トレンディエンジェル(とれんでぃえんじぇる)

画像 記事 プロフィール

トレンディエンジェルの関連リンク

トレンディエンジェルに関する画像

トレンディエンジェルに関する記事

  1. 「Z世代トレンドアワード2022」発表 年間大賞はなかやまきんに君「ヤー!パワー!」

    モデルプレス

  2. 【佐々木久美・鈴木愛理・金川紗耶…】Rayモデル的「夏の楽しみ方」

    Ray

  3. BTS・J-HOPE、トレエン斎藤司の“友情タトゥー”モノマネに「Pe pe pe~」と反応

    モデルプレス

  4. BIGBANG・G-DRAGON、トレエン斎藤司のカバー動画に反応?コメントに注目集まる

    モデルプレス

  5. トレエン斎藤司、金髪姿を披露 「似合ってる」「かっこいい」と絶賛の声

    モデルプレス

  6. トレンディエンジェル・たかし、新型コロナ感染 相方・斎藤司は陰性

    モデルプレス

  7. トレエン斎藤司「サツコレ」シークレットMCとして登場 ノリノリでモデルウォーク<札幌コレクション2021>

    モデルプレス

  8. トレエン斎藤司、ENHYPEN新曲踊る “韓国メイク”にも反響「クオリティすごい」

    モデルプレス

  9. トレエン斎藤司、金メダル噛んだ河村市長に「おじさんはダメなんですよ!」

    ジェイタメ

  10. 前田敦子、アプローチ受けた男性芸能人を告白「電話番号書いてあった」

    モデルプレス

  11. トレエン斎藤司、グリーンヘアに大胆イメチェン「普通ではない毛量での攻めた色」

    モデルプレス

  12. トレエン斎藤司、渡部建の謝罪会見に「子どものことを考えちゃう」

    モデルプレス

  13. 負傷のトレエン斎藤司、ケガの具合明かす

    モデルプレス

  14. トレエン斎藤 自身のケガの状態語る「くしゃみはちょっと恐ろしい」

    ジェイタメ

  15. トレエン斎藤司、収録で負傷 番組が謝罪・当時の状況を説明

    モデルプレス

  16. トレエン斎藤司、収録で負傷 フジテレビがコメント

    モデルプレス

  17. トレエン斎藤司、第2子誕生を報告

    モデルプレス

  18. “少女漫画フィルター”が流行中 アイドルからYouTuberまで続々2次元化

    モデルプレス

  19. 【地雷メイク】ゆきぽよ・明日花キララ・モー娘。生田衣梨奈ら劇的イメチェン 普段とのギャップが話題に

    モデルプレス

  20. トレエン斎藤「ありが頭皮」“地雷メイク”にツッコミの声「ピンの位置」「どうやってつけてるの?」

    モデルプレス

トレンディエンジェルのプロフィール

トレンディエンジェル
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビ。
コンビ2名とも若ハゲという自らの容姿を直球勝負で生かしたネタを中心に2013年オンバト+第3代チャンピオン、2014年THE MANZAI準優勝、2015年M-1グランプリ王者。ライバルは森泉。

メンバー
斎藤司(さいとう つかさ、1979年2月15日 - )ボケ担当。
愛称は「つーおじさん」「斎藤さん」。
舞台衣装はノーネクタイのスーツ姿。まれにネクタイをつける。
神奈川県横浜市出身
血液型はAB型、身長172cm。
日本大学商学部商業学科卒業後、アルバイト社員として楽天に入社。主に法人部門の営業マンとして勤務していた。勤務態度と営業成績が良かったため上司から正社員へなるよう勧めを受けるも、お笑いへの思いが強く、この勧めを断っている。楽天時代、同時期に部署こそ違うがGREEの創業者田中良和と同僚だった。
ダンス、ファッションに興味を持っている。
ジャニーズ事務所の一員になりたいがために履歴書を送ったこともあった。
尊敬する人は、嵐の二宮和也。「僕はニノをリスペクトしている。多才なその才能。俳優としての面。天才的な発想。とんでもない華。上手すぎる歌。ちょっと作ったでは済まされない曲のクオリティ。何をとってもニノは憧れなのだ」とブログで綴っている。
GACKT、河村隆一、堂本剛、hydeなどの歌唱ものまねを得意としている。
母親は高校生の時に乳癌で他界し、以後は父親の手によって育てられた。
2016年春からポメラニアン(オス。名は虎太郎)を飼い始めた。
たかし(1986年1月30日 - ) ツッコミ担当。
東京都小平市出身
本名・旧芸名、須藤 敬志(すどう たかし)。
血液型はB型、身長168cm。
ややハスキーな甲高い声が特徴的。
眼鏡をかけている。
衣装は、ワイシャツに蝶ネクタイとサスペンダーつきの半ズボン。まれにAKB48・あっとぐみのロゴ入りシャツを着る。
左利きである。
プロ野球、麻雀、メイド喫茶、アイドル好きである。
前田敦子(元AKB48]のファンである。AKB48がデビューした当時から前田目当てにAKB48劇場に通っていた。
マセキ芸能社のピン芸人・わたなべるんるんとかつて交際し、同棲していた。

