向井理と斎藤工の友情 互いに仕掛けたサプライズ

【向井理・斎藤工/モデルプレス=6月7日】俳優の向井理斎藤工がW主演し、池井戸潤氏の「アキラとあきら」をドラマ化する「連続ドラマW アキラとあきら」(WOWOW プライムにて7月9日より毎週よる10時~※全9話)。このほど、約3ヶ月の撮影を終えてクランクアップを迎えた。
(左から)向井理、斎藤工(写真提供:WOWOW)
(左から)向井理、斎藤工(写真提供:WOWOW)
同作は、池井戸氏の“幻の長編”と呼ばれていた原作がオリジナル文庫として刊行されるのに合わせ、WOWOWが最速ドラマ化。大企業の御曹司として、約束された次期社長という“宿命”にあらがう階堂彬を向井、父の会社の倒産、夜逃げなど過酷な“運命”に翻弄されながらも、理想を育んだ山崎瑛を斎藤がそれぞれ演じる。

プライベートでも親交のある仲

まだ肌寒い今年の2月後半に撮影をスタートさせた同作はすでに春を越えて長期の撮影を経てクランクアップ。同年代の向井と斎藤はプライベートでも親交があり、まるで運命かのように同じ名前の役を演じている。今回で4度目の共演になるがW主演という大役で尚且つしっかりと対峙した2人芝居はこれが初となる。

撮影現場で毎日のように顔を合わせた2人だが「その距離感は作品が終わってもその前も変わらないような関係性」とお互いを尊敬し、信頼し合っている。斎藤が一足先にクランクアップを迎えた午後、先に出番を終えた向井はサプライズで登場し、斎藤を始めスタッフを労った。また、オールアップとなった最終日には斎藤もスケジュールを空けてサプライズで登場し、お返しとばかりに現場を和ませた。

特別映像が解禁に

さらに、オンエアに先駆けて放送している「連続ドラマWアキラとあきら」ミニガイド番組「キャスト編」と「ストーリー編」の映像を解禁。作品をより深く楽しむための充実した内容が詰まっている。(modelpress編集部)



向井理コメント

最初に台本を読んだ時に今まで味わったことのない躍動感のある台詞の入り方で特に後半から一気に読んで、台詞がどんどん入っていくのと同時に階堂という人間もだんだん理解していくようになりました。撮影に入ってからは撮影時間が長くなれば長くなるほど充実感が増したので、今は「撮影を終えた」という実感よりもまだ続いていくような感覚があります。

斎藤工コメント

大河ドラマではないですが、幼少期から青年期までをバトンを繋いでいくような大きなエネルギーが集まっている作品に参加したんだなと実感しました。題材からも会議室での撮影シーンは多かったと思いますが、今日は外のロケで気持ちもよくて、非常に後味の良いクランクアップになったなと思います。

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 向井理と斎藤工の友情 互いに仕掛けたサプライズ
今読んだ記事

向井理と斎藤工の友情 互いに仕掛けたサプライズ

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事