トレエン斎藤司、小林麻央さん訃報に涙 乳がんで死去した母と重ねる

歌舞伎俳優・市川海老蔵が23日、都内で緊急会見を行い、乳がん闘病中だった妻でフリーアナウンサー・小林麻央さん(享年34)が22日夜に死去したことを報道陣の前で報告した。訃報を受け、自らも母を乳がんで亡くしたお笑いコンビ・トレンディエンジェルの“斎藤さん”こと斎藤司が、フジテレビ系の情報番組「直撃LIVE グッディ!」(毎週月~金13時45分~)に生出演し、麻央さんへの思いを語った。
斎藤司 (C)モデルプレス
斎藤司 (C)モデルプレス

「応援していて…」涙で声詰まらせる

番組では、海老蔵の会見を生中継。中継が終わり、コメントを求められた斎藤は、「僕も、子どもの時に、母親を乳がんで亡くして…」と涙ながらに語り始め、「その時(母親は)38歳だったんですけど、麻央さんが乳がんになられたっていうのを知った時に、すごいダブって…ひそかに、母の仇じゃないですけど、『麻央さん頑張ってくれ』っていう思いでひそかに応援していて」と、言葉を詰まらせながら、麻央さんを応援していたことを明かした。

「僕もめちゃくちゃ泣いた」母親とダブらせ涙

さらに「いろいろちょっとダブっちゃって…」と続け、海老蔵のブログで“人生で1番泣いた日”という言葉を見て、「僕もあの日めちゃくちゃ泣いたなってこととか、いろいろ思い出して…。愛だなって、今まで自分が軽い気持ちで言ってた言葉が、本当に、愛なんだなって、目の当たりにした感じがして、本当に凄いきますね」と語った。

小林麻央さん死去

小林麻央さん (C)モデルプレス
小林麻央さん (C)モデルプレス
夫で歌舞伎俳優の市川海老蔵が23日の会見にて、22日夜、麻央さんが亡くなったことを報告した。

市川海老蔵が会見、小林麻央さんの死去を報告



2016年6月9日、海老蔵は記者会見において麻央さんが乳がんを患っていることを公表。同年9月からは、医師の「癌の陰に隠れないで」という言葉を受けブログを開設。ステージ4であることを報告していた。

10月頃に「局所コントロール、QOL(Quality Of Life=生活の質)」のための手術を受け一度退院したが、12月に体力回復のため再び入院。2017年1月29日、退院を報告した。

当初、自宅療養をしながら夫や母、フリーアナウンサーの姉・小林麻耶の助けを借り、麗禾ちゃんと勸玄くん2人の子育てに励んでいたが、4月以降、体調不良を訴えることが続き4月22日に再び入院。退院後は在宅治療に切り替え、家族とともに病と戦っていた。(modelpress編集部)

情報:フジテレビ

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - トレエン斎藤司、小林麻央さん訃報に涙 乳がんで死去した母と重ねる
今読んだ記事

トレエン斎藤司、小林麻央さん訃報に涙 乳がんで死去した母と重…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事