジオの様子(写真提供:フジテレビ)
バカリズムから「妹さんには(改名することを)話しました?」と聞かれると「話してません」と即答。架純サイドから本名使用についてNGが出たことはないのかという質問にも「でも本名なんで!別に」と胸を張り、堂々とした言い分にMC陣も「確かに」と納得。さらに「本名とはいえ(妹に)罪悪感は?」と問われると「やっぱり妹には迷惑かけたくないって気持ちは一番だったんですけど、私はただの“有村架純の姉”なんでそれ以外に何もないですから」とひょうひょうと答え、開き直った姿勢で笑いを誘った。特にほかに武器になる特技や趣味もないといい、「それが求められてるんだったら乗っかっちゃえって」と仕事に取り組んでいるそうだ。

また、視聴者からは「AVに行かないでくださいね」という声も寄せられたが、「もしオファーが来たら?」と聞かれると「断ります。お金いらないです、それだったら去ります、この世界から」とセクシー女優転身の可能性については完全に否定していた。

「売名できる!なんて気持ちは微塵もなかった」苦悩の過去

藍里は放送前、「今の気持ち」と題してブログを更新。姉妹関係が明らかになった約2年前の心境を「人間不信に陥って、外に出るのも怖くなって、私は私のままなのに環境の全てが世間の目が変わってしまったような恐怖でした。売名できる!やったー!なんて気持ちは微塵もありませんでした」と回顧。

当時は殺到していたオファーのほとんどを断ってしまったといい、「『芸能のお仕事に携わるということは、そういうこと』わかってる。わかってるけど、こんな注目のされ方は望んでなかった。悔しい。私には覚悟が足りてなかったんだ」と痛感。


その頃に写真集のオファーを受け、「担当の方が1年半もの長い時間をかけて、いろいろなお話をしてくださり今回の発売が実現しました」とのこと。「なにもかも払拭して、覚悟を持って、怖いことなんてなにもない、全てのことに前向きに取り組みたいと思い始めてから一変した気がします」と大きく気持ちが変わり、現在は、「私を望んで頂けることをありがたく思い、スケジュールが合う限り全て受けさせて頂くことにしました」と仕事のオファーを積極的に受けていることを明かした。

現在もテレビ番組の演出や報道での取り上げ方について戸惑うこともあるが、それに対して恐怖を感じることはなくなったと言い、「今はそれも注目して頂けることの証なんだと感謝しています」ときっぱり。最後はファンへの感謝を伝え、「わたしはいまとってもしあわせです」と晴れやかな言葉でブログを結んでいる。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ、有村藍里

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 有村藍里が“開き直った”理由 改名は妹・架純に相談せず…決意の裏に「こんな注目のされ方は望んでなかった」と人間不信になった過去
今読んだ記事

有村藍里が“開き直った”理由 改名は妹・架純に相談せず…決意の…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連リンク

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事