芸風
漫才
主に漫才。つかみは斎藤がたかしに「お兄さん、トレンディだね」と肩を叩きながら呼びかけ、2人で「うん、トレンディエンジェル!」と合唱して互いの体を交差させながら、それぞれ片手を水平に胸の前にかざす決めポーズ。その後、たかしがネタの入り前に同い年の有名人を挙げる自己紹介、斎藤がそれに絡んだ自己紹介をする。
たかしのふりを受け、斎藤が「誰だと思ってんだオマエ、斎藤さんだぞ?」とスーツの上着の前を開く仕草をしながらセクシーボイスで自らを誇示する。
斎藤の「ペッ」は、イケメンキャラを崩して発声する。
デビュー当初は、漫才と並行して、普通のコントも行っていたが、大谷ノブ彦(ダイノジ)に「お前なんでハゲてんのに、ハゲを活かしたネタをやらないんだ」と言われ、「ハゲで笑いを取るような時代じゃないと思ってます」と答えたところ、「まずそれを処理しないと、お客さんが困惑するだろ」と助言された。そこからハゲネタをやり始めるようになった。
ネタ作りは両者でボケを出し合いながら行う。
ハゲラップ
ハゲをネタにすることが多い。ラップ形式でリズムを刻みながら、お互い髪が薄いことをネタにするハゲラッチョという持ち芸もある。このネタは『エンタの神様』で「ハゲラップ」という名称がついた。格言、明言をハゲネタにパロディ化することもある。

交友関係
アントニー(マテンロウ)やバイク川崎バイクはたかしの紹介でメイド喫茶に行ったことがある。
ウーマンラッシュアワーと仲が良く、共にNSCの説明会に訪れている。
NSCの同期にはオリエンタルラジオ、はんにゃ、フルーツポンチがいる。

プライベート
ichi Kis-My-Ft PE!(イチキスマイフット ペッ!)
Kis-My-Ft2へのリスペクトから生まれたユニット。
メンバーは、斎藤司(トレンディエンジェル)、一木陵平(ハンマミーヤ)、細野哲平(ありがとう)、しいはしジャスタウェイ(御茶ノ水男子)、ヤジマリー。(スカチャン)、きょん(ラフレクラン)、光永の7人。
「やらせてもらってるからには、中途半端なものはできない」という意気込みの元、活動している。
ウォーターメロンボーイズ
2014年9月1日の、ディズニーランドにて、総勢21人のおじさんがスイカの色合いをした服装で園内を練り歩き、お客さんを盛り上げた。

賞レース
2004年 M-1グランプリ 2回戦進出
2005年 M-1グランプリ 2回戦進出
2006年 M-1グランプリ 3回戦進出
2007年 M-1グランプリ 3回戦進出
2008年 M-1グランプリ 準決勝進出
2009年 M-1グランプリ 準々決勝進出
2011年 THE MANZAI ワイルドカード決定戦進出
2012年 THE MANZAI 決勝Bブロック3位
2013年 THE MANZAI 認定漫才師 ※ワラテンテストプレーヤー抜擢
2014年 THE MANZAI 決勝Bブロック1位・最終決戦2位
THE MANZAI 2014決勝で見せたネタは、一度も観客の前で試したことのない全くの新ネタであった。
新ネタを決勝でいきなり披露した事について、ジャングルポケット斎藤は「普通の人はそんなこと出来ない」と語っている(2014年12月18日よしログにて)
過去4回のTHE MANZAI決勝の最終決戦に上がったコンビの中で最も「芸歴」が短いコンビである。またツッコミ担当のたかし(28歳)はその中でも最年少の芸人。
トレンディエンジェルの優勝予想ランキングは33位/50組、サーキットランキング決勝進出者11位/11組。
トレンディエンジェルが勝ち上がった決勝Bブロックはサーキットランキング1位の学天即、2位の囲碁将棋、3位の馬鹿よ貴方はが集まったため「死のグループ」と呼ばれていた(なお、前年である2013年のサーキットランキング上位3組は1位のウーマンラッシュアワーがBブロック、2位の千鳥がAブロック、3位の東京ダイナマイトがCブロックと分かれていた)。
2015年 M-1グランプリ 優勝(決勝2位・敗者復活枠)※敗者復活枠からの優勝はサンドウィッチマン以来史上2回目でノーシードからの優勝は初。

受賞
2016 GQ Men of the Year

出演
テレビドラマ
ふなっしー探偵(2016年1月7日、フジテレビ) - 制服警官 役

ラジオ
トレンディエンジェルのPePePeラジオ(2016年1月 - 、文化放送) - パーソナリティ

CM
Cygames「グランブルーファンタジー」(2015年)
ユニクロ(2016年)
BOAT RACE振興会「タイナマイトボートレース」(2016年)
バイドゥ「Simeji」(2016年)

ライブ・舞台
LIVE STAND
神保町花月公演
スターの光! (2007年8月11日 - 8月17日)
難民先生! (2008年4月30日 - 5月6日)
TRNDY ANGEL WORLD TOUR "JAPeeeeeN!!"(2016年4月29日 - 8月14日)

テレビアニメ
デュエル・マスターズ VSRF(2016年10月9日、テレビ東京) - 本人役で声優として出演

書籍
日めくりカレンダー「まいにち、ハゲラッチョ! ~コンプレックスがキミの武器になる~」(2016年4月8日、ヨシモトブックス)

CD
耳で感じる斎藤さんだぞ ~女は耳で恋に落ちる~(2016年6月17日、よしもとアール・アンド・シー)

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 Text is available under GNU Free Documentation License.