道端アンジェリカ、皮膚の持病を告白 “加工なしのスッピン”公開でエール&称賛の声続々

参照回数:3,159,710

【道端アンジェリカ/モデルプレス=5月13日】モデルの道端アンジェリカが13日、自身のInstagramにて加工なしのすっぴん写真を公開。皮膚に持病があることを明かした。
SNSにて、スーパーフードを中心とした食生活や美ボディメイクのためのトレーニングに励む姿を日々発信している道端。

一部で「スーパーフードを食べてるのに肌が汚い」という心ない声を見かけたといい、「一切加工なしの洗顔もまだしてない寝起きのスッピン」を公開するとともに「実は私は昔から乾癬とゆう皮膚の病気を持っています」と公表した。

「乾癬(かんせん)」とは慢性皮膚疾患の一種。主な症状として、赤い発疹とその上に白色の鱗屑(りんせつ:皮膚上皮の角質細胞が剥がれ落ちたもの)を伴う発疹が出現する。

日々変わる症状と向き合う難しさを吐露

道端アンジェリカ(C)モデルプレス
道端アンジェリカ(C)モデルプレス
道端アンジェリカ(C)モデルプレス
道端アンジェリカ(C)モデルプレス
道端は「乾癬がひどくならないように日々気を付けていますが、ストレスなどで悪化するときもあります。。顔のピンクっぽいところは退院後動けないストレスのあまり全身に乾癬がでてしまったときの跡が残ってるものです もちろん体にも跡も残ってるし、まだちょこちょこでています。完璧に治ってはないです。テレビに出るときは隠すためにファンデーションも濃くなってしまいます」と現在の病状に言及。

その上で「なので、私の肌荒れとスーパーフードは全く関係ないですよ スーパーフードは味とか食感が好きなんです(笑)あと、中身の栄養を調べるのが好きなだけです」ときっぱりつづり、「スーパーフードを食べてるのに肌が汚いと言われちゃうとスーパーフードに申し訳ないですね」と心境を明かした。

また、「乾癬」という病について「一生治らない病気です。出ないように自分でコントロールしようと頑張っても、なかなか消えないし、突然違うとこにできていたりします。。」と変化する症状と向き合う難しさを吐露。

「肌が汚いといわれてもしょうがないんでしょうが、乾癬が悪化しないように日々人一倍努力している」と前向きに明かすとともに、「同じ皮膚の病気で悩む人たちに一緒に頑張って付き合っていこうと言いたくて」と公表を決めた思いをつづった。

ファンからエール&称賛の声

道端のこの投稿には「公表するのはすごく勇気のいることだったと思う!尊敬です」「さらけ出してくれてありがとう」という声や、「私も同じ病気だけどすごく励まされました」「アンジェちゃんと一緒に頑張ろうと思います」「人一倍努力してるって言い切れるのは本当に凄い!見習わなきゃ」など共感の声も多数寄せられている。

情報:道端アンジェリカ/所属事務所(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】
モデルプレス
モデルプレス - 道端アンジェリカ、皮膚の持病を告白 “加工なしのスッピン”公開でエール&称賛の声続々
今読んだ記事

道端アンジェリカ、皮膚の持病を告白 “加工なしのスッピン”公開…

この記事を気に入ったら
いいね!してね

関連記事

関連動画

「ニュース」カテゴリーの最新記事