市川海老蔵、小林麻央の在宅医療の大変さ・アクシデント語る「みんな顔面蒼白な感じで…」

歌舞伎俳優の市川海老蔵が6日放送のテレビ朝日系「グッド!モーニング」(毎週月曜~金曜、あさ4時55分)にVTR出演。妻で乳がんを公表し闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央の近況や在宅医療の大変さなどを語った。
妻の近況を明かした市川海老蔵と妻・小林麻央 (C)モデルプレス
妻の近況を明かした市川海老蔵と妻・小林麻央 (C)モデルプレス

在宅医療、良い面も悪い面も

番組では、4日後に開幕が迫る自主公演舞台「ABKAI」の稽古を終えた海老蔵に、同局大下容子アナウンサーがインタビュー。

麻央が先月29日に退院し、在宅治療に切り替えたことについて、良い面も悪い面もあるのでは、と聞かれた海老蔵は、「まあ大変ですよね」と心境を吐露。良い面は「側にいるということじゃないですか?ちょっと調子がいい時はしゃべれますし。たわいもないことを話せるのは一番いい面じゃないでしょうか」というが、悪い面は「対応ができないとき。何をどうしていいか分からないとき。点滴もありますし、酸素ボンベもありますし」と、医療器具を扱わなくてはいけない在宅医療の大変さを語った。

想定を超える事態も。アクシデント明かす

在宅医療に関し、医療スタッフからレクチャーを受けているという海老蔵。しかし、想定を大きく超えた“どうなっているか分からない事態”が起きるという。自身がいないときに1度そのようなことがあったようで、「その時はみんな、顔面蒼白な感じで…」とアクシデントがあったことを明かした。

悟りの境地のような雰囲気

また、現在の麻央の状況について、「悟りの境地のような雰囲気なんですよね…」という海老蔵。「自分の状況を差し置いて、麻耶ちゃんの心配、お母さんの心配、私の心配をしたりとか…」と、自分よりも家族の心配等をしていると明かし、「普通はもし自分が病だったら、人にあたるようになりそうなものでしょ?そういうのがないので…よくわからないんですよね…悟りの雰囲気ですよね」と、妻の様子を語った。

自身の行動や心境に変化も

市川海老蔵 (C)モデルプレス
市川海老蔵 (C)モデルプレス
さらに、最近子供たちにカレーを作ったエピソードを語った海老蔵。「台所なんか立つようなタイプじゃなかったんですけど、とにかくああだこうだ言ってられないんですよね」と言い、「座ったら出てくるんだろうと生きてきましたが、家のあたふた感は半端じゃないので『お願いします』というよりもさっさと自分でやった方が早い場面の方が多くなる」「みんな大変なんで」と、日常生活の変化に伴う、自身の行動や心境の変化についても語った。

ブログの反響“ありがたい”

市川海老蔵 (C)モデルプレス
市川海老蔵 (C)モデルプレス
小林麻央 (C)モデルプレス
小林麻央 (C)モデルプレス
また、麻央と海老蔵が日々ブログで近況を報告し、多くの反響を得ていることについては、「病気はいつ何時、己や身内に訪れるかわからないので、力を貰えるというご意見がたくさんあるので、ありがたいとおもってコツコツやります」と語った。(modelpress編集部)

情報:テレビ朝日

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 市川海老蔵、小林麻央の在宅医療の大変さ・アクシデント語る「みんな顔面蒼白な感じで…」
今読んだ記事

市川海老蔵、小林麻央の在宅医療の大変さ・アクシデント語る「…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

「ニュース」カテゴリーの最新記